丹沢 鐘ヶ岳 561m
                   2005年12月18日 (日) 晴れ


【交 通】
   市川7:21発→御茶ノ水乗換→新宿7:11発→小田急本厚木8:11着(新宿から大山フリーパス)
【Menber】 Haさん・Kaさん・Aさん・私の4名>
【 コース 】  本厚木駅→神奈川中央バス(上谷戸行き)9:40発→広沢寺温泉下車→
        鐘ヶ岳入口11:29→鐘ヶ岳12:08→鐘ヶ岳出発12:52→浅間神社12:55→
        広沢寺温泉14:10→本厚木

フリーパス

  Haさんが友人と行くと言うので仲間に
  入れて頂き集合場所の本厚木で合流して
  初対面の挨拶を交わした。
  皆さん山の会に入って活躍されている方であった。
  大山フリーパスを新宿で購入する。
  3種類くらいあるらしいので切符売り場で
  行き場所を行って相談する。
  バスにも使えるので非常に便利だ。
  1480円で購入する。
10:29 鐘ヶ岳

  バスを下りるとスーパーマーケットがある。
  買い物をしてトイレを拝借して身支度を
  整える。風が吹いていて寒い。
  今日の予報は風が強く吹いて寒いと言うことだ。
  スーパーの反対側に広沢寺・鐘ヶ嶽の案内板が
  あるので矢印の方向に向かって進む。
  まもなくこれから登る鐘ヶ岳が見えてくる。
10:46 セキレイ

  白と黒の小鳥が遊んでいる。
  尻尾を上下に振っているので
  セキレイなのだろう。
  遠くから望遠で撮ってみる。
  近づいていくと逃げてしまった。
10:51 分岐を下の道を進む

  七澤川にか掛かる橋を渡ると沢山の
  車が止まっている駐車場がある。
  広沢寺の岩をやる人達の車だろう。
  一度連れてきて頂いたことがある。
  舗装された車道を下の道を行く。
  まもなく左に愛宕社の階段がある。
  そしてこの分岐に出会う。
11:13 水場

  前方からバスで一緒だった女性が戻ってくる。
  不思議に思って先に進むと車が4〜5台ほど
  止っている。見ると勢い良く水が出ている。
  飲んでみようかと思っていたが、車が何台
  もとまっているので諦めて行く事にする。
  皆車で汲みに来るらしい。先ほどの女性も
  ペットボトルに何本も汲みに来たようだ。
11:29 登山道入口

  山ノ神隧道の入口で、簡易トイレがある。
  鐘ヶ嶽40分と書かれた道標がある。
11:30 登山道を登り始める

  登り口は小石のゴロゴロした細い道を登る。
  すると砂地の急登となる。
11:32 クサリ場

  いきなりクサリ場に取り付く。
  少し行くとクサリが無くなりほっとするが
  又クサリが続き暫くはクサリを頼りに進む
  事になる。結構急登である。
11:53 急登

  植林の道を登っていくと数字の書かれた道標が
  立っている。13,12,11と言うように数字が書かれている。
12:08 鐘ヶ岳山頂 561m

  数字の道標は10となっている。
  道標は端の方に立っているので回りこまないと
  山頂であることが確認できない。
  山頂は平らになっていて2体の石造が立っている。
  5〜6人の男性のグループが休憩をしている。
  木に囲まれているので展望はなくベンチも見当たらない。
  木に腰掛けて昼食にする事にする。
  その間に2〜3人ほどの人が登ってきた。
12:51 鐘ヶ岳山頂 561m

  食事も終わり出発前に皆で記念写真におさまる。
  バスを下りたところは風が強かったけれど山の
  中は穏やかで寒くもなくお昼をとる事が出来た。
  男性軍もまもなく下山して行った。
12:55 七沢浅間神社

  下り始めてまもなく神社が見えてくる。
  鳥居をくぐると9と書かれた柱がある。
  この先は・・丁目と石柱に刻まれた
  のが出てくる。
13:24 

   道標の”7”を過ぎて少し行くと新宿
 の町、横浜の町などが見渡すことが出来る。
13:32 

   石柱拾五丁目を過ぎたところに
 優しいお顔をした仏様がたっている。
13:36 上杉公内室の墓3分

   と言う道標がたっている。
 今回は見送る事にして下山を急ぐ。
13:42 八幡大菩薩九丁目 

   石柱の上に仏様が刻まれている。
 ここを過ぎるとヤセ尾根を通り
 次々に現われる仏様を見ながら
 緩やかなアップダウンを下る。
13:51 

   四丁目と刻まれた石柱を通過し
 杉や桧の植林された登山道で素晴らしい
 光景に出会った。
 光によって杉・桧の辺りがグリーンに
 輝いて思わず感嘆の声が上がった。
13:54 浅間神社の鳥居をくぐる

   鐘ヶ岳(標高561m)の名は古くから知られ、
 浅間山とも呼ばれている。
 昔、竜宮から鐘をこの山に収めたという伝説や、
 戦国時代に上杉定正の居城となった七沢城への
 合図の為の鐘が置かれたとも言われている。
 鐘ヶ岳山頂付近に七沢浅間神社が建立されている。
 上杉定正が心からこの神社を崇敬し社殿の造営を
 行ったと言うことです。
 祭神は「木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)
 大山祇命(おおやまずみのみこと)
 誉田別命(ほんだわけのみこと)の三柱が祀られている
 七沢浅間神社は古来から、養蚕、子宝、安産の神として
 信仰された。明治6年(1,873)この浅間神社に旧七沢村の
 鎮守であった八幡宮と日枝神社を合祀して「七沢神社」
 と改め「村神」となった。  
13:56 浅間神社の階段

   階段を下りると「ツキノワグマに注意」
 という立て看板がある。
 「万一熊に遭遇したら刺激しないように
 逃げましょう」と書かれている。
 今、熊は民家まで出てくるようになった
 ということだ。
 「鐘ヶ岳ハイキングコース・浅間神社へ(鳥居場)」
 と書かれた道標の数字はNo.1となっている。
 こちらから登る人が多いのだろう。
 途中でであった外人の人は我々のルートより
 逆のほうが楽だと言っていた。
 
14:03 バス停

   民家を抜けていくと「せんげん道」と刻まれた石柱が
 見える。この道は鐘ヶ岳山頂手前にある七沢浅間神社の
 参道ともなっています。そこから歩きトイレを借りた
 スーパーマーケットまで戻り、バスで本厚木駅に向かった。  

ホームへ  ハイキングのページへ