川 苔 山 1364m
                2006年3月12日 (日) 曇り

             2月に行く予定だった川苔山が、雨の為延期になって
             いました。今回も夜になって雨という予報なので多分大丈夫
             だろうと言うことで出かける事になりました。
             立川8:05集合だったのですが、電車で寝過ごしてしまい
             気がついたら電車は発車していて、さぁ、どうしよう?
             とりあえず携帯で連絡して豊田で下車し、立川まで引き返す事に
             したけれど、ホリデー快速奥多摩1号は間に合わず8:15発の電車
             に飛び乗った。最初から波乱含みのスタートとなりました。
             川苔山は2001年11月と2003年10月に行っているけれど
             いつも川乗橋→竜王橋→細倉橋→百尋ノ滝のコースだったので
             今回Hさんが計画してくれたのは始めてのコースなので楽しみです。

  【 交 通 】 市川6:45発→御茶ノ水乗換7:07着7:09発→立川7:57着(予定通りならば)
         立川8:15発→→鳩ノ巣9:27着
  【Menber】 Hさん Dさん Mさん Aさん と私の5名

  【 コース 】 約6時間30分





9:35発

11分






9:46

37分

8分休憩






10:23
10:31

1時間

5分休憩




11:31
12:36

15分





12:51

8分






12:59



15分

28分昼食





13:14
13:42


1時間40分






15:22


43分





16:05着
鳩ノ巣駅 9:35出発

  標高306mの小さな駅である。駅の正面には
  葬祭場があり、その隣には飲み屋さんが2軒
  並んである。トイレも駅の横にあるので済ま
  せておきたい。駅を背にして右に向かって行
  き踏切を渡る。川苔山は1364mだから1000m
  登る事になる。ヘルメットをかぶった男性達
  は左に向かって行った。
9:41 舗装道路を登る
  歩き始めたばかりで結構きつい
  坂を登るのは一山越えた位に
  感じる。突き当りを左折すると
  登山口入口である。   
   9:49 登山道へ
   金網で策をしている細い登山道に
   入り、まもなく植林の登山道へと
   進んでいく。植林の道を抜けると
   明るい片側が畑になっている道
   へと出る。やはり鹿よけのネット
   なのでしょう。  
10:23 大根山の神
  小さな祠が祭られている。
  さっそく今日の無事の
  登山を祈願して手を合わす。
  祠のすぐ上は駐車場になって
  いて広場があるが今日は1台も
  駐車していない。少し休憩を
  とる。
10:31 大根山の神出発
  広場の所には登山道入口が
  あるが、結構急登である。
  ここで2ルートあり我々は
  この急登を登る事にする。
  下を見ると道があり2つの
  ルートがあることが分かる。   
  
10:45 植林の登山道
 ここより1分ほど先に大ダワ・川乗山、
 コブタカ山・大仁田山の分岐があり我々は
 大ダワ・川乗山へと向かう。
  11:03 明るい丘に出る
  雑木林に出て白樺の木も見られる。
  花をつけた木は全然見られない。   
  
11:09 案内板
 この先工事中であることを示した案内板が
 あり行ってみるとロープが張ってあった。
  11:15 片側が谷になった登山道
  細い登山道を注意して先に進む。   
11:20 苔むした岩
 この辺りは岩に苔がついて
 なかなか良い雰囲気だ。
 細い道なので谷に落ちないように
 気をつけて進む。
11:30 急登を登る
  コブタカ山・本仁田山、舟井戸・川乗山
  鳩の巣駅の分岐に出会う。
  「何だ、こりゃぁ、この急登を登るの?」
  上を見ると相当急な上り坂である。
  この写真では急坂の感じが出ていない
  のが残念ですが・・・・・・   
11:42 急坂の上の方を行く

  見上げるとかなり急な傾斜である。
  岩もゴロゴロとしている。   
       
11:55 平らな道
  急登を登りきると平らな
  道に出てほっとする。    
11:57 岩を登る
  ほっとしたのもつかの間
  またまた急な登りで岩が
  あり三点確保で登る  
11:59

  この辺りはなかなか楽をさせて
  くれない。振り向けば大岳山が
  見えている。がのんびり眺めて
  いるような状態ではない。
  急な登りなのだから。   
12:05 ホット一息
  やっと急登の岩を登りきると
  緩やかな道に出た。
  靴の紐を締めなおし
  下りに掛かる   
12:12 再び岩を登る
 下ったと思うとすぐ又登り
 が待っている。またまた岩を
 登る。   
12:30 鳩ノ巣駅への分岐
    枯葉の上を下るのだが山道は雪が解けて
    ぐちゃぐちゃで滑ってしまいそう。
    雪がまだ残っている。
  12:32 川苔山が見えている
    木々の間から山頂がみえる。
    もうすぐだ。12:37頃水場と
    赤杭山の分岐に差し掛かる。   
12:46 山頂直下
    ここもなかなかの急登である。
    少しMさんが遅れ気味になって
    きている。
  12:51 小屋
    やっと小屋が見えてきた。
    百尋ノ滝から来た時とは
    小屋の位置が違う事に気がつく
    小屋の周りには雪が残っている。
12:59 山頂
 山頂では中学生位の
 男の子達や数人の
 グループが休んでいる。
 天候が不順なこともあるのか
 余り人は多くない。

13:04 山頂にて 1364m
 Mさんが小屋で待って
 いると言うことで
 記念写真を撮り
 山々をカメラに収めて
 すぐ下山する事にする。
 急登を登ってきて足に
 きたらしい。もう少し
 なのに残念だ。でも無理
 をしないのも大事だ
 
御岳
大岳山 1266.9m
 
御前山  1045m
三頭山 1531m
三ツドッケ 1576m
  初めて聞く名前です。
  御前山や三頭山より少し
  離れて雲取山(雲の中)
  そして三ツドッケが
  見ることが出来たが
  残念ながら富士山は
  全然見えませんでした   
 
13:36 古里駅への分岐  1045m
13:42 鳩ノ巣駅へ下る
              山頂では写真を撮り早々に小屋まで下りてきました。
              Mさんは昼食をとっていました。我々も食事にします。
              食事が終わった頃10人余りのパーテイーが百尋ノ滝の方から
              登ってきました。雪があったとかでアイゼンをつけていました。
              ザックを小屋の前に置いて山頂へと登っていきました。
              数人の女性は残っていました。
              最初「赤杭尾根」を下る予定でしたが、Mさんの足が心配なので鳩ノ巣に
              下る事にしました。
     
13:53 鳩ノ巣への分岐
    雪が少し残っています。
    直進すると急登の登山道に
    戻ります。鳩ノ巣へは左へ
    進みます。
  14:15 露岩の下り
    岩がゴロゴロしていて歩きにくい道です。
    植林されたくらい道を黙々と駅に向かいます。
14:50 苔むした岩
    今度は下りなので来たときとは逆に
    岩を見ながら下ります。
  
    15:22に大根ノ山の神を通過し岩のゴロゴロ
    した道を下ります。
16:05 鳩ノ巣駅に到着
  やっと駅に到着し、トイレも
  大急ぎで済まし電車に飛び乗り
  ホットしました。
  Hさんはここを登ったときは
  雪が深いときだったので今日の
  大変さはなかったようです。
  立川で下車して、反省会で盛り上がり
  次の山行きを約束して帰路に着きました。   

ホームへ  ハイキングのページへ