*北八ヶ岳・北横岳2470m*縞枯山*2403m
2010年2月27日(土・雨〜曇り)28日(日・雪午後晴れ)

 今回の親子山での北横岳は2家族と流水麺さんと私の6名で行く事になりました。
 茅野で合流することにして、私は特急あずさで行き、他の皆さんはSuzuさんの車です。
 家を出たときはかなり雨が降っていてこの先どんな風になるのかと心配でした。
 山梨県あたりに差し掛かると雨も上がり時折青空も見えるようになってほっとする。
 流水麺さんからも八ヶ岳が見えていると言う情報がメールで入ってくる。
 雨が降ったので雪は消えてしまっている。
 ロープウェイに乗って下を見るとスキー場は黒い土が出ていてやはり雪が少ない。
 ロープウェイの山頂に着くとスキーやスノボーの人が多い。
 早速二人の子供達は雪遊びに興じる。アイゼンをつけて準備万端、坪山に向けて出発する。


【交   通】 市川駅6:53発→(総武線快速逗子行)錦糸町着7:03発(乗換)7:08(特急あずさ3号)→茅野駅9:51着
         茅野駅(車)→10:30着ピラタスロープウェイ(1771m)→11:20着 山頂駅(2240m)

【Menber】  親子山メンバー 流水麺さん・SuさんとRi君・SaさんとHiちゃんと私の6名

【 コース 】
   1日目(2/28)
       山頂駅11:30発→坪山途中で昼食30分→12:24出発→三ッ岳分岐12:50→北横岳ヒュッテ12:58→
       北横岳南峰13:21→北横岳北方13:45→北横岳ヒュッテ14:24
   2日目(3/1)
       北横岳ヒュッテ5:00起床 6:07発→北横岳南峰6:21→北横岳ヒュッテ6:37→朝食6:56
       北横岳ヒュッテ8:20発→三ッ岳分岐8:24→縞枯山荘9:06→縞枯山登山口10:05→縞枯山山頂10:38
       縞枯山10:43発→縞枯山登山口10:59着→縞枯山荘(昼食)山頂駅12:16→ピラタスロープウェイ13:09
       車13:20発→小斉の湯13:33(入浴)14:50発→大月駅16:25着(夕食)

第1日目 2月28日(土)晴れ
10:32 ピラタスロープウェイ
11:29 山頂駅 坪庭登山口
車で登ってくるとき登山道には雪がなく、所々山側に少しある程度です。
割引券を使って(ネットの割引欄をコピーする)山頂駅へ向かうが雪が少ない。
山頂駅に着くと早速二人の子供は雪遊び。ガスがかかっていて山並みは見えない。
子供は6本爪のアイゼン、大人は10本から12本のアイゼンをつける。
雨具にスパッツを着けて坪山に向かう。
11:41 坪庭を行く
12:03 昼食
坪庭にはエビのシッポも全然なく少々がっかり。
登山道は30cmほどしかなく5cmでも外にずれるとズボッ、ズボッと
踏み抜いてします。
昨年昼食をとった所で昼食にする。誰も踏んでいない雪を踏み固め
それぞれシートを敷いてお昼ご飯。
その間に登山者が通り過ぎていく。
12:04 子供のアイゼン
12:25 橋
昨年は4本爪だったが今年は6本のアイゼンを用意したようだ。
4本は滑ってしまってアイゼンの役目をしないので最低でも
6本爪をお勧めしたい。
20分あまり昼食時間をとり北横岳へと出発する。
歩き始めてすぐ橋が見えてくる。
12:31 登山道
12:44 シャクナゲ
急な登山道を登って行くと小さな小さな雪だるまが登山道脇に作られている。
そこで小休止。シャクナゲが蕾をつけていたり、咲き終わった花が残っていたり
するので花が終わるとこんな風になるのだと面白い。

12:50 三ッ岳分岐
12:51 雪遊び
12:52 雪遊びでSuzuさんは雪のシャワーを浴びる
12:54 登山道を少しずれてズボッ
12:57 北横岳ヒュッテ
三ヶ岳の分岐を過ぎると間もなく
北横岳ヒュッテが見えてくる。
風もなく暖かい。
ヒュッテの前の木には雪がなく
少々淋しい気がする。
昨年のちょうど同じ日に来た時は
真っ白くなっていた。
13:01  北横岳ヒュッテに到着してみんなで記念撮影して北横岳へ登ることにする。
ヒュッテに着いてしばらく写真のような格好をしていてもぜんぜん寒さを感じない。
周りの木々にも雪は全然なく少々がっかりするくらい。子供達は早速雪遊びに興じる。
時間もまだ1時過ぎなので山頂へ行く事にする。天気は曇りなので周りの山々は見えない
だろうと思って登っていく。
13:06 ヒュッテのご主人に見送られて出発する
13:10 山頂への登山道
山頂への登山道も雪があるものの木には雪はない。
そり遊びをする為に持ってきた小さなそりを持って出かける。
山頂には20分弱で到着する。。
13:21 北横岳南方に到着
13:30 山頂で雪遊びに興じるRiku君とHinaちゃん
13:25 北横岳南峰山頂で記念撮影
何時来ても風が強くてあまり長くいられないけれど、今日は風もなく山頂も暖かい。
夏、冬に来ているけれどこんな風もなく暖かいのははじめてである。
早速RikuくんとHinaちゃんは雪遊びに夢中である。
暖かいので周りの山々は見えていないが、しばらく待ってみることにする。
するとだんだん雲が切れてきて「蓼科山」が見えてきた。
その内アルプスの山々が姿を現してくる。来て良かったなぁ。
山々を見ることが出来るなんて想像もしなかったので感激する
蓼科山
アルプスの山々
南峰の山頂は暖かいのでしばらく展望を楽しんで北峰に行ってみる。
中年のパーテイや若者が展望を楽しんでいる。
アルプスの山々をカメラに収めて南峰に向かう。
流水麺さんが北峰に残り私たちは南峰まで進む。南峰から流水麺さんの
姿を捉えることが出来る。
13:51 北横岳北峰山頂
14:53 南峰に戻ってきた
14:02 北峰にいる流水麺さんが見えている OK
14:09 来る時はガスって見えなかった三ヶ岳がくっきり
14:07 縞枯山と茶臼山
14:16 ピッケルで滑落防止の訓練
Saiさんも訓練中
14:32 浅間山
14:40 ヒュッテの入り口にある温度計は2度
14:35 ソリ遊び
親子揃ってソリ遊びに興じる
ピッケルでの滑落防止訓練にはちょうど良い場所である。
下山する人もいないし、登る人もいないので。
ヒュッテに戻り親子揃ってそり遊びで楽しんでいる。
外の温度は2度。17時には0度になり風も少し出てきたので
ヒュッテの中で夕食までビールを1杯。子供達は漫画の本に夢中である。
17:05 ストーブの周りで
17:47 夕食の鍋 今日は寄せ鍋風
17:48 夕食風景
19:52 そろそろ就寝の時間です
夕飯はいつものように量が多いのでフーフー良いながら頂く。
全部食べないとおうどんに進めない。何とか皆で完食する事が出来た。
若い人達のグループが2組いて初めてだったようだが、にぎやかに楽しそうに
食べていた。これだけ食べると飲みたいとも思わない。
明日は5時おきなので8時半頃に床に就く。

   第2日目 2月28日(日)雪のち晴たり曇ったり
次の日の朝5時起床。支度をして1階に降りていくとヒュッテのご主人が「雪が降ってるよ」。
外に出てみるとまだ暗い。ライトを当てると降ってるわ降ってるわ、結構降っています。
山頂に行っても何も見えないと思うけど行ってみることにする。ヘッドランプをつけて登る。
昨日は木は緑だったのに今日は真っ白く重たそうである。
ご主人が「日の出を見るなら6時ごろ出かけたほうが良いよ」と言ってくださったので6時ごろ
出発する。
6:00 外で雪の中アイゼンをつける
6:12 雪の登山道 昨日とは大違い
6:23 北横岳南峰山頂
今日は昨日と違って
雪が降り続いている。
展望はないので北峰は
行かないことにする。
数年前に来たときも今回
と同じように2日目は
雪が降って感激した。
7:00 朝食
北横岳南峰から戻ってきてから朝食になる。
食事中も外は相変わらず雪が降り続いている。午後から晴れと言う予報だと
宿のご主人の報告があった。食事を終えて準備をしてこの雪なので無理をしないで
縞枯山へ行く事にする。
8:18 北横岳ヒュッテで記念写真
       雪の降りしきる中ヒュッテのご主人にお願いして
       一緒に写真を撮ることにする。
       気軽に応じて下さって一緒に記念撮影。
       周りの木々は真っ白に化粧をして昨日とは大違いで大喜び
8:20 北横岳ヒュッテを後にする
8:22 雪深い登山道を行く
8:30 美しくお化粧した木のそばで
8:37 ジグザグの登山道を下る
8:43 昨日は緑だった木が真っ白に変身
8:46 坪山を行くメンバー
8:56 坪山を下り終えた流水麺さんとRiku君 オーイ!
9:04 縞枯山荘が見えてくる
9:25 縞枯山荘で温かい飲み物を頂く 甘酒・コーヒー
9:56 アイゼンをつけて荷物を置いて縞枯山に向かう
10:05 縞枯山登山口
10:07 雪で重たそうな木下を行く
10:11 子供達が元気
10:19 急な登山道を登る
10:28 急な上り坂だが写真には表現できない
10:38 縞枯山山頂 2403m
今年は木には雪がついてなくて少々がっかり。
昨年は素晴らしい立ち木に大きく雪がついて感動したものだ。
風が強いので山頂は寒いが誰も踏んでいない雪は膝までもぐる。
10:42 膝までもぐって
10:44 シリセードで縞枯山を後にする
10:46 大人も子供もシリセード
10:59 登山口に到着 ガスっている
11:02 縞枯山荘への登山道はガスで数M先が見えない
11:06 縞枯山荘煮到着
縞枯山間での間風もあるしガスがかかって見通しが悪い。
縞枯れ山荘に戻って昼食とする。この前食事したところをお借りする。
11:17 昼食
12:00 縞枯山荘を出発
12:05 ロープウェイ乗り場への登山道
12:10 時折強い風が吹いて美しい模様を描き出す
12:15 突然強い風で木の雪が降ってくる
12:16 ロープウェイ乗り場へ到着
Riku君雪だるまとHinaちゃん雪だるま
皆で家族を作りました お母さんにはおっぱいも
Riku君とHinaちゃんはつくとすぐ雪遊びに夢中です。
二人で雪だるまを作ると親も一緒になって家族の雪だるま作りに夢中。
出発の時間が迫ってくると「えぇ〜、もう行くの」とがっかりしてます。
12:59 子供は山には興味なし あるのは雪ばかりなり
天狗岳が見えてきました
だんだん晴れて赤岳も見えてきました
Suさんの車で小斉の湯へ
13:43 女性の露天風呂で仇討の湯
男性の露天風呂が見える
あだ討ちの湯
見られるばかりじゃ不公平。
たまには見たって悪くない。
ただし、小さかったと言わぬが掟。
       潟sラタス蓼科ロープウェイ
          391-0301 長野県茅野市蓼科高原
            TEL 0266-67-2009
            FAX 0266-67-3615
       小斉の湯
          391-0301 長野県茅野市蓼科高原
            TEL 0266-67-2121
            FAX 0266-67-2005
       北横岳ヒュッテ
          391-0002 長野県茅野市
            予約 090-7710-2889
            現地 090-3140-9702

ホームへ  ハイキングのページへ