御岳山・ロックガーデン

七代の滝〜ロックガーデン・綾広の滝
レンゲショウマを見たくて
2020年8月23日(日)曇り
 雨になるという予報でしたが一日持ってくれました。
 レンゲショウマを見に行こうということで御嶽駅で待ち合わせです。
 新宿からホリデー快速奥田摩域に乗車すると乗り換えなしで行けます。
 電車はあまり混んでいませんでした  やはりコロナで出かけるのを控えているのかもしれません。

   「交  通」  自宅6:00→バス6:25→市川駅7:07発→お茶の水(乗換)7:08着7:12発(特快高尾行)→
              新宿駅7:41着7:44発(ホリデー快速おくたま3号→御嶽9:02着・御嶽駅9:12バス
   「コース」  御嶽山駅〜千本屋さん〜御岳神社〜長尾平〜
              七代の滝〜ロックガーデン〜千本屋さん

   「Menber」Kataさんと私の2名

レンゲショウマ
6:17 酔芙蓉 
6:18 酔芙蓉
最寄りのバス停から二つ先のバス停に毎年きれいに咲いています。
この季節「あっ、今年も咲いてくれた」と楽しみにしている花です。
朝は真っ白に咲いて段々お酒に酔うようにピンクに染まり夕方には濃いピンクで
しぼんでしまいます。
いつもこの酔芙蓉が咲くのを楽しみにしています。
今年も綺麗に咲いてくれました。
9:19 バスは御嶽駅から9:12発車して終点のバス停に着きました
フーフー言いながらケーブルカー乗場まで急坂を上ります。
9:43 ケーブルカーで御嶽駅まで乗車 レンゲショウマ入り口
ゲンノショウコ(現の証拠)フウロソウ科の多年草・下痢止めの薬草
紫紅花は西日本に多いそうです
9:45 登山道 この石段を登ります
レンゲショウマ
ソバナ
レンゲショウマ
モミジガサ
キバナアキギリ(黄花秋桐)シソ科の多年草
高さ20?40cm・花期は8〜10月
登山道
10:07 新しく会談が出来ていました
トチバニンジン(栃葉人参)ウコギ科の多年草
千本屋さんに着いたらママさんとお話をされている方がいました。
モリアオガエルが前のうちの木の所で鳴き声がすると言うことです。
店内に入りお茶をご馳走になり一休みしたら御嶽山に参拝してロックガーデンに向かいます。
そして帰りに千本屋へもう一度寄ってから帰ります。
レンゲショウマ
キツネササゲ(ノササゲ)
キノコがびっしり「
ヤマノイモ(山の芋)
ホタルブクロ
レンゲショウマ
産安社
ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草)ユリ科の多年草
ヤマホトトギス
  草丈  40〜70cm  
  花期  7月〜9月  
  花被片が強く反り返る  
  雄しべの花糸にも斑点がみられる  
ヤマジノホトトギス
  草丈  30〜70cm
  花期  8月〜10月
  花被は白色で紅紫色〜暗紫色の斑点があり
  6個の花被は平開する あまり反り返らない
安産杉
夫婦杉
子授け杉
二本杉
   
展望
レンゲショウマ
ツルリンドウ(蔓竜胆)リンドウ科のつる性多年草の
アザミ カメラを向けたら蝶が来てくれました
10:20 出入口 レンゲショウマの群生地を出ます
10:24 道標 長尾平方面へ進みます
10:38 ビジターセンター 今日は下から見て通過します
10:40 かやぶき屋根 ここは食事・喫茶も楽しむことが出来ます
10:48 キツリフネ(黄釣船)ツリフネソウ科の一年草
10:48 キツリフネ(黄釣船) 
10:49 ヘクソカズラ(屁糞葛)アカネ科の蔓性多年草
10:50 シュウカイドウ(秋海棠)
シュウカイドウ(秋海棠) よく見ると可愛いですね
10:51 神代ケヤキ 樹齢推定1千年 樹高30m
この坂が結構きついのです
10:52 土産物店が並ぶ商店街 
10:54 御嶽山神社へ
10:57 玉紫陽花が咲いていました
10:55 お寺の階段そばにもレンゲショウマが植えられています
10:57 キンミズヒキ(金水引)バラ科の多年草
10:59 登山道
11:01 ツリフネソウ(釣船草)ツリフネソウ 科
            七代の滝へ
Kataさんがまだ七代の滝へ行ったことがないので行ってみましょうということで
ここから下ります。
とにかく下って下って一番下まで下ります。
11:03 長尾平へ到着です
11:03 ここから下りの始まりです 若い女の人が二人下ってます
11:04 登山道
11:06 登山道
11:07 登山道 女性二人は楽しそうに歩いてます
11:09 登山道 石段を気を付けて下ります
11:06 モミジガサ(紅葉笠)キク科の多年草
11:10 マツカゼソウ(松風草)ミカン科の多年草
11:14 登山道 どんどん下ります 足元注意して
11:17 キバナアキギリ
11:19 登山道 とても歩きにくい登山道を下ります
11:23 登山道 Kataさんが上から撮ったものです
11:33 道標 七代の滝まで0.2km
11:33 登山道
11:34 登山道 新しい橋ですね
11:34 登山道 倒木がたくさん置かれています
11:35 登山道
11:37 七代の滝に到着しました ここから滝は見えません
11:39 七代の滝
11:40 七代の滝
七代の滝
七代の滝
11:47 タマガワホトトギス(玉川杜鵑草)ユリ科の多年草
11:47 タマガワホトトギス(玉川杜鵑草)花期: 7月〜8月
タマガワホトトギス
11:48 七代の滝を出発します 鉄階段を登ります
11:49 これからは登って登って進みます
11:50 階段を登ります
11:50 登山道
11:50 登山道
11:53 登山道 木の根が張り出して歩きにくいです
11:55 鉄の階段が多い所です
11:56 ツルリンドウ
11:57 登山道
11:59 何の花でしょうか?
12:00 登山道
 
12:01 登山道 最後の階段を登ります
12:03 着いたところは天狗岩に出ました
                 ロックガーデンへ
12:03 天狗 岩の上に立っている天狗
12:04 登山道
12:05 天狗岩 天狗に見えるでしょうか?
12:08 ヤマジノホトトギス
12:09 ロックガーデンの入り口に着きました
若い女性二人は水遊びに興じています
12:10 フシグロセンノウ(節黒仙翁)ナデシコ科の多年草
とってもきれいな色をしてました
12:13 登山道
12:14 下の川ではお食事中でした 美味しそう
12:15 登山道 岩伝いに歩きます
12:18 水引
12:19 道標
12:21 登山道
12:23 登山道
12:25 登山道
12:26 登山道
12:27 トイレと休憩所が見えてきました
12:28 小さな滝
12:31 登山道
12:32 ギンバイソウ(銀梅草)アジサイ科 花が後ろ向いてます
16:09 ギンバイソウの葉は紫陽花に似ていますが葉先に切り込みが
あります
12:36 登山道 木々の緑が美しいです
12:37 登山道
12:39 登山道 コケの緑がいいですね
12:37 タマガワホトトギス 気にして歩いていたのですが
これしか見つけられませんでした
12:43 お浜の桂
12:44 綾広の滝
12:49
12:49 綾広の滝を出発します
お土産屋さんの千本屋さんのママさんが「ロックガーデンに行くとタマガワホトトギスが
咲いてますよ」と情報を教えてくださいました。
この辺にあるはずだと思って探しながら行ったのですが見当たりませんでした。
下りの途中で会った女性グループの人が「満開でしたよ。今から行ってみれば」と教えてくれました。
どういううわけか私たちは気が付きませんでした。
残念??
パノラマ
12:51 登山道
12:55 休憩所 ロープが張ってあり入れなくなっていました
13:00 登山道
13:04 トイレがあります
13:05 ツルギキョウ
13:05 道標
13:12 登山道
13:21 天狗の腰掛
13:21 道標
13:05 ガンクビソウ(雁首草)キク科の多年草
下向きにつく頭花がキセルの雁首に似ていることからこの名がある
13:36 千本屋さん
千本屋さんへ戻ってきました。
御嶽山へ来ると必ず千本屋さんへ寄ります。
ラーメンを食べようと思ってくるのですが生ビールを飲むと
お腹が一杯になって食べられなくなります。
いろいろ情報を教えてくださるので参考になります。
先日行った時見た【梅花藻】の話をしているとこれから見に行くのだと
言う女性がいました。私たちが見た「地蔵川」へ行くと言うことでした。
立派な三脚と一眼レフをもっていました。きっと良い写真が撮れることでしょう。
また、途中で一緒になった若い二人の女性も千本屋さんに寄って偶然一緒に
なりました。緑に興味があり木やコケなど写真を撮ったということでした。
15:07 ハギの花が群生していてきれいでした
13:05 
15:10 御嶽山驛 沢山の人が並んでいます
13:05 ケーブルカーのすれ違い
17:49 利き酒

千本屋さんでラーメンを食べなかったので
お腹が中途半端なので四谷で途中下車して
静かに食べられる所へ寄りました
ビールはお腹が一杯になるのでお酒に
することにしました。
愛媛のお酒で「石鎚」というのがあったので
飲んでみることにしました。
この処山を歩いてなかったので久しぶりに「レンゲショウマ」を
見に行くことにしました。
レンゲショウマは少し遅かったようで花が少なかったようです。
コロナ禍の時でお客さんも少なめだったようで密になりませんでした。
安心して歩けるようコロナが収束することを願うばかりです。

ホームへ   ハイキングのページへ