安達太良連峰の最高峰
鬼面山(1482m)・箕輪山(1728m)
2008年10月13日(月)晴れ
アミューズトラベルバスツアーにて(18名)
 
  

 

 Niさんから安達太良連峰の山に行きませんかと連絡を受けて、予定も
 なかったので行ってみることにした。「アミューズトラベル」と言うのは
 初めてだったのでどんなツアーかなと不安と期待を持って参加する。
 人数が15名からと言うのが少なくて気に入った点である。いつも浅草会で
 参加するクラブツーリズムは40数名という団体なので多すぎる。集合場所も
 初めてなので早めに到着するよう電車に乗る。
 今年の紅葉はどうだろうか?昨年安達太良山に行った時は紅葉が素晴らしく
 美しかったので皆で感激した。

「交 通」 JR市川駅5:50発→お茶の水(乗換)6:12着 6:15発→新宿6:30着(西口安田生命ビル前集合)

「コース」  新宿発7:00→安達太良登山口11:35発→鬼面山・新野地温泉分岐11:51→鬼面山12:30 12:42発→箕輪山13:58着 14:15発→
          安達太良連峰横向登山口15:44着→横向温泉15:53着 16:41発→新宿→市川23:37着

「Member」 ツアー18名(我メンバーNiさんと私)
          ガイド  和田さん
          添乗員 石原さん・ドライバーは上島さん

 
10:51 野地温泉
11:34 安達太良登山口
時間がないのでバスの中でお昼御飯を食べることにする。時間の都合で最初の
予定と逆コースを登るとのことでバスは野地温泉に到着する。トイレ、準備体操
など済ませ安達太良登山口を出発する。ガイドの和田さんは地元からバスに乗り
こんだ。まだ若い方であるが歩き始めるとゆっくり歩いて下さるので”こんなに
ゆっくりでいいの”と思うほどである。班わけもないので私とNiさんは2番手
3番手を歩く。
11:35 登山口からブナ林へ

紅葉は終わったようなまだのような
感じではある。
静かないいブナ林が続く。
ゆっくりと歩いて下さるのでとても
楽で本当にこんなゆっくりで大丈夫
なのと思うほどだ。でも最初はゆっく
りでだんだん早くなるのかなと思って
いたが終始ゆっくりペースであった。
 
11:47 紅葉
11:51 新野地温泉への分岐
12:05 磐梯山
12:09 登山道
12:27 石ゴロゴロの登山道
12:30 鬼面山に到着 1482m
鬼面山で記念撮影 1482m
ガイドの和田さん、添乗員の石原さんにも
入って頂いて記念写真。ツアーの方に撮って
頂いた。空は青くとても気持ちの良い山頂だ。
山頂より磐梯山・湖
紅葉>
紅葉は期待したほどではなかったけれど、まぁまぁの紅葉だった。
どうしても昨年の安達太良山の紅葉と比較してしまう。
12:44 エゾリンドウ
登山道には沢山エゾリンドウが
紫の花を開いている。
日当たりの良い所は蕾ではなく
開いている。ガイドの和田さんと
花の話をしながら歩く。
先日、高尾でエイザンスミレが
咲いていた話など。
13:03 登山道
13:11 岩の登山道
13:14 笹と紅葉の登山道
13:43 笹で覆われた登山道
登山道は荒れていて深い溝になっていたりかなり滑りやすい
登山道である。また、段差も大きく歩きにくい。でも皆遅れる
事もなく「足がそろっているね」とガイドさんは見ているようだ。
  
14:01 鉄山
紅葉
    14:06 箕輪山山頂 1728m
山頂には岩がいくつもある 登りたくなるのかな?
山頂より猪苗代湖が見える
14:25 下山道
  14:40 ナナカマドが真っ赤で美しい       14:45 シラビソ林へ
14:54 スキー場へと下りてきた 14:56 振り返ると今登ってきた箕輪山
      15:08 紅葉のブナ       15:17 再びブナ林へ
15:44 安達太良登山口に到着。
ガイドの和田さんは一人一人握手で
迎えて下さる。みんな無事に下山
することが出来て良い山行だった。
天気もよく紅葉もそこそこ良く
温かい一日であった。
15:53 横向温泉
入浴時間は40分しかないので私は
入らないことにする。忙しすぎて
ゆっくり出来ない。それほど汗も
かかなかったのでビールを飲んで
待つことにした。
アミューズトラベルツアーに参加して人数が少ないツアーでよかったと思う。
ツアーはどうしても嫌われてしまうので少ないに越したことはない。
今回はほとんど2番手を歩かせてもらうことが出来て良かったと思う。

ホームへ  ハイキングのページへ