鹿 俣 山(かのまたやま) 1637m  2003年5月24日(土)晴れ

バスツアーにて(近畿日本ツーリスト)



【ワンポイントガイド】
                群馬県北部 武尊山南西の標高1200m〜1600mの丘陵地に広がる玉原高原は、
                ぶなの天然林からなる「ブナ平」「小尾瀬」と呼ばれる「玉原(たんばら)湿原」
                代表される自然の宝庫です。鹿俣山は、この高原の奥に位置するなだらかな山で、
                山頂からは、天気が良いと東に上州武尊の剣ガ峰、南に赤城山、子持山、榛名山
                上州三峰山、西に谷川連峰などを楽しむことが出来るとあります。
                残念なことに温度が高いため、霞んで見ることが出来ませんでした。
                
【コース】
         新宿(バスにて出発)7:15→関越道→沼田I.C→
         センターハウス→玉原湿原→ブナ平分岐→鹿俣山(1637m)→
         鹿俣山分岐→センターハウス→白沢高原温泉(入浴)→関越道→新宿

                【場  所】  群馬県

【参加人数】  44名(我々グループは5名)と講師の加藤先生と添乗員の富山さん

                  関越道を沼田インターで下りセンターハウスまで行く間には
                  新緑がとても綺麗でニセアカシヤの花が咲き、ホウノキの花も所々に咲き
                  ミズキの花がバスの窓から見られました。
10:00 到着 1100m
  バス終点です。ずいぶん登って
  来ました。そこには大きな看板があり
  その後ろはセンターハウスです
これから準備運動をして登り始めます。 10:11
歩き始めて5分くらいの所に
ぶなのわきみずがあります。
綺麗な道案内の看板があります 10:22
いよいよ玉原湿原へと入ります 10:24
水芭蕉がまだ残っていました 10:26
葉が大きくなっています
ショウジョウバカマ
湿原の中にありましたが
まだ少し早いようでした
←湿原の中の木道を
一列に並んで
46名が進みますので
他の方達には大変
ご迷惑かと思いますが
お許し願いたいと思います


こぶしに似た花が→
あちこちに咲いています。
ハンカチを木に結んでいる
ようにも見えます
ふもとに咲いているこぶしとは
少し違うようです
タムシバかと思いますが
ご存知の方がいらっしゃい
ましたら教えてください


                    ブナの林を気持ちよく歩いていると親子連れや
                    ウォーキングを楽しむ方々に沢山出会いました。
                    平坦な道ですので森林浴を楽しむには本当に良い所です。
                    この新緑の頃は最高だと思いました。
                    
10:57 ここで一休みです 1302m
11:14 ブナ地蔵
ぶなの林道の中にお地蔵さんの
形をした木があります
    
  11:17 鹿俣山に向けて班に分かれて進みます
      班は9名が一組です
  ここからは熊笹が生い茂り背の小さな私は
  ちょうど顔の辺りに笹が当たる状態でした。    
エンレイソウ
  花の中心部分です。沢山ありました。
  まだ少し早いようで花も出ていない
  のが沢山山道にあります
スミレが咲いていますが、何スミレでしょうか?
とても綺麗な色をしています
ミヤマスミレかと思うのですが?
サンカヨウ
まだ蕾で白い花は咲いていません
  11:48

  いよいよ先生を先頭に頂上に向けて登ります。
  冬はスキー場になっているらしく
  ゴンドラが人待ち顔をして下がっています
  その下を斜めに横切って登っていきます。
11:57
  予定より30分早く到着です。 残雪がありました。 途中でも所々小さいのがありました。 ここで昼食です。 弁当付きのツアーですので皆で思い思いの場所を 確保してお弁当を頂きます。
残雪
昼食風景
弁当
13:00 頂上到着 1637m

    先生が一人一人握手で「お疲れ様」と
    労をねぎらって下さいます。
    頂上は狭くて46名が集まると一杯です。
    入れ替わり立ち替わり記念撮影ですが、
    添乗員の富山さんもカメラの
    シャッターを押すのに大忙しです。
    霞んでいて遠くの山は見えません。
    玉原湖もうっすらとしか見えませんでした。
    頂上のオオカメノキはまだ蕾の状態でした。

    添乗員の富山さんを中心にメンバーと記念撮影
頂上のオオカメノキ
キクザキイチゲ
マイズルソウ


                 頂上は狭いので記念撮影がすむとお弁当を食べた所まで
                 下山することにしました。
                 キクザキイチゲを撮影した直後に、「同じデジカメですね」と
                 声を掛けられました。私のカメラは《ニコンCOOLPX5700》です。
                 そしてカメラの話をしながら下山となりました。
                 これもまた、楽しいひと時です。
沢山咲いていたオオカメノキです
白い花びらが清楚で大変気に入りました。
この花は初めてみることが出来ました、
新緑が素晴らしく
とても綺麗な色に思わず
カメラにおさめました
                 
   ツアー最後の工程の温泉です。15:30
   白沢高原温泉 望郷の湯
   露天風呂から望む眺望は
   素晴らしい物です。
   露天風呂に洗い場があり
   お湯も豊富でした
  泉質はアルカリ性単純温泉
    ぬるぬるとしたお湯でした
  適応症
    神経痛・筋肉痛・関節痛・
    慢性消化器病・冷え性・痔病
    運動麻痺・慢性婦人病など
   温泉から出てくつろぐメンバー
   何しろこれが楽しみで来ている
   ような物なのです。
   歩いて温泉に入りその後飲むこの
   ビールの美味しいこと!!


                       新緑の綺麗なブナ林を一日歩けたことは幸せでした。
                       人里では今が盛りと綺麗なつつじが満開でした。
                       温度の差を感じた一日でした。
                       ツアーに参加して知らない方とお話できることも
                       一つの喜びでもあります。
                       そして又何時の日かめぐり合える事もあることを期待して
                       このページを閉じます。
                 

 

ホームへ   ハイキングのページへ