御正体山1,681m

御正体山バス停〜御正体山〜御正体山バス停
2016年9月25日 (日)曇り時々晴れ

御正体山(みしょうたいやま、-さん)は、山梨県都留市と南都留郡道志村の境にある山で
標高は1,681mで、道志山塊の最高峰である。日本二百名山、山梨百名山の一つに 数えられています



 9月11日(日)に行く予定でしたが雨の為行かれなかった御正体山へ行くことになりました。
 時間が早いのでタクシーを呼ぶことにしました。
 いつもは5分位で来るのですが今日は空いているタクシーがいないというので困ってしまいました。
 何とかできるだけ早く来てくださいとお願いして1台つかまったと言うけれど7〜8分かかると言う事です。
 予定の列車に乗れないと高尾で買い物が出来なくなるのです。
 朝ご飯・飲み物その他の物を買わなくてはなりません。
 結局予定の列車に乗ることは出来ませんでした。
 もう胸はイライラが募ります。
 次の列車に乗りスマホでどの列車で行けば高尾に早く着くか検索してみます。
 何とか高尾から乗る列車には間に合うのですが買い物は出来そうにありません。
 そうこうしているうちに御茶ノ水に着きました。
 そこへ乗る予定だった中央特快が滑り込んできました。
 これで高尾駅で下車して買い物をすることが出来ます。ホっ

   「交  通」  自宅5:30→市川駅5:50発→お茶の水(乗換)6:11着6:12発(中央線快速高尾行)→
               高尾駅7:05着→高尾駅7:47発(バス)→都留市8:49着9:20発(バス)→御正体バス停9:40着

   「コース」  三輪神社〜林道〜御正体山〜三輪神社

   「Menber」 Kataさんと私

8:54 列車の中から富士山 初冠雪した富士山が見えるとアナウンスあり
9:02 都留市駅に着きました 5〜6人が下車しました
9:07 都留市駅
9:08 都留市駅バス停 ここからバスに乗ります
ほかの方々は今倉山の方へ行かれるようです
9:40 御正体山バス停 ここでバスを降りました
9:41 道標
9:41 三輪神社
9:42 御正体山登山道入り口
9:42 警告 野草・木々を取るべからずと書いてあります
9:42 御正体山登山道案内図
9:42 三輪神社の前を通り登山道へ 地図を確認
9:43 ピンクのゲンノショウコ
9:43 登山道
9:50 仏ヶ沢 登山道の左側を流れています
9:50 登山道
9:57 この辺りは別荘のような家が点々とあります
9:58 モンシロチョウ 夏を惜しむように花から花へと
9:58 登山道
10:00 登山道 右の盛土は会社の残土の捨て場のようです
10:01 登山道 左へ行ってみると行き止まりのようです
10:03 登山道 右へ進みます
10:05 タマアジサイ
10:05 登山道
10:07 ゲンノショウコ ピンクが濃い花です
10:11 なかがわらはしを渡ります
10:12 ゲートを回って通ります
10:13 道標 
10:14 舗装道路 林道
10:26 舗装道路 結構急な坂道です 斜めに歩くとまっすぐ歩くより楽です
10:30 舗装道路 急な坂道できついですので少し休憩します
10:34 
10:36 待避所
10:37 舗装道路
10:38 コシノガマ(小塩竈)ハマウツボ科
10:39 道標
10:39 仏ヶ沢
10:40 案内板 以前の登山道を記したようです
10:40 沢 以前はこの上に登山道があったようでロープが張ってあります
10:40 沢の水が登山道に流れています
10:40 イヌヤマハッカ(犬山薄荷)シソ科の多年草
舗装道路が長く続くとこれで間違っていないのだろうかと少し不安になってきます。
途中で男性が下って来ましたがこの道で良いのかと不安になって途中で下ってきたようです。
私達も不安ながら途中で分かれ道はないのだからいいんじゃないと言う事でつらい舗装道路を
進みます。
Kataさんが斜め、斜めに歩くので私もそのように歩きましたが少しは楽でした。
それにしてもまだまだ続くのでそして急な登山道なのできついです。
   
10:41 登山道 舗装道路 まだまだ続きます
10:43 ヤマトリカブト(山鳥兜)キンポウゲ科
10:44 この山の上でガサガサと木が折れて落ちるような音がしました
ちょっと気味が悪いですね
10:45 この木なんの木?この辺り沢山ありました
10:47 待避所 NO3
10:56 テンニンソウ(天人草)シソ科の多年草
10:59 ヤクシソウ(薬師草)キク科の二年草
11:02 舗装道路 これで登り切ったのかと思ったが甘かったです
まだまだ続きます なんて長い舗装道路なんだろう
11:02 舗装道路
11:02 待避所NO5 車は1台も通りません
こんなに長い舗装道路を作って車が1台も通らないなんて無駄遣いもいい所です。
登山者にとってはこんな舗装道路はつらいだけです。
登山者にとっては登山道が一番歩きやすい道なのです。
11:02 ヤマホタルブクロ(山蛍袋)キキョウ科の多年草
ヤマホタルブクロは萼のつけ根が丸く膨らんでいるのに対し
蛍袋(ホタルブクロ)はその部分がめくれて反り返っている
11:04 舗装道路 斜めに歩きます
11:07 登山道 右に進みます
11:08 三つ峠が見えています
11:09 やっと登山口が見えてきました
長い長い急坂の舗装道路をフーフー言いながら登ってきました。
休憩を入れながら約1時間半の舗装道路歩きでした。
これは私がしばらく歩いていなくて体力減退で時間がかかってしまった
結果ではありますが長かったです。
11:09 登山道
11:10 登山道 ススキがちょうど顔のあたりに来て歩きづらいです
11:11 キノコは全くわかりませんので撮るだけです
11:12 登山道
11:16 登山道 急な登りです
11:25 登山道 ここで少し休憩します
11:27 登山道 出発します
11:29 登山道 急な上り坂です
11:31 登山道
11:32 登山道
11:36 登山道 サルがいるように見えます 木の株でした
11:37 登山道 
11:39 ヤマトリカブト
11:39 登山道
11:42 キノコ タマゴダケのようですが時期的には遅いので毒でしょうね
11:43 登山道
11:44 白いキノコ
11:46 ハナホウキタケ 有毒
11:50 登山道
11:53 登山道 この辺りは涼しい風が吹いて気持ちが良いです
11:59 登山道
12:04 登山道 ブナ林で気持ちが良いですね
12:11 登山道
12:14 登山道
12:18 アズマヤマアザミ(東山薊)キク科
12:18 登山道 今日の私はいつもは使わないストックを出しました
12:36 登山道 相変わらず急な上り坂が続いています ロープです
12:37 登山道 二人の登山者さんが下って行きました
12:38 登山道
12:42 登山道 ロープがありますが使わなくていいです
12:46 ヤマトリカブト 花が終り実になっているのもあります
12:49 登山道
12:53 ヤマトリカブト 綺麗に行儀よく花が並んでいるので撮りました
12:54 キノコ 沢山の兄弟です
12:55 登山道 急登が続いております
12:56 キノコ 種類が色々あります
12:56 道標
12:56 道標 正面を撮ると後ろ側が見えなくなるので2枚撮ります
御正体山まで35分です
12:58 登山道 通過します
12:58 峠神社 祠と小さな石灯籠のある峰宮跡
12:59 登山道 ちょっとホッとします
13:00 登山道 またまた登りです
13:02 登山道 比較的緩やかです
13:03 コイワカガミ 花が咲くと綺麗でしょうね
13:04 道標 こんな所にと思ったら右に下る細い道がありました
13:05 キノコ まるでバラの花のようです
13:06 キノコ ピンク色に頬染めて
13:08 登山道
13:10 大きな岩が見えてきました これが抱きつき岩でしょうか?
13:12 この花はここで咲くから美しい
いつも私も思います 楽しみに登ってもあった花がないとがっかりします
13:12 登山道 急登です
13:14 キノコ
13:14 登山道
13:15 キノコ 可愛いキノコを見ると嬉しいですね
13:20 登山道 滑りやすい登山道です
13:23 登山道
13:27 登山道
13:29 登山道
13:32 登山道 緩やかな登山道です
13:34 登山道 トリカブトが群生しています
13:35 御正体山の山頂に着きました 1,681m
13:35 山頂を踏んだところにありました
               三輪神社からは3時間53分かかりました
               登山口から御正体山まで2時間26分でした
               分岐の道標からは48分(道標は35分)でした
舗装道路の長い急坂の登り・登山口からの急登があり今日はきつい登りでした。
年取るとコンスタントに登ってないと大変です。
もうひと登りあるのかなと思っていたのですが山頂と聞いてほっとしました。
山頂に着くと男性の先客が一人いました。
道坂隧道から登ってこられたそうです。
私も今日はそこから登るものと思っていたのですが時間など考えて御正体山の
バス停からとKataさんは計画したようです。
その方に写真をお願いして撮って頂きました。
道坂隧道からの登山道にも紫の花が沢山あったけど何ですか?と聞かれました。
おそらくヤマトリカブトでしょう。
ここまで来るのに会った登山者さんは6人だけでした。
山頂はあまり広くはないけれど平坦なとても過ごしやすい場所です。
少し前にはマルバダケブキが黄色い花を咲かせていたことでしょう。
ベンチがありお昼ご飯にします。高尾で買ったおにぎりです。
男性は暗くなると怖いのでと言って私達より少し前に三輪神社の方へ
下って行かれました。
山頂に立つ道標 私たちは細野方面から登りました
記念撮影 1,681m どこにも標高を示す文字はありませんでした
山頂風景です
山頂風景です 右端の登山道から登ってきました
山頂風景 三角点
山頂風景 神社 合掌
道標
14:12 御正体山を登ってきた同じ登山道へと出発します
14:12 登山道 マルバダケブキがあちこちに点在しています
14:13 ヤマトリカブトの群生地を通過します
14:18 登山道
14:26 抱きつき岩
14:28 登山道
14:30 登山道
14:36 峠神社 祠と小さな石灯籠のある峰宮跡 峰宮跡からは急な下り
14:37 分岐の道標 登りで48分かかった所を25分で下って来ました
14:42 登山道 急坂を下るので足のモモにビンビン来てます
15:06 登山道
15:15 登山道
15:20 登山口が見えてきました
15:20 登山口
15:20 登山口 御正体山から登山口まで1時間8分でした
ここまで急な坂道を速いスピードで下って来ましたので足の太ももが痛いです
ここからまた嫌な急な坂道の舗装道路が待ってます ちょっとうんざりです。
15:21 舗装道路
15:22 舗装道路
15:37 沢
15:37 その昔道があったのではないかと確認しに行きました
以前はここに道がったようです
15:38 舗装道路
15:50 ゲートを通過します
15:51 橋を渡ります
15:58 舗装道路
16:01 この辺りに美術館があったはずと地図とにらめっこ
16:04 橋を渡ります
16:05 どうもこの建物が美術館のようです 今はやってないようです
16:16 三輪神社へ到着です 御正体山から三輪神社まで2時間4分でした
今日は体調が万全ではなくきつかったです。今日の歩きは休憩等も含めて6時間34分でした。
最初からタクシーを呼ぶことを想定していたのでバスは出た後なのでタクシーを呼びました。
山頂で会った男性が下ってきたのでタクシーの件を話すと同乗すると言う事になりました。
都留市駅までの予定が大槻まで乗車することになりました。
バス代も結構かかるので割り勘にすればそんなに高くはないのです。
大月駅で電車が反対側のホームに停車しています。
間に合うかどうかという微妙な時間ですがとりあえず行ってみることにしたら乗車できました。
ホリデー快速で満席でしたが停車駅が少ないので立って行くことにしました。
相模湖駅でNagaさんが乗ってきました。
剱へ行ってきたよと言う事でいろいろ点の記の撮影のことなど話を聞かせてくれました。
山頂であった男性は高尾山口で極楽の湯に入って帰るそうです。
私たちは高尾で下車してあさかわに寄って夕食を採って帰ります。
KiちゃんとJoさんがいて景信山に行く日が決まりました。
今日はきつかったけれど御正体山に行けたことは良かったです。


ホームへ   ハイキングのページへ