2010年初登り・シモバシラの華
2010年1月3日(日)晴れ  

 4日から会社なので一人で景信山に行こうかと思っていたがHagiさんから別件でメールが
 あり一緒に行く事になった。高尾駅9時に待ち合わせしたが横浜線が人身事故で遅れると
 メールが来た。先に行ってとのことだったが30分ほど待って見ることにする。
 それほど遅れることもなく来られたので次のバスで小仏バス停まで行く事になった。

「交  通」  JR市川駅7:37発→お茶の水(乗換)7:59着 8:02発(中央快速八王子行き)→
          新宿8:12着 8:14発(ホリデー快速河口湖1号)→高尾駅8:59着

「Menber」 Hagiさんと私の2名
10:04 スミレ
小仏バス停から歩き始めて間もなく1月だと言うのにもうスミレが咲いている。
日当たりが良いので早めに出てきたのだろう。
今日も暖かいので上着は着なくてよさそうだ。
11:06 景信山に到着
今日も林道コースを登る。やはりシモバシラは見当たらなかった。
景信山に着いて青木さんや七輪会の人に新年の挨拶をする。
七輪会は1日に来たので今日は来ないとのことで少々淋しい。
さすが今日はお客さんも少なくて静かである。
後から登ってきた人がビール瓶くらいの大きいシモバシラがあったと
知らせて下さったので、帰りのルートを決めてなかったがここで決定。
暮れにも思いがけないところにあることを知らせて下さった方だ。
13:25 シモバシラの華
景信山を出て一丁平へと下ることにする。その途中でシモバシラを見る予定だ。
教えられた場所には確かに登山道からも見ることが出来た。
さっそく登山道をそれて下っていくと大きなシモバシラの華があった。
今まで見てきたシモバシラよりはるかに大きい。でもそこまで行くのにバラの
木があったりするのでとげが刺さったり傷だらけになりながら行ってみる。
リンドウ
このシモバシラの華は比較的に楽な場所にあった。
でも先日あった場所にはなかったり小さくなっていたりしていた。
シモバシラの華
ビール瓶位のシモバシラ
初めてこんな大きなのを見る。木の陰になっているので
まだ解けないでいてくれた
13:49 登山道よりシモバシラがはっきり見える
シモバシラがある場所がわかっていれば遠く登山道からも見ることが
出来る。そのくらい大きなシモバシラであった。
13:53 キジョランの毛
秋から初頭に掛けて緑色をしたキジョランの葉があるところでは
よく観察していたのだが、キジョランを見ることが出来なかった。
どこから飛んできたのだろうか?抜けて飛んできたようだ。
14:52 キジョランの抜け殻
いつもここを通るときは注意して通っているが昨年は見ることが出来なかった。
もう毛が飛んでいってしまって何もない状態になっていた。
今年は見られるようにと願うばかりだ。
今日はまだ高尾のあさかわはやってないのでまっすぐ帰ることにする。

ホームへ   ハイキングのページへ