夜行日帰りで世界遺産へ!!
熊野古道と那智の滝
2008年4月18日(金)19日(土)雨後晴れ
クラブツーリズムバスツアーにて(36名)

 
京都と熊の三山を結ぶ熊野古道は、美しい自然や史跡、石碑
熊野九十九王子を祀る神社が点在し、大門坂は熊野那智大社に
続いており樹齢800年の杉が立ち並び石畳が昔のままの姿を残す
と言われているところということで一度は行ってみたいと思い
参加することにした。
「コース」  新宿発21:00→東名道→車中泊→大門坂6:50→熊野那智大社7:54着→青岸渡寺→
         那智の滝8:40→蓬莱閣10:33(昼食)→東名道→新宿21:30

「Member」 ツアー36名(我メンバー6名)
          添乗員 入沢さん・ドライバーは2名

 
6:50 大門坂
昨晩新宿を9時に出発して大門坂駐車場に
到着。バスの中は普通のバスなので殆ど
寝られない。眠い目をこすり下車すると
美しい春山が目の前に見える。
山桜がまだ咲いており新緑のみどりの
木とが美しいコントラストを見せている。
駐車場にはトイレもあるので皆準備万端で
歩き始める。のんびりとあちらこちらと
見ながら歩いて行くと大きな杉が迎えてくれる。
6:55 関所跡 180m

大門坂入口から民家の間を
通り100mほど行くと左に
宿場跡、右に関所跡がある。
医師の鳥居をくぐり朱塗りの
振ヶ瀬橋(俗界と霊界の境の橋)
を渡って行く。
6:56 樹齢800年の夫婦杉
木にはコケがびっしりとついてとても大きい。
7:01 いよいよ古道へと入る
両側には大きな杉の木。石畳を踏んで行く
この大門坂は杉の木立と石段が640m続いている。
その間に「多富気王子跡」や四町・五町と書かれた
石柱が立っている。途中から那智の滝を見ることが
できる。六町を過ぎて進むと石段があり登り切ると
見晴らしの良い場所に出る。参道入り口の案内板が
ありまた、石段を登る。途中きんさん、ぎんさんも
お参りなさったようで写真が飾られていた。
    
7:36 ヒカゲツツジ
黄色いつつじが咲いていました。
7:36 熊野那智大社への階段
石段を登り鳥居をくぐると那智大社です
7:38 熊野那智大社
熊野速玉大社・熊野本宮大社と熊野三山と呼ぶ
古来から人々の信仰を集め那智山青岸渡寺と
ともに熊野信仰 の中心地として栄華を極め
今も多くの詣者が訪れている。
473段の石段を登ると標高約500mに位置する社殿
は6棟からなり、夫須美神(ふすみのかみ)を御主
神としてそれぞれに神様をおまつりしている。
夫須美神は伊弉冉尊(いざなみのみこと)ともいう
万物の生成・育成を司るとされ、農林、水産、漁業
の守護神、縁結びの神様として崇められている。
現在の位置に社殿が創建されたのは仁徳天皇の
御世(317年)でその後、平重盛が造営奉行となって
装いを改めたが織田信長の焼討に遭ったのを
豊臣秀吉が再興し、徳川時代に入って将軍
吉宗の尽力で享保の大改修が行われた。
本殿は国の重要文化財に指定されている。
境内には、神武天皇東征の道案内をした八咫烏が
石に姿を変えたという烏石の他、白河上皇お手植え
の枝垂れ桜や平重盛が植えた樟の木(樹齢約850年)
が大きく茂っている。
7:41 那智山青岸渡寺
如意輪観世音を祀る青岸渡寺は、一千日
(3年間)の滝篭りをされた花山法皇が
永延2年(988)に御幸され西国33ヶ所
観音巡り1番札所として 定めたとされ
全国より、多くの信者や参詣者が訪れる。
現在の本堂は天正18年(1590)に豊臣
秀吉が再建したもので、桃山時代の
特徴を色濃く残し、国の重要文化財に
指定されている。


タブノキ(和歌山県指定天然記念物)
通称 いぬぐす(犬樟)
クスノキ科タブノキ属 常緑高木
樹齢約700年
那智の樟
和歌山県指定文化財 天然記念物
樹齢800年と推定され樹高27m
幹回り約8.5m 枝張るは南北25m
樟の幹幹部は空洞化している
熊野三山勅使の平重盛の手植えの樟
7:51 春の山
    美しい屋根と春の山が素晴らしい
8:13 三重塔と那智の滝
      美しい三重塔と那智の滝
8:38 那智の滝へ向かう
山頂は360度の大パノラマです。
さっそく講師の森本先生に
写真を撮っていただきます
 
那智大滝 直下133m 世界遺産 熊野那智大社別宮飛瀧神社の御神体
銚子口の岩盤に三つの切れ目があって、三筋になって落下し 始める
ところから、「三筋の滝」ともよばれている。
和歌山県南東部にある落差日本一の那智の滝。
落差133m、幅13m、水量毎秒約1t。滝壺深さ10m。
実際の水しぶき、音響はものすごい


       那智の滝へ行く途中新緑が素晴らしい
          このコースはゆっくり回っても時間が余りすぎてどのように
          時間を過ごせばよいのか思案する。同じところを行ったり来たり
春山がとても美しい
シャガの花が咲き誇っている
17:22 海 バスの中から海が見えてきた
17:22 浜名湖 運転手さんがお腹が空いたので
立ち寄った
ツアーの特徴であるお土産屋さん(本日はかまぼこ店)に立ち寄り
試食をして皆さん購入してあとは東京を目指してバスは進む。
途中車が横転していて重体にはまったけれど予定通り到着した。
バスの中では食べては寝、食べては寝の連続であった。
和歌山から三重県、名古屋、静岡、神奈川、東京へと戻るのだから
何しろ遠い。2時間おきにトイレ休憩なのでうとうとするくらいだ
私は明日は景信山で餅つきがあるので大変ではある。
ホームへ   ハイキングのページへ