泉水谷から丸川荘へ(1700m)
         2006年9月23日(土)24日(日)晴れ

         Sさんの一周忌に集う

【交 通】 市川駅8:04発→御茶ノ水8:26・8:28発→立川9:08・9:11発→谷保9:17着

【Menber】 Haさん夫妻・Uさんと私の4名
        丸川荘にて Muさん夫妻・Waさん・Saさん・Naさん夫妻・Kiさんと合流して合計11名

【 コース 】  谷保駅9:30→奥多摩湖12:20(昼食)→泉水谷登山口14:00・14:13出発→丸川荘15:17

            急にSさんの一周忌を丸川荘で行い偲ぶ事にしようと決まり皆で集う事に
            なりました。山を初めてまだ日の浅い私を丸川荘に誘ってくださったのが
            Sさんでした。それもヤナギランの美しく咲いているときでした。
            とても楽しく忘れられない一泊二日の山行きでした。Sさんは毎週のように
            大菩薩に来て山を楽しんでいました。立山に誘って頂いたりしました。
            丸川荘で集合する事にしてHaさん夫妻に便乗させて頂くことにして
            泉水谷から行くことにしました。泉水谷は初めてなので楽しみです。
            丸川荘に着くとMuさん夫妻がすでに到着していました。
            そして順々に到着して、最後にお面をかぶった愉快な人が入って来ました。
            いつものことで小屋は夜明けまでSさんを偲んで賑やかに更けていきました。
14:00 泉水谷登山口
 奥多摩湖に12時頃に着きお弁当を食べ、
 ふれあい館を見学して出発です。
 そして山道へと車は入って行きますが、
 石のゴロゴロした道で悪路を20k位で
 進みます。奥多摩湖から1時間くらい走り
 泉水谷の登山口に着きました。
 途中沢登りをする若者が数人いました。
 到着するとク少し先の川でバーベキューを
 している人たちが数人いました。
 車が止まっている少し手前の道を入って
 いきます。
14:13 登山開始
 登山口には先に来ていたMuさんの車が
 駐車していました。途中で買い込んだ
 荷物を手分けしてザックに入れます。
 勿論ビール、焼酎、日本酒などと一緒に
 野菜にお好み焼きの材料など。
 初めて泉水谷から入ります。
14:20
美しい沢の流れ

登山口から7分も
歩くと美しい沢
に出会います。
苔むした岩、木の
橋を渡ります。
何度か渡り返し
ます。
14:25 紅葉
まだ紅葉には少し早いようですが、
少し色づいています。秋には素晴らしい
登山道になることでしょう。
  
14:53 落ち葉

緩やかな歩きやすい
登山道を行くと
クリンソウの咲く
所もあり春が
楽しみです。
15:05
 丹波への分岐→

道標

分岐の所に「泉水谷を経て丹波へ」
という道標がたっています。
登ってきて左へ行くと丹波・
右に登っていくと丸川峠へ。
苔むした岩があり、自然林の
美しい登山道です。
沢を左に見ながら登って行きます。
 
←15:05 登山道

苔むした岩→
15:27 丸川荘に到着

丸川荘の裏側に出ます。
私は久しぶりの丸川荘です。
ススキが美しく風に揺れて
います。正面には富士山が
「良く来たね」と迎えてくれます。
ランプの下で
餃子を150個ほど作り
ます。Haさんの畑で
取れたオオバで包み
フライパンにズラッ
と並べます。焼けた
そばから熱々を頂き
ます。皆で持ち寄っ
た酒・日本酒・焼酎
泡盛。ワイン等
Haさんのギターで
Kiさんが歌い皆を
笑わせます。Sさん
の作詞した歌を歌っ
たり時の立つのも忘
れてSさんを偲びます。
9月24日 6:56 丸川荘
夕べは星が美しく輝いていました。
白鳥座、天の川、北斗七星など
外は寒いので星を見てはストーブの
側に戻ります。
24日の朝も薪を入れてストーブを
たきます。何年か前に何度も泊った
ことを思い出します。
  
8:03 富士山に雲の帯

24日は下山するだけなのでみんな
のんびりしています。
正面には美しい富士山が姿を現しています。
今日は暖かい朝です。昨日は風が強くて
寒かったのに。これからは一日一日天候が
変化していくのでしょう。
 
 
7:45 Haさんのオカリナ演奏
丸川荘の裏にある広場でオカリナを
吹きます。ついこの間もここで「風の
音コンサート」が開かれて演奏したばかり
のHaさんです。第3回のコンサートが開か
れて大成功だったそうです。
ススキ
朝陽に照らされてススキが美しく
輝いています。
全員で記念写真

出発前にSさんもいれて
記念写真を撮る。
9:48
Naさん
裂石へ出発

我々は車なので
泉水谷へ下山
泉水谷はとても
楽な登山道です
10:30 登山口
40分で下って着ました。
帰りは番屋茶屋に寄るので
来たときとは反対方向に
いきます。
12:51 番屋茶屋
11:37登山口を出発して
1時間チョットで番屋茶屋に
到着する。大菩薩から下山
するとここからバスに乗る
ヤナギダケ
Naさんがタクシーの運転手から
聞いていたので見つけたのだそうだ。
柳の木に出来るキノコで食べられる
ということです。以前に私も聞いた
事があるような気がする。
塩山に来ると乗るタクシーの運転手
の方に聞いたと思う。
 
13:56 菊亭にて
Sさんが下山してくると寄って
食事をしたところである。
ここでも思い出話に花が咲くのでした
Sさん、又みんなで来ようね

ホームへ  ハイキングのページへ