景信山(727m)
6号路〜小仏峠〜景信山〜ヤゴ沢
2020年3月15日(日)曇り・晴れ
 
 今日は6号路のハナネコノメが咲いていると情報をもらったので
 景信山に行こうと思います。
 但し、朝はゆっくりしたいので遅めに自宅を出ることにしました。
 6号路にハナネコノメがあった記憶がほんの少しだけなので半信半疑です。
 6号路はそこそこ人が歩いています。
   「交  通」  自宅7:30→バス7:39発→市川駅8:01発→お茶の水(中央特快高尾行)乗換8:24着8:28発→高尾9:23着
              高尾駅9:32発(京王高尾山口行)→高尾山口9:35着

   「コース」  高尾山口〜6号路〜景信山〜一丁平〜小仏峠〜景信山〜ヤゴ沢コース
   「Menber」 単独 途中女性一人
9:27 高尾山口の駅のホームからお寺の桜が奇麗でした
9:44 高尾山口駅 時間も遅くコロナウイルスもあり人は少ないです
9:51 川の麓にある桜 名前がわかりません
ふっくらしているように見えます 美しいです
高尾山口駅を出てすぐの所の公園のところにある桜が目に留まりました。
早速道草をくいます。
とてもきれいな桜で2人くらい写真を撮っていました。
私も見逃すわけにいかないので早速写真を撮ります。
9:52 川面に向かって咲く桜
9:54 スミレ
9:58 清滝駅 人が少ないです
10:01 フサザクラ(房桜)フサザクラ科(落葉高木)
10:04 お地蔵様に本日の無事を祈って手を合わします 合掌
10:09 6号路の登山口
10:14 ヤマルリソウ まだかたい蕾でした
10:15 登山道
10:20 ハナネコノメ 今年初めて出会えて嬉しいです
10:22 ニリンソウ 陽が差してないので開いていません
10:23 登山道
10:25 分岐 上に行くと6号路・下に行くと琵琶滝
10:26 登山道 琵琶滝の上を通ります
10:29 登山道 親子が登っていきました
10:31 ハナネコノメ(ユキノシタ科)
赤い葯のついたおしべがマッチ棒の様でそれがとても可愛い
これが2番目の群落です。
赤い葯がとても可愛い。遠くから見るとこの赤い葯があまり目立たないので
もう花は終わりかと思ったのですが写真に撮るとちゃんとありました。
最初のハナネコノメは群落というほどではありませんでした。
女性の方二人が花のことをよくご存じだったので「お若いのによくご存じですね」
と声をかけさせていただきました。
「もう20年通ってます」とおっしゃってました。
10:32 ハナネコノメ
10:34 ヨゴレネコノメソウ(汚れ猫の目草)ユキノシタ科
10:38 登山道
10:39 昨日降った雪が橋の両側に積もっています
3番目の群落です。
6号路にもこんなに沢山のハナネコノメがあったことを知りました。
10:44 ハナネコノメ
10:]49 ハナネコノメ
10:49 登山道
10:52 台風19号の爪痕
10:57 登山道 下のほうには雪が残っています
10:57 ヨゴレネコノメソウ
この洞窟のようなところで鳴いているカエルの鳴き声でした。 姿を見せません
11:02 登山道
11:04 大山橋を渡ります
11:04 登山道
11:07 登山道 岩が出ているので気を付けて登りましょう
11:09 登山道
11:10 ユリワサビ この登山道にはとても多いです
11:14 登山道
11:16 ヤマルリソウ(山瑠璃草)ムラサキ科
11:16 ナガバノスミレサイシン(長葉の菫細辛)の多年草
11:212 小さな橋を渡ります 昔は海だったようです
11:24 登山道
11:28 6号路と稲荷山からの道が合流します
11:30 キブシ(木五倍子)キブシ科の雌雄異株の落葉低木
11:31 木道の登山道
11:34 登山道 グチャグチャノ登山道です
11:39 登山道
11:45 分岐 階段を上るもよし・右の真木道を行くも良し
11:47 登山道 雪が多くなってきました 巻き道です
11:50 登山道
11:52 もみじ台をまいて進みます

途中でいろいろ話をしながら歩くようになった女性が景信山まで一緒に行くということで 一人旅が二人旅になりました。
いろいろ話をしながら歩くことになるので楽しい旅になることでしょう。
11:53 登山道 雪が蘂分多くなってきました
11:53 登山道 綿帽子を被ったような素敵な木です
11:56 登山道
12:02 スミレ 寒くてもスミレが頑張って咲いています
12:06 分岐 注意して通れば大丈夫です
12:07 ここも巻き道に進みます 道はグチャグチャです
12:16 登山道
12:20 登山道 もうすぐ一丁平です
12:26 一丁平 パノラマで撮ってみました
12:23 一丁平
12:26 一丁平を出発します
12:28 登山道 展望台は山は見えないのでまいて進みます
12:30 登山道
12:31 登山道
12:32 登山道 振り返ってみました いい雰囲気です
12:36 登山道
12:42 分岐 左上は小仏城山・右は小仏峠方面です
12:42 登山道
12:44 登山道
12:51 登山道から高尾山を望む
12:51 一丁平 春になるとピンク色に染まります
12:52 小仏峠への登山口 絶対入らないでと注意書き
一緒に行く方は少々不安そうです
12:54 崩落場所 いまだに崩落したままです
少し上のほうを歩きます
12:56 もう一か所崩落したところがあります
登山道は細くなっているので注意しなければなりません
12:57 登山道
12:58 登山道
13:03 小仏城山との分岐 小仏方面から来た男性が「そっちは
大丈夫ですか?」と聞くので「ダメです」(笑)ロープが張ってある
13:03 登山道
13:14 茶屋跡に来ました 富士山は見えません
13:20 高速道路はガラガラです 相模湖が見えます
13:21 相模湖プレジャーフォレスト 観覧車が見えます
少しおなかがすいたのでおにぎり1個頂きます
13:32 小仏峠に到着です 狸さんの前の水溜りは池になっています
13:33 お地蔵様に感謝を込めてお祈りします 合掌
13:33 小仏峠の景信山への登山口
13:39 登山道
13:48 登山道
13:51 登山道 ランナーさんの足もグチャグチャです
13:56 登山道
14:12 景信山に到着しました 高尾山口から景信山まで
4時間28分かかりました 悪路と遊びで時間がかかりました
登山道で常連さんと会いました。
「これから行くの?」と言われましたが朝遅く出てきたし悪路だし写真を撮りながら
ゆっくり歩いたので時間がかかってしまいました。
でもいいお友達が出来て楽しい山登りでした。
景信にはいつものようにモモ・カキ・ナッツ・ココ・ナナが出迎えてくれました。
もう時間も遅いので心配したけど火を落としてなくておいしいおうどんが頂けました。
14:26 この時間の景信山は皆さん下山してほとんどいません
13:51 看板犬のモモ
ナナはここが定位置です
カキ・ナッツ・ココ
昨日の雪です 我が家は積もることはありませんでした
風が冷たくなりました 温度です
大きななめこと柚子入りの暖かくておいしいうどんです
ミツマタ
ミツマタ
アセビ(馬酔木)ツツジ科の常緑低木
15:00ミ 景信山を後にします
15:06 分岐 下山はヤゴ沢へ下ります
15:07ミ 登山道
15:10 登山道 雪はありますが少ないです
15:16 登山道
15:25 登山道 ジグザグはここまでです
15:28 登山道 雪はありません
15:30 水場
15:31 登山道
15:37 丸木橋を渡ります 濡れているので滑らないよう注意します
15:38 登山道
15:40 ネコノメソウ(猫の目草)ユキノシタ科の多年草
15:41 二つ目の丸木橋を渡ります
15:45 台風19号の爪痕
15:46 三つ目の丸木橋を渡ります
15:48 四つ目の丸木橋 丸木橋を渡らないで下を通りました
15:52 ナガバノスミレサイシン
15:54 登山口 通行止めになっています 山の神様に感謝して合掌
16:04 アブラチャン(油瀝青)花と枝の間に花柄がある
ダンコウバイはボンボンみたいな花が枝に直に付いている
16:10 セツブンソウ 花は終わり葉(節分の頃です)
16:11 小仏バス停に到着
15:54 フサザクラ バス停の所に沢山あります バス車中より
雪の後の景信山に行けてよかったです。
そして【ハナネコノメ】が6号路にあんなに沢山あることを知りました。
今年はダメかなぁと思っていたので出会えて嬉しかったです。

ホームへ   ハイキングのページへ