鳥沢駅から高畑山→倉岳山→梁川駅
  2002・9・21(土)   その1

駅から入山して駅に下山の中央線の山



高畑山から眺めた富士山 11時55分
(墨絵のようでした)
大月市秀麗富嶽十二景の内の九景

【コース】   市川より新宿・京王線で調布・高尾で小淵沢行きに乗り換え鳥沢駅へ
            JR鳥沢駅9:15着→鳥沢駅9:25発→小篠貯水池10:00→石仏10:30→高畑山の登山口11:20
            高畑山11:50→高畑山出発13:00→倉岳山14:00→倉岳山登山道入口へ下山15:50→JR梁川駅16:28発
            相模湖駅→かどや(行きつけの食堂)


               

  鳥沢駅(9:15)

   鳥沢駅で下車したのは4組位だった。
   国道20号線を東京方面に戻る。
   駅から300〜400m位行くと右手に
   小さな地下道があり、
   その地下道をくぐりしばらく
   行くと小さなT字路に出る。
   小篠(おしの)集落である。
   民家の所に小さな道標がある。
   小さいので見落とさないようにしたい。
  虹吹橋

   下を流れるのは桂川
   桂川をわたり左に進路を取る。
   途中彼岸花が咲いて秋を思わせ
   私たちの目を楽しませてくれる。
   まもなく小篠貯水池が見えてくる。
虹吹橋(9:40)
彼岸花とアゲハチョウ(10:00)
だんだん山道らしくなり
オシノ沢に沿って登って行く。
ひどい雨の時期があったのか
道が無くなり沢の中を歩く。
所もあるが、水が少ないので
心配することは無い。
この道は秋山村へ越える道で
昔の生活道であったようだ。
小篠貯水池(10:02)
秋には紅葉が水面に映えて
さぞ綺麗なことでしょう
オシノ沢(10:15)

                     やがて竹林が見えてくる。
                     この間赤のミズヒキ・白のミズヒキ・シモバシラの花など
                     私たちの目を楽しませてくれる。
                     小さな石仏が見えてくる。
                     ここで左に行くと穴路峠、右に行くと高畑山の分かれ道である。
                     2組の人に出会う。
                     少し休憩して右の高畑山に進路を取る。
                     竹林と言っても手入れがされてないので雑木林に混じって
                     竹があちこちに立っている。
                     以前は仙人が住んでいたと言われている。
                     暗い檜の植林地の中を急登すると山頂へ続く尾根に出る。
                         
小さな石仏

キノコかなと思ったら!
急登が続く


                       この急登は短いけれどかなりきつい。
                       山登りに慣れてない人はちょっと大変だろう。
                       途中フシグロセンノウやツルニンジンを見つけた。
                       写真を撮っていると後から来た人たちに
                       珍しいものがありますか?と聞かれたので
                       花の名前を言うと「あ〜花・・」と行ってしまわれた。
                       花にはまったく興味が無いのだろう。
                       同行のI氏曰く。「ハナ(花?)も引っ掛けない」と (^_^;
頂上には10組ほどの人々が思い思いに
写真を撮ったり食事をしたりしています。
今日は富士山は見えないだろうと思って
いたが綺麗な顔を見せてくれていました。
ススキと萩が綺麗です
赤とんぼが飛んできて肩に止まったり
蝶々が飛んでいて目の前には
富士山が素晴らしい景色です
ここは富岳十二景の内の九景です。
ここで昼食です
例によってキノコ鍋となりました。
先ずビールで乾杯!!
今日はこれから倉岳山に登るので
お酒は1缶だけです
東西に長めの頂稜の西側で、
3等三角点標石がある。
高畑山頂上にて 12:45
981.9m
大月市秀麗富嶽十二景の案内板



 

ホームへ 倉岳山その2のページへ  ハイキングのページへ