を求めて北鎌倉・東慶寺から円覚寺
2009年5月31日(日)曇り
 

 今日の天気予報は曇りから雨。景信山の青木さんに茶屋は開けるかどうか聞いたところ
 今のところ開けないということだったので、陣馬山へ行こうか、それとも鎌倉に行こうか
 と考えた末、鎌倉に行くことにしました。
 北鎌倉で下車して東慶寺に向かいます。とても素晴らしい出会いがありました。
 【夏蝋梅】が咲いているかもしれないと出かけてこられたそうです。
 naoママさんとおっしゃる方でブログもお持ちだそうです。
 まだ咲いていました。まだ見た事がない花なので早速連れて行って頂く事にしました。少し
 遅い様でしたがとても蝋梅とは思えないほど大きな花でした。白くて清楚な花でした。
 黒花蝋梅もあるということですので来年を楽しみに来てみるつもりです。
 又、【いわがらみ】と言う花もあるのを今日知ったので来週もう一度訪ねるつもりです。

「交  通」 JR市川駅10:06発(JR横須賀・総武線快速久里浜行き)→北鎌倉11:17着
「Menber」 単独
東慶寺
 弘安8年(1285)北条時宗の妻、覚山尼(かくざんに)の
創建と伝える。臨済宗。 明治35年、男僧寺に改められたが、
かつては尼寺として栄え、寺内に駆け込んだ女性は3年間
修行すれば夫と離縁することができた。 そのため縁切り寺″
駆け込み寺″の名でも知られている。 梅・紫陽花
花菖蒲など四季折々の花が咲く境内には、本尊の
釈迦如来坐像を安置する泰平殿、 その脇に水月堂とよばれる
観音堂が建つ。 本堂そばの松岡宝蔵では、聖観音立像、
初音蒔絵火取母(はつねまきえひとりも)などの重要文化財や
縁切り文書を展示。 参道奥の墓地は西田幾多郎、鈴木大拙、
高見順ら多くの文人が眠る。
八重のドクダミ
数年前この東慶寺で八重のドクダミを
見た時は沢山咲いていたように思うが
昨年も今年も数が減って来たように
思われる。受付で昨年は沢山あった
のにどうしたのでしょうか?と
尋ねたら、他とのバランスもある
のでと言うお答えでした。
我が家にも苗を頂いたのが
毎年花をつけてくれます。
一重のドクダミも十字の白い
4枚の白色の総苞(花弁に見える部分)
のある棒状の花序に淡黄色の小花を
密生させて美しいけれど八重の
ドクダミはまた違った美しさです
セッコク【石斛】
ラン科の常緑多年草。山中の樹上や
岩石に着生する、一種の気生ラン
塀の中にあったので今まで気が
つかないでいました。
イワタバコ【岩煙草】
イワタバコ科の多年草。葉は根際につき
楕円(だえん)状卵形で基部は翼のある
柄となり、表面は光沢があってしわがよる
冬は葉が丸まって球となり越冬する
花茎は長さ10〜30cm。6〜8月、散形花序を
つくり紅紫色の花を横向きに開く
花冠は深く5裂し、裂片は反り返る
丘陵帯から山地帯の日陰や湿った岩壁に生え
福島県以西の本州四国、九州に分布する。
名は、岩場に生え、葉がタバコの葉に
似るのでいう
イワタバコ
少し早いようで白い蕾が沢山ある。
昨年は6月10日に来ているのであと
1週間から10日位してからの方が
いいのかもしれない。
イワタバコ
この東慶寺ほどそばで沢山の
イワタバコを見られる所は他に
ないだろうと思います。
花菖蒲
結婚式が行われていました。お幸せに!!
アジサイも色々な色の花がありとても美しいです。
ことにブルーがとても印象に残りました。
【明月院】のアジサイはブルーで統一されていますが
【明月院ブルー】と言われているそうです。
東慶寺でイワタバコの写真を撮っている時、同じように一眼レフのカメラでイワタバコの
写真を撮っている女性がいらっしゃった。なんとなく声をかけてお話をする。
八重のドクダミの話やイワタバコの話をしていったん別れたが、踏切の所でまたお会いしたので
これからどちらに行かれるのかお尋ねすると【明月院】にナツロウバイを見にいらっしゃるとのこと。
見たことがないので是非ご一緒させて下さいとお願いして連れて行っていただいた。
何本かあるそうですが良く陽のあたる所はもう終わっていました。でも2本の木は終わりかけて
いましたが花をつけていました。素通りしていく方が殆どでした。上の方に咲いているので
気を付けてないとわかりません。鎌倉ではここにしかないそうです。
初めてお会いした方にご一緒させて頂き、珍しい花に出会えて幸せで感謝です。
ナツロウバイ(夏蝋梅)
ロウバイ科 ナツロウバイ属
低木 冬期落葉 大きさ
樹高:2〜3m
葉長:12〜20cm
花径:45〜70mm
葉は光沢があり
先の尖った卵形で
全縁で少し波打ち
対生する。
5〜7月頃、中央が
黄色で花弁が
ピンクがかった
白い半八重の花を
咲かせる。花に芳香なし
花後花床が膨らみ
偽果になる。
原産地 中国 日向を好む。
ナツロウバイ(夏蝋梅)
ナツロウバイ(夏蝋梅)
ナツロウバイの写真を撮って明月院でお別れしました。
帰りにお昼もとっくに過ぎているので、その通りにあるお店で食事をすることにしました。
いつもは混んでいるのですがまだアジサイには早いのでお店は空いていました。
若い女性と同時に入ったのですが、名古屋からいらっしゃったということで少しお話を
しました。お母様と伯母さまをお連れしているということでした。京都より鎌倉の方が
好きだということでしたが、良い旅が出来ることを願っています。
食後は【あじさいの小路】と言うところで沢山のアジサイをみて駅のそばの【円覚寺】
寄ってみることにしました。ちょっと左にそれて山野草を見ることにしました。
ここでも珍しい花に出会うことが出来ました。
サラサウツギ
アブチロン
ミツバシモツケ
イワガラミ
オオヤマレンゲ
ハナイカダ
キバナノニオイロウバイ
白いアザミ
マツヨイグサ
クレマチス
トキソウ
ツレサギソウ
今日はいろいろ珍しいお花に出会うことが出来ました。
お花をきっかけに新しい人との出会いもありとても嬉しく思います。
【東慶寺】で【イワガラミ】の特別公開があるということを知りました。
是非行きたいと思っております。
6月1日から14日(日)までで平日は11時から12時・午後は1時から2時
土日は午後3時から4時まで
昨年までは平日だけでしたが今年は土日も見ることが出来るそうです。
ロウバイにはほかに黒花蝋梅があるそうです。これもまた楽しみが一つ
増えました。ますます鎌倉は良いところだと思います。

ホームへ   ハイキングのページへ