1785m
2022年6月26(日)晴
【交 通】  市川6:02発→御茶ノ水(乗換)6:29着6:32発→新宿6:41着→
         新宿バスタ7:15発(バス)→河口湖駅9:00着9:40発(バス)→三つ峠登山口バス停
【Menber】 単独

【 コース 】 河口湖駅→三つ峠登山口バス停10:23→三つ峠山荘12:09(食事)→四季楽園(通過)
        三つ峠山頂12:51着→御巣鷹山14:03→木無山14:40→下山14:40→林道15:51

 三ツ峠山は山梨県都留市、西桂町、富士河口湖町の境界にある山です。
 三つ峠山は開運山(1785m)御巣鷹山(1775m)木無山(1732m)の3つの頂上の総称です。
 三つ峠山はもうだいぶん前の冬に行ったことが2回ほどあるのですがすっかり忘れています。
 今回なぜ一人で三つ峠山に行こうと思ったかというと小学5年生の女の子を案内しなければ
 ならなくなってネットで調べたらバスで行くルートがあったので行ってみることにしました。
 新宿バスタから河口湖まで高速バスで行き、河口湖から三つ峠登山口まで別のバスに乗り
 換えるルートです。以前行ったときは電車だったと思います。

10:35 バスタ新宿から河口湖駅までの予約の切符です
10:40 バスの中から富士山 雲がかかっています 青空も見えます
9:05 河口湖駅 綺麗な駅です 今はツバメが沢山いました
10:22 三つ峠登山口バス停に着いて準備して登山道へと歩きます
10:22 道標
10:23 単独の人、グループの人 それぞれ登山道へ向かっていきます
10:23 ノイバラ
10:24 沢に沿って歩きます
10:25 白い花が咲いています 
10:26 舗装道路です 緑が綺麗です
10:27 フタリシズカ 発見
10:31 登山道 歩くのが遅い私は次々に追い越されます
10:34 小さな白い花を見つけました シロカネソウでしょうか?
10:37 分岐に来ました
10:37 道標 左に行くと三つ峠・右は西川林道
10:37 三つ峠方面は車が止まっているようです
10:38 三つ峠方面には車が止まっていて小屋もあります
10:39 登山道の始まりです 
バス停から15分程ゆっくりと歩いてきました
10:39 道標
10:40 案内板
10:40 登山道
10:45 登山道 一人二人と追い越していきます 私はのんびり
11:03 登山道 山道らしい登山道になってきました
11:09 ナツトウダイ(夏燈台)トウダイグサ科の多年草 
花の時期は4〜6月なので花は終わってました
11:10 登山道 前を行く二人はバードウォッチングのようです
11:15 登山道
11:20 登山道 お一人の登山者さんのようです
11:22 道標 右へ行くと三つ峠です
11:22 トリカブトのが出てきました
11:23 白い花です ミズキの花でしょうか?
11:24 案内板
11:24 登山道
11:29 少し広い登山道に出ました
11:29 シダが出てきました 植生が変わり始めました
11:30 植生が変わってきました シダが多くなりました
11:33 小さな白い花が沢山落ちています 何の花でしょうか?
11:36 ルイヨウバタンでしょうか?
11:40 登山道
11:40 マツカゼソウかなとお0持ったのですが違うようですね
11:42 登山道
11:43 クサタチバナ(草橘)ガガイモ科の多年草 花期は6-7月
11:48 ウマノアシガタ(馬の足形)キンポウゲ科の多年草
11:51 植生が変わりコバイケイソウなどが現れました
11:56 分岐を示す道標 今は山頂を目指します
11:56 分岐 下は四季楽園方面・上は三つ峠山荘方面
11:57 三つ峠山荘を示す道標 可愛い道標ですね
11:57 登山道
12:01 登山道 
12:02 道標
12:02 案内板 
12:03 シロバナノヘビイチゴ(白花の蛇苺)バラ科
12:04 富士山 相変わらず山頂は雲の中です
12:05 囲いの中にはあやめが咲いています
12:07 小屋が見えてきました 登山者さんが二人下ってきます
12:09 三つ峠山荘に到着です ベンチでは大勢の人が食事中です
12:09 富士山 だいぶん雲が減りましたがまだまだです
12:10 展望 富士山はやっぱり雪はあった方がいいですね
時計を見ると12時を過ぎているので私もここで昼食にします。
富士山はやっぱり雪を頂いた富士山がいいですね。
今日はあまり期待もしてなかったのですがやはり山頂は雲の中でなかなか雲が取れません。
お隣には犬を連れたご夫婦がお食事中でした。
まだ開運山しか行ってないということでした。
12:34 食事も終わり山頂を目指して行くと広い所に出ました
12:35 山頂を仰ぎ見る
12:37 四季楽園
12:37 サラサドウダン(更紗灯台)ツツジ科の落葉低木
12:37 カントウマムシグサ(関東蝮草)サトイモ科
12:38 登山道 階段を下ります
12:39 ハリブキ(針蕗)ウコギ科の落葉低木 
葉がフキに似て大きく全身に針がある
12:40 道標
12:40 道標の裏の方にトイレがあります
12:40 富士見荘
12:40 ここから階段地獄が始まります 
色々な人のユーチューブを見て分かっています
12:49 階段 延々と続きます もうすぐ山頂かな?
12:51 三つ峠 登頂です
13:01 三つ峠山頂 展望は雲が厚くてありません
13:01 セルフで撮りました
12:57 御巣鷹山
富士山
子供さん連れのご家族が写真を撮っていたのでお願いして
スマホで撮っていただきました
13:02 来た階段を下ります 階段は登るのも下るのも嫌ですね
13:41 道標 御巣鷹山に向かいます
13:41 登山道
13:44 サンザシ(山査子)バラ科の落葉低木
13:46 登山道
13:49 道標
13:51 登山道 コバイケイソウが登山道わきにあります
13:52 コバイケイソウの蕾
13:52 あやめ
13:55 登山道
13:56 富士山
13:58 ウツギ
14:04 御巣鷹山 一回りしてみました
御巣鷹山の山頂は道標がどこにあるのかわかりずらいとユーチューブで皆さん探し回っていました。
そして最後にやっと見つけたのは木にぶら下がっているものでした。
色々な人のユーチューブを見て分かっていたので木にぶら下がっているのを探しました。
これでは探すのは当たり前ですよね。
14:03 御巣鷹山 山頂 1775m
14:04 蝶
14:38 ヤマツツジが綺麗でした
14:38 登山道 木無山に向かいます
14:40 木無山 1732m
14:40 周りは広い原っぱのようになっています
14:40 道標 母の白滝へ下ってみようと思います
14:40 登山道
14:46 登山道
14:50 半夏生 ここのはピンクでした どこの山に行ったか
忘れましたがピンクの半夏生を見たことがありました
14:50 道標
14:50 登山道
15:05 クサタチバナの群生 沢山のクサタチバナに
出会えてうれしいです
15:05 クサタチバナ(草橘)ガガイモ科の多年草
随分下ってきたような気がするのですが一向に滝のようなものは見ておりません。
滝はまだか、滝はまだかと言いながら下っています。
いつになったら現れるのでしょうか?。
急な下りには注意という札はあるのですが速足で下ります。
帰りのバスを河口湖から予約しているのでそれも気になります。
15:10 フタリシズカ(二人静)センリョウ科の多年草
15:10 登山道
15:16 林道に出てしまいました 滝はどこに?
15:16 道標 三つ峠登山道の道標しかありません
私はどっちへ行けばいいのでしょう 下っていきます
15:17 林道の反対側にある道標 暗くてわかりませんでした
15:51 朝降りたバス停 でもバスはありません
木無山から母の白滝へ下ろうと思って出発したのが14:40分でした。
滝はまだか滝はまだかと思いながら37分下って林道にぶつかりました。
林道の反対側に下る登山道があるのかなと思ったのですがなさそうです。
河口湖はたぶん下っていくのだろうと思って林道を下りますが車1台、人っ子一人
会いません。車が来れば聞きたいのですが来ないのでとにかく下ります。
林道に出てから41分下ってきたら朝登った道がありました。バス停もあったので
間違いない道だったのだとホッとしましたがバスはもうありません。
車が通れば止めて聞いてみようと思っていました。
バス停を過ぎて1台下ってくる車があったので手をあげて止まっていただきこの道で
良いのか聞いてみました。
「歩くと夜中になるよ。乗りますか」と言って下さったので乗せて頂く事にしました。
親切な方で河口湖の駅まで送ってくださいました。
ほんとに助かりました。山の話をしたりしてこれから登山を始めるということで
陣馬山・景信山・大菩薩など名前をあげました。
どこかでお会いできると嬉しいです。
帰ってから写真を見ると林道に下ったとき反対側に道標があったようですが暗くて
わかりませんでした。
とにかく無事河口湖まで戻ってバスも1台早いのに変更することが出来ました。
でも途中渋滞に引っ掛かり市川駅に着いたら8時過ぎでした。
バスは駄目だとわかり電車での移動を考えてみようと思います。
                    

ホームへ  ハイキングのページへ