2003年 初詣 高尾山薬王院から景信山へ その2
  2003年1月12日(日) 晴れ



参拝客で賑わう薬王院 8時40分


             
  ←まもなく行くと面白い形をした杉の木があります
   「たこ杉」です。
   高さ 37m 目通り幹囲約6m 樹齢 約450年
   昭和39年7月23日 天然記念物に指定
   「昔 参道開さくの際、盤根がわだかまって工事の
   邪魔になるので伐採しようとしたら、一夜にして根が
   後方に曲折した」との伝説とその根が「たこの足」に
    似ているところから呼ばれるようになったものである
   とある。
                9:42
  高尾山薬王院浄心門 →
  自然研究路の3号路と4号路が分岐する
                    9:44
  ←高尾山薬王院浄心門を右に進路をとると
  感じの良い道に出ます。
  高尾山薬王院浄心門左に行くと
  108段の急な石段のようです。
       9:48                           
  大きな杉の木が立ち並ぶ道を行くと薬王院の山門です。
  
                 9:08
  ←山門の反対側には天狗の面やお土産を
   売っている店があります。
             9:55
  ←薬王院は奈良時代に創建され聖武天皇の
   勅願所として、行其が薬師如来を彫って
   安置したのが起源と言われているそうです。
   以来1200年の間、法灯の絶えた時がないとの事。
   
         10:08
                 
  次々と階段を登って最後のお参りをして
  進んでいくと高尾山頂上に着きます。
  沢山の人があちらこちらとお弁当を
  食べていたり話に夢中の人たちで
  賑わっています。
  ここからの富士山は見事に綺麗です。
  南高尾に行くと言ってたMさんに
  ここで偶然会うことが出来ました。
  十三州大見晴台(13の国が見えるという意味)
  と記された大きな柱が立っている
              599m   10:20
  高尾山頂上で富士山を眺めて →
  20分ほど進むと←高尾山0.9K 一丁平0.6K
  と記された道標が立っています。
  凍った道を滑らないように注意しながら
  一丁平を目指します。
  高尾山頂上から降りた所でシモバシラの華を
  探している人たちが居ました。
  今年は雪が早かったので見ることが出来ませんでした。
  そしてこの雪では残念ですが無理です。
                 10:45
  
← 一丁平に到着です。
  今日はとても暖かく風もないので陽だまりで
  お弁当を食べている人たちも居ます。
  トイレもありますの。
          10:57
  一丁平を後にして進むと又
  ←城山近道 小仏城山→道標があります。→
  城山は行かないで小仏を目指します。   
                    11:14
  

 

ホームへ   景信山のページへ  景信山その3のページへ  ハイキングのページへ