車山高源スノーシューハイキング
                    2007年2月11日(日)曇り

             クラブツーリズムバスツアーにて


            3連休の真中に車山シュノーハイキングで今回が3度目の参加となる。
            車山高原は初めてなので楽しみでもある。
            いつものように新宿に集合してバスツアーである。7:15発なのにまだ来ていない
            人がいる。25分になっても来ないので出発する事にしてスタートさせた直後に
            到着して間に合った。7:28出発となった。バスは事故渋滞に巻き込まれノロノロ
            運転となってしまった。波乱含みのスタートとなったようである。

「コース」
        新宿発7:28→中央自動車道→諏訪インター→車山高源→白樺湖温泉→新宿

「Member」 ツアー28名(我がメンバーは7名)・ガイド福沢さん・添乗員は吉枝さん・松本ドライバー

             現地でガイドの福沢先生が待っていてくださった。
             スキーとスノボーの人たちが大勢なので車を止めるのにも大変である。
             あとで聞いてみるとお正月よりも多くて今年一番の人出ということである。
             あまりの人の多さで一人、時間になっても現われない人がいて呼べど叫べど
             何処へ行ったやら。なんとかやっと現われて次の行動に移ることが出来た。
             ストックとシュノーシューを借りてリフトで山頂へと向かう。
             先ずスノーシューの履き方を教わるが、これが又大変なのである。
             スノーシューも色々あるらしく付け方も以前と違うのでお互いが教えあって
             何とか履くことが出来た。履いてしまえばあとは歩くだけである。
12:58 スノーシューをつける

ボタンを外し、ベルトを緩めて
前に少し出るくらいにはいて
ベルトをシッカリ締めて
わっかにあまったひもを
通すと出来上がり。
13:27 昼食

木の芽を傷めないように注意
しながら歩く練習をする。
雪がチラチラして風もあるので
寒い。マイナス1度くらいなので
体感温度はもう少し低いだろう。
少し歩いて風の弱い所でお弁当に
するが雪の上なので立って食べる人
雪の上に座る人、ザックに腰をおろす
人などさまざまであるが、寒い。
13:36 メンバー
蓼科山をバックに
皆で記念写真
 
13:39 蓼科山
蓼科山、硫黄岳、横岳
が見えたり隠れたり。
天気があまり良くない
のが残念である。
14:26
添乗員の吉枝さんと
添乗員の吉枝さんは
今回初めてだけど
とても明るくて素敵
な方であった。
いつも最後のバスの
中でアンケートが
配られて感想を
記入するが我メン
バーの代表は満点を
つけたことと思う。
そろそろシュノー
ユーも終わろうと
しているので一緒に
入って頂き記念撮影  
14:32 スキー場
上から見下ろすと
スキーやスノボー
子供達の遊び場が
色とりどりで美しい
雪庇

雪庇に気づかず
踏んで落ちると
いう話や小説を
読むことがある
大きいものでは
なかったが見る事が
出来た。
75歳の男性

おいくつですか?
尋ねたら75歳と
おっしゃっていた。
私もその年まで
山登りが出来る
だろうか?
3時間位なら
山も登られる
そうだ。5時間は
人に迷惑をかける
といけないので
行かないとの事
でした。
16:46 バスの中より

 帰りのバスは渋滞で
 ノロノロ運転だ。
 夕日に照らされた
 山々が美しい姿を
 見せてくれる。
 赤岳、阿弥陀岳、
 ギザギザしている山は
 権現岳、車中から
 素晴らしい山が見られて
 満足して、ノロノロが
 気にならない。   

                 白樺湖温泉「すずらんの湯」に入り体を温めてバスで
                 新宿に向けて出発です。白樺湖は雪で真っ白だが水が
                 見える場所もあり、美しい景色を堪能することが出来る。
                 3連休の最後の日は「天気が良いので散歩がてらお昼でも
                 いかが?」と言うことで景信山に出かける事にした。
                 梅はチラホラ咲いているがまだ先のようである。梅が咲いたら
                 又出かけよう。                             

 

ホームへ   ハイキングのページへ