景 信 山727m
2008年4月5日(土)晴れ

       お茶の水でトラブルがあったらしく電車がなかなか来ないので快速で
       東京駅まで出て高尾駅へ行くコースをとった。
       高尾駅からバスに乗ろうと思ったが、出た直後だったのでタクシーで
       小仏の登山口まで行き、小仏峠コースを行くことにする。
       登山口を少し入ったところで猿が道路を横断した。
       一人なので群れを作っていたら嫌だなぁと思っているとまた1匹上から
       見下ろしている。でも群れていなかったのでホット胸をなでおろす。
       まだ花も咲いていないのでもくもくと小仏峠へ向かう。
       小仏峠から30分で景信山に到着する。山頂には七輪会の人しか知人は
       いないのでがっかりしていたら、Mさん、Aさんそれに後からIさんが
       やってきた。
       下山は小下沢に下ることになっていろいろ花を楽しんだ。

        「交 通」 JR市川駅→東京駅(乗換)特快)→高尾駅
      「Menber」単独 下りにはAさん、Mさん、Iさん

ミツマタ
景信茶屋に
咲いている
ミツマタが見頃
を迎えていた。
ダンコウバイ

広場の東屋の
ところに咲い
ているがそろ
そろ終わり
かなという
処です。
14:11
ナガバノスミレサイシン

(長葉の菫細辛)
根茎はやや細い
葉は三角状長卵形で
長さ3〜8pで花は
淡紫色から白色で、
直径約2pほど
距は太く短い。
花期 3〜4月
よくみられる場所
1号路、4号路、5号路
南高尾、小下沢
ヨゴレネコノメソウ
(汚れ猫の目)

沢沿いのやや暗い所に
自生する多年草。
萼裂片は直立し、
雄しべは
4〜8個で葯は暗紅色
花期 3〜4月
よくみられる場所は
1号路、日影沢、
小仏川
ハナネコノメ
(花猫の目)

ユキノシタ科の多年草
谷沿いの湿地に生える
葉の鋸葉は3〜7個
萼裂片は円頭
雄しべは長く葯は暗紅色
花期 3〜4月

今年は見てなかったので
少し遅くはあるが見られ
良かった。葯はもう見ら
れなかった。
よくみられる場所
6号路、日影沢、
蛇滝下流
ヤマエンゴサク

(山延胡索)
山野の林内に群生する
多年草。高さ10〜20p
茎頂に青紫色筒形で
長さ1.5〜2.5pの花
花期 4〜5月
アズマイチゲ
落葉樹林内や林縁、
草地などに生える
多年草
高さ15〜20p
茎葉は3個輪生。
花は直径3〜4pほど
萼片は8〜13個
花期 3〜5月
ニリンソウ
(二輪草)

キンポウゲ科
山野の湿った所に
群生する多年草
高さ15〜25p
2pほどの白色の
花をつける。
よく見られる場所
1号路、6号路、
日影沢、小仏川
花期 3月〜4月
ヤマルリソウ
湿り気のある崩れ
そうな斜面に多い。
高さ7〜20pほどの
多年草
花は1pほどの
淡青紫色
花期 4月〜5月
よくみられる場所
1号路、日影沢
カントウミヤマカタバミ
カタバミ科
山地の林の中に
生える
高さ7〜15pの
花茎の先に
5弁の白い花を
横向きに
つける
葉は少し角ばった
ハート形
3つの小葉からなる
花期 3月〜4月
よくみられる場所
4号路、日影沢、
小仏川


景信山も一人で歩いてもどこかで知人に会えるので楽しい。
春の山菜天ぷらも楽しみの一つである。この時期にしか
味わうことのできないものをいただける喜び。
つくしをたくさん採って煮ていただくこともできた。
小下沢に下ってたくさんの花にも出会うことができた
楽しい一日であった。
ホームへ   ハイキングのページへ