大菩薩・丸川壮(1677m)
峠の風コンサート

裂石〜丸川峠・丸川壮〜裂石
2019年8月31日(土)〜9月1日(日)晴
 
 先日丸川荘に行った時コンサートに来てよと言われていたので行くことになりました。
 数人で行くならタクシーで柳沢峠まで行くのですが今日は一人旅なので裂石から入ります。
 柳沢峠からの道は大好きなのですが一人で歩くには少し寂しくクマの出る恐れもあります。
 塩山駅でしばらくバスを待つことになります。
 塩山駅からバスで大菩薩入口まで行きます。バス代は300円ととても安いです。
 丸川荘に4時ごろまでに着ければよいと思うのでのんびりと歩きます。
   「交  通」  自宅7:40→バス7:51発→市川駅8:21発→お茶の水(乗換)8:43着8:46発(中央快速高尾行)→新宿8:56着
              高尾9:02発(JRホリデー快速ビューやまなし小淵沢行→塩山10:45着
              塩山(バス)11:20発→大菩薩登山口11:47着

     「コース」 裂石〜丸川峠〜裂石
   「Menber」単独
10:54 塩山駅 これから約30分近くバスを待ちます
11:54 番屋茶屋 大菩薩峠登山口 バスは塩山駅を11:20発
登山口までは番屋茶屋からアスファルト舗装の道を約50分ほど歩きます。
このアスファルト舗装の道はとても疲れます。
12:14 ススキが綺麗でした もう秋なのですね
12:20 道標
12:20 駐車場
12:22 道標
12:43 丸川峠大菩薩嶺登山口
12:47 道標
12:47 登山道
12:48 登山道
12:52 登山道
12:54 登山道
13:02 登山道
13:05 登山道 木の根が出ている所が多いです
13:14 登山道
13:31 登山道
13:42 登山道 ここは比較的歩きやすい道です
13:50 登山道
14:01 登山道
14:04 登山道

14:15 登山道
14:06 ブナ この辺りはブナが多いです

14:18 登山道
14:19 ブナ
14:23 登山道
14:25 小さな黄色ぽいキノコです 可愛いね
14:25 登山道
14:31 昔、浣腸の木と名付けていた木ですが切られていました
14:34 登山道
14:35 登山道
14:37 登山道 ここは岩の多い歩き難い登山道が続きます
14:39 登山道 どこを歩けばいいか探しながら歩きます
14:52 小さな小さなホトトギスが咲いていました
15:21 白樺平 昔名付けてここまで来たら丸川はもうすぐだよ
15:23 登山道 もうすぐ丸川荘です 
鹿がキューンキューンと鳴いて歓迎してくれました
15:26 登山道 丸川荘が見えてきました
登山口から丸川荘迄2時間31分で・番屋茶屋からは3時間32分でした
皆さんは思い思いに外で話をしたり小屋の中で話をしたりして過ごしています。
Hasimotoさんも小屋のTadakiさんも良く裂石から来たねとねぎらってくださいました。
柳沢峠・ロッジ長兵衛からとも考えたのですが一人でタクシーを使うと高いので 結局裂石と言う事になります。
夕食はカレーライスで美味しかったです。25人の宿泊客で寝袋で寝ました。
18:05 そろそろコンサートが始まります
18:14 先ずはクラリネットです
18:15 小屋のTadakiさんの挨拶です Tadakiさんも嬉しそうです
18:20 コンサート
作詞・作曲・歌 はしもとよしはる
丸川荘の裏の高原ですので夜も暗くて写真が鮮明ではありませんので申し訳ありません。
            翌9月1日


6:00 丸川荘の正面に見える富士山 今日は笠をかぶっています
煙突から煙が出ています
6:57 昨夜はここでコンサートをやりました
朝起きて展望台に行ってみることにしました。
いつもは上り坂が急なので行かないのですが別の道があると言うのでHashimotoさんに
連れて行ってもらう事になりました。
マルバダケブキの群生地があり見事でした。
6:53 マルバダケブキ(丸葉岳蕗)キク科メタカラコウ属の多年草
6:59 富士山
6:58 展望
7:00 マルバダケブキの花畑 今迄花畑があるのを知りませんでした
7:04 コウリンカ(紅輪花)キク科の多年草
7:07 花の向こうには富士山
花畑
7:05 花畑で写真を撮るHashimotoさん
7:07 マルバダケブキのお花畑と富士山
富士山
7:13 登山道
7:15 登山道
7:20 シモツケソウ(下野草)バラ科の多年草
7:22 空がとても美しいです
7:25 秋の空が綺麗です
7:26 ハナイカリ(花碇)リンドウ科の一年草または越年草
7:28 展望台から帰ってくると富士山に向かって
オカリナを吹いている人がいます
7:31 レイジンソウ(伶人草)キンポウゲ科トリカブト属の多年草
7:32 トリカブト
7:32 キツリフネ(黄釣船)ツリフネソウ科の一年草
7:40 コンサートに集まった方々 早立ちした方も数人いらっしゃいます
帰りは一人で裂石に下りるのかと思うとちょっと憂鬱でしたが一緒にHasimotoさんが
降りて下さると言うのでホットしました。
塩山駅まで送って下さると言うので本当に良かったです。
8:20 椅子を元に戻します
8:39 丸川壮を出発します
8:42 登山道 大きなギターを抱えてうだるのですから大変です
8:44 白樺平を通過します
8:49 登山道
8:50 登山道
8:54 白ッぽいのはクラゲだそうです 
食べられるけどざらざらしているそうです
15:03 登山道
9:05 登山道 後から出発したHashiさん達が下って来ました
9:15 登山道
9:28 Hashimotoさんと同じ苗字と言う事です
9:29 3人で撮って頂きました
9:42 白いキノコがありました
10:01 登山道
10:03 登山道
10:14 登山口に到着しました 丸川荘を出発して1時間35分でした
10:16 キノコが群生していました
10:18 サルノコシカケのような大きなキノコです
10:31 駐車場に着きました 
Hashimotoさんの友人が迎えに来てくれていました
10:37 番屋茶屋
番屋茶屋でお茶を頂いたりプラムを頂いたりして休憩しました。
そして塩山駅まで送って頂きました。とても助かりました。
皆さんには大変お世話になりました。

ホームへ   ハイキングのページへ