1758m
                2007年2月4(日)快晴

【交 通】 市川7:01発→御茶ノ水乗換7:24着7:25発→立川8:01発→
                 高尾駅8:20発→大月9:01発(冨士急行河口湖行き)→河口湖9:52着
【Menber】 Miさん・Saさん・Seさん・Muさんと私の5名

【 コース 】 河口湖駅→タクシー三ツ峠入口10:25→四季楽園12:00(昼食)12:25出発→
        三ツ峠山頂12:36着12:56出発→四季楽園13:13出発→木無山13:24→鉄塔14:17→
        母の白滝14:44着15:07出発→国道15:33→タクシー→河口湖食堂15:50着→18:10発
        (冨士急行フジサン特急)→大月18:51着19:24発→立川駅→市川駅21:30頃


 三ツ峠はいつも遠くから眺め目標になる山でした。いつか機会があったら登って
 見たいと思っていました。そしてMuさんとある日三ツ峠に行こうと出かけたのですが、
 途中で丸山に変更になった山でもありました。三ツ峠に行くなら冬が良いよと言われて
 いました。そして今回冬の三ツ峠に連れて行って下さると言うので6本爪のアイゼンを
 ザックに入れ立川で合流するすることになりました。電車も空いていて座ることが
 出来ました。河口湖に着きタクシーで行ける所まで行ってもらう事にしました。


9:29 三ツ峠・車中より
御坂山地の末端にあり
開運山、御巣鷹山、木無山の
三山を称して三ツ峠山と言う。
電車の中から富士山も美しい。
9:53 河口湖駅
河口湖駅に着き
トイレを拝借
とても綺麗な
駅で建替えた
のではないかと
言うことです。
市内循環の昔
懐かしい
ボンネットバス
も見ることが
出来ましたが
とても綺麗な
バスでした。
10:25 三ツ峠入口

「車は此処迄です」と運転手さんに
言われて此処から歩きます。
少し歩くと車道には雪が
積もってます。
10:42 車道
車道を横切り
細い道に入る
こと3回位
他の登山客は
真面目に車道を
歩いています。
10:45 案内板
相変わらず車道を
歩いて行きます。
比較的歩きやすい
雪道です。雪も
いい雪です。
11:52 分岐

「四季楽園」「富士見荘」と
「三ツ峠山荘」の分岐
四季楽園へと進むと
すぐ家が見えてきて
大勢の人がベンチで
食事をしたり休んだり
しています。ベンチを
借りるので100円を箱
の中に入れます。
大きな犬が気持良さ
そうに寝ています。
 
12:00 開運山
ベンチを借りて
昼食にします。
御巣鷹山→
遠くから電波塔
が見えていたが
この御巣鷹山の
物と開運山の
塔が見えていた
のだと理解出来
ました。
12:02 屏風岩

三ツ峠には岩登りの
訓練をするところが
あると聞いていました
今も数人の人が登って
いる姿が見えます。
垂直の壁を登るのは
私にはとても出来ない
ことだと思う。
三ツ峠山頂より望む富士山

美しい富士山が裾野
まで見えています。
今日は雲ひとつない
素晴らしい天気に
恵まれて最高の
富士山です。
左の方は雪煙が見ら
れるので物凄い風が
吹いているので
しょう。ここ三ツ峠の
山頂も風が強く
デジカメも風で
揺れて大変です。
12:45 三ツ峠山頂 1785m
四季楽園からアイゼンを
つける事にしました。
山頂付近が凍っているかも
しれないということです。
山頂には10分もかからず
つくことが出来ます。
山頂には一眼レフのカメラを
持った人が一人いるだけです。
お願いして写真を撮ってもらう
ことにしました。風が強くて
寒いけど富士山は勿論のこと
南アルプスや八ヶ岳など素晴ら
しい風景が広がっています。
私は登った数は少ないけれど
甲斐駒岳鳳凰三山金峰山
など美しく素晴らしい眺めです。
  

 
八ヶ岳


中央に赤岳・ずーと左に権現岳
一番左に切れてしまった所が
編笠山です。
13:24 木無山
 三ツ峠から富士山や南アルプス・八ヶ岳
 などずっと見ていたいと思うけれど
 そうもいかないので12:56頃山頂をあとに
 して四季楽園に下山します。
 荷物を置いて行ったので楽でした。
 アイゼンは付けたまま木無山を経て
 母の白滝へ下りる事にしました。
 木無山は雪に覆われて富士山が美しい
 所でした。
14:55 母の白滝
暖冬の影響で凍っていないかと
心配したのですが、全部とは
いかないけれど凍っています
素晴らしい眺めです。

祭神は栲幡千々姫命(タクハタツツ
姫命)由緒 アメノオシオミ尊の
皇后で木花咲耶姫命(浅間様)の
姑神様である。平安時代の頃より
富士登山者は村の宿坊を宿にして
この滝で身祓を行い浅間神社で太
々神楽(稚児の舞)を奉納して富
士登山の安全を祈願した

マイナスイオンをたっぷりあびて
15:07頃下山する事にします。
登山道の途中でアイゼンを外します
15:17頃民家が見えてきました
やがて神社を右に見ながら進むと
国道に出ます。バスがないので
ガソリンスタンドでタクシーを呼びます。
10分ほどで来てくれる事になり
河口湖駅までお願いしました。
せっかくだから河口湖で反省会
をやろうと言うことで運転手さ
んにどこか居酒屋さんはないか
聞いてみました。食堂があると
言うことで店の前につけてくれ
ました。
  
15:50 反省会?

 時間が早いのでお客さんはいません。
 先ず生ビールで乾杯!得意のものを
 お願いしますと言うことでおまかせ
 しました。店には古い外国の山の
 写真が飾ってあります。のんびりと
 楽しく飲んで食べて18時まで過ごし
 ました。店の中から富士山が大きく
 みえます。10年に1回くらい赤冨士が
 見られるそうです。  
17:14 店の前から

この時間になっても雲ひとつなく
素晴らしい富士山が見られます。
西の空は美しい夕焼けが橙色に
染めています。
18:31 冨士急行フジサン特急
18:10発のフジサン特急に乗る事に
しました。Seさんが特急には個室が
あるらしいと言うのでどんな物か乗って
みようと言う事になったのです。
一番前には展望車がついています。
100円払えば座れるとのこと。
真っ暗で何も見えないと言うのに
皆物好きぞろいなので100円払って
一番前に座ります。
車内販売の若い女性の
人が貸切ですからと
言いましたがお客さん
は我々だけです。サロン
カーのようになって
いてゆったりと寛ぐ
ことが出来ます。
ワインとおつまみを
買っていい気分

展望車の切符→

                 今年は暖冬で雪不足の情報が流れています。確かに暖かく
                 毎年楽しみにしているシモバシラノ華もまだ見ておりません。
                 でもこうして冬の三ツ峠に誘って頂いて本当に素晴らしい
                 アルプスの山々を堪能することが出来て幸せでした。
                 一つの出会いから輪が広がって体験できる幸せを感謝しています。                     

ホームへ  ハイキングのページへ