笠 取 山 1953m
                 2005年11月12日(土)晴れ

            クラブツーリズムバスツアーにて(22名)

               昨日降った雨はあがりだんだん青空が見えるようになって来た。
               予定通り小さ目のバスは出発して勝沼をおり作場平へ到着する。
「コース」 新宿発7:15→中央道→勝沼→作場平10:32→ヤブ沢ルート→笠取小屋12:24→
       笠取山13:30→水神社14:13→中島川橋15:45→作場平→大菩薩の湯(入浴)→中央道→新宿
「Member」 ツアー22名・男性10名・女性12名(我がメンバーは4名)
         講師 恩田先生・添乗員は篤(とく)さん・ドライバーは滝さん
   
笠取山から大菩薩を望む
 
10:32 作場平到着

アプローチがよくないのでツアーでない場合は
塩山からタクシーで作場平まで行かなければ
なりませんので今回のようにツアーが便利です。
塩山から裂石を通り柳沢峠を過ぎて作場平に
到着する。トイレがあります。
車で来た若者が数人集まっている。
朝自宅を出るときは雨が降っていたので
ザックカバーをかけ傘をさして出てきたが
雨もあがり、ザックカバーは不必要となった。
昨日の雨で道が悪いと思いスパッツはつける。
いつものように体操をして出発する。
先ずは1班になった我々が先頭で出発だ。   
 
10:52 落ち葉を踏みしめ
 道幅は広く緩やかな登山道を
 進んでいく。
 カラマツの紅葉にはは少し
 遅かったようだ
11:05 小さな橋

橋を渡り進む
もう終わりかけた
カラマツが上の方
だけ葉をつけている
足元はカラマツの
葉が落ちていて足に
とても心地よい。
11:20カラマツ→
上のほうだけ葉が
残ってました。    
  
11:32
一休坂分岐

少し休憩して
ミズナラの林の
中をすすむ。
登山道はとても
歩きやすい。
12:05 小さな沢沿い

  
 
12:22 熊笹
もうすぐ笠取小屋
12:24 到着
小屋の横には
テントが2張り
ここで昼食
少し風がある
トイレもある  
  
12:49 出発 恩田先生と添乗員の篤さん
雁峠分岐
                            13:02 分水嶺
                    富士川・多摩川・荒川と書かれた三角の碑があります
12:13 笠取山
分水嶺から少し行くと真正面に
笠取山が見えてきました。
ゆっくりと急登をジグザグに
登っていきます。
思ったほど時間も掛からず
山頂に到着しました。
20分ほどで頂上に到着です。
山頂は岩がゴロゴロしています。
13:30 山梨県側笠取山頂上
13:35 埼玉県側笠取山頂上
                      登ってくると先ず山梨県側の頂上に到着します。
                      写真を撮ってすぐ埼玉県側の頂上に移動します。
                      岩を注意しながら(三点確保)移動しますが、とても
                      狭いので交替で写真を撮ったらすぐ次の人に場所を譲り
                      元の山梨県側の山頂に戻ります。
 
笠取山山頂より大菩薩を望む
 三角形の美しい姿をしています。
 講師の山の説明がないのが残念でした。
 Waさんより乾徳山ではなく大菩薩
 とのメールを頂きましたので訂正
 します。
笠取山をバックに記念写真
     
14:13 水干

多摩川の源流で東京湾まで
138kmの地点とのことです。
水は流れてはいませんでした。
この上には水神社と彫られた
碑があります。
14:14 富士山

後から篤さんが富士山が見えてるよ
の声に後を振り向くと富士山の
素晴らしい姿が見えていました。
 
15:11
落ち葉を
踏んで下山


15:45
中島川口
登山口

                今日の登山は初めから終りまでとても歩きやすい登山道でした。
                バスに乗り塩山まで下り大菩薩の湯で汗を流しました。
                大菩薩の湯は丸川荘から下りてくると必ず立ち寄って汗を流しました。
                このところ丸川荘にもご無沙汰なので行きたいと思っています。
                足に優しい登山道をゆっくりしたペースで歩き楽しい一日でした。

ホームへ   ハイキングのページへ