景 信 山(727m)
いろは(ヤゴ沢)コース〜景信山〜相模湖コース
2019年5月14日(日)曇り
 

 体調不良が何とかよくなって2度目の景信山への山歩きです。
 今日は本当は一丁平を歩きたかったのですが昨夜の帰宅が遅かったので少し
 朝寝坊をしたかったのでいろは(ヤゴ沢)から入りました。
 相変わらずゆっくり花を探しながら歩きます。
 お昼頃には景信山に着けたらいいなぁと思っています。
 Mabeさんとは景信山山頂で会う事になっています。


   「交  通」  自宅8:20→バス8:43発→市川駅9:00発→お茶の水(乗換)9:21着9:22発(中央快速高尾行)→高尾10:24着
               小仏行バス10:32発→小仏バス停着

   「コース」  小仏バス停〜いろは(ヤゴ沢)コース〜景信山〜相模湖コース

   「Menber」 単独 下りはMabeさん・Aidaさん・Koikeさん・Koyataさんと私の5人

8:24 ブラシノキ フトモモ科ブラシノキ属の常緑小高木
別名, カリステモン・キンポウジュ(金宝樹)・ハナマキ(花槙)・ボトルブラッシュ

  近所の家に毎年綺麗なブラシノキが咲きます。
  いつも楽しみにしているのですが今年は木を随分切って
  カメラを持っていたので2つ先のバスまで歩くので写真を
  撮らせていただきました。
  花期は5〜6月
  オーストラリアが原産です
  わが国へは明治時代の中頃に渡来しました
  初夏と同じような気候になる秋にも花を咲かせます
10:48 小仏バス停
10:50 小仏バス停を出発します
10:54 オドリコソウ(踊子草)シソ科オドリコソウ属の多年草
花笠を被り娘たちの踊り子が大勢で踊る姿が名の由来
10:55 コンロンソウ(崑崙草)アブラナ科タネツケバナ属の多年草
11:01 セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)キンポウゲ科(1年草) 有毒植物
セリのような葉・ツバメが飛んでるような形から付いた名
11:02 アメリカフウロ(亜米利加風露)フウロソウ科フウロソウ属の雑草
北アメリカ原産の帰化植物
11:03 登山道
11:07 ニセアカシア マメ科ハリエンジュ属の落葉 高木
11:07 ニセアカシア
11:10 キリ 先週のようにまだ綺麗でした
11:10 キリをズーミングしてみました
11:19 シラユキゲシ(白雪芥子)ケシ科シラユキゲシ属の耐寒性多年草
11:20 ガクウツギ(額空木)ユキノシタ科アジサイ属の落葉低木
11:20 登山口
11:23 ツボスミレ
11:27 登山道 沢を左に見て歩きます
11:28 登山道
11:31 登山道
11:34 登山道
11:37 登山道
11:42 水場に到着しました 着いたときは水が出ているのか
出ていないのかわかりませんでした
11:42 水がわずかに出ていました
登山口から22分でした・バス停から52分でした
11:44 水場を出発します
11:47 登山道
11:50 登山道 ここからジグザグになります
11:52 ウリノキ(瓜の木)ウリノキ科 大きな葉が瓜の葉に似ていることから
花芽がついてました 楽しみです
11:52 登山道
11:53 フタリシズカ 花を楽しめるのはもう少し先ですね
11:55 登山道
12:00 ミツバウツギ(三葉空木)ミツバウツギ科の落葉低木 葉が3枚
12:02 ホウチャクソウ(宝鐸草)イヌサフラン科 全草有毒 花の形や下垂
する姿がお寺の軒先に吊下げられている鐘形の飾り宝鐸に似ているので
12:03 桑クワ科クワ属の落葉高木
12:03 桑の葉
12:10 破れ傘が花芽が出来ていました
12:12 クモが糸を引いていました
12:14 登山道
12:18 登山道 もうすぐ分岐です
12:19 分岐
12:20 ハナイカダ(花筏)ミズキ科の落葉低木
12:21 ワニグチソウ(鰐口草)ユリ科
12:21 ワニグチソウ 下を向いて咲くので写真に撮りにくい
11:21 ワニグチソウ 手で上に向けてもらいました
12:20 イカリソウ(碇草、錨草)別名:三枝九葉草(さんしくようそう)
12:25 ジュウニヒトエ(十二単)シソ科
花穂に花が重なり合う様子を、平安時代の女官の衣装「十二単」に
たとえたものであるという
12:29 登山道 この先歩きやすく階段状になっています
12:31 展望 登山道
景信山直下の一部登山道が歩きやすく修繕されていました。
そこは雨が降ったりして濡れているととても滑りやすい場所でした。
もう少し滑りやすい所があるのでそこも直してほしかったなぁ。
登山道の女性は一丁平を歩いてこられたというのでどんな花が咲いていたか聞いてみました。
ヤマボウシは咲いていなくてホウノキの花はもう終わりかけていたと言う事でした。
12:31 展望
12:32 展望 城山方面
12:32 相模湖方面
12:32 景信山に到着しました 登山口から1時間12分でした
小仏バス停から景信山まで1時間42分でした
12:32 道標 新しい道標になっていました
13:25 本日の景信山の温度
13:28 景信山の山頂です ここも少し変化していました
13:29 ヤマボウシの花が咲いているかと来てみたのですが
全然見当たらずミズキが咲いていました
13:32 ホウチャクソウが沢山ありました
13:36 春山 少し緑が濃くなりましたが緑が美しいです
13:55 下山します
14:01 江の島が見えると言う事で大体この辺かなと思って撮ってみました
14:02 登山道
14:04 登山道 滑らないように気を付けて
14:06 5mm位小さなスミレでした 若い女性に花を説明
下りにあまりにも小さなスミレがあったので写真を撮っていたら若い女性が何かと聞いたので
タチツボスミレとお教えしました。
ただ歩くだけでなく花を見つけながら歩くと楽しいですよと声をかけておきました。
私はこの場所でしか見られない花や動植物を見ながら歩くのが好きです。
だから採って行かれるとこの場所に来れば見られたのに無いとがっかりします。
その若い女性たちは花の事は知らないようでしたので【イカリソウ】や【ジュウニヒトエ】などが
咲いていたので説明することが出来ました。
14:14 登山道 小仏峠方面へ進みます
14:16 ギンラン(銀蘭)ラン科キンラン属の地生の多年草
会えてうれしかったです
14:17 チゴユリ(稚児百合)イヌサフラン科 花期は4?6月
14:18 登山道
14:21 登山道
14:26 登山道
14:26 登山道
14:27 ジュウニヒトエ
先を歩くMabeさんから3つ並んで綺麗なジュウニヒトエが咲いてるから写真撮った方がいいよと
声がかかりました。見るとなるほど、まだ美しいジュウニヒトエの3人姉妹がいました。
さっそく写真に撮ってあげました。
14:28 登山道
14:33 登山道
14:38 登山道 ここは右に入ります 滑らないからと言う事です
14:41 ここは小仏峠にいらっしゃるお地蔵様が昔はここにいらしたのです
14:41 登山道
14:42 登山口に到着しました 景信山から登山口まで40分でした
14:43 お地蔵様 合掌 このお地蔵様が昔は上にいらっしゃったそうです
14:44 テーブルが綺麗になっていてびっくりしました
14:43 展望 緑がとても綺麗です
14:45 東京スカイツリー
眼の良いMabeさんはスカイツリーが見えてると言うのですが私にはどこにスカイツリーがあるのか
良く見えません。よ〜く見てると何となくこの辺だと言う事がわかってきました。
でも望遠にするとどこかへ行ってしまいます。四苦八苦してやっとスカイツリーをとらえることが出来ました。
14:49 小仏峠 狸さん達です ここでKoyataさんとはお別れです
14:50 ここでいつも地図を売ってるのですが今日はお休みのようです
14:50 道標 相当古いようです
14:51 寛政七年と読めます。天明の後、享和の前。1789年から1801年まで
の期間を指すこの時代の天皇は光格天皇・江戸幕府将軍は第11代
徳川家斉 Wikipediaより
14:51 道標 甲州道中 左は小仏宿 右は小原宿
14:53 道標 甲州古道 小仏峠
14:51 つつじ とても小さな可愛いつつじです
14:52 何というつつじかわかりませんが目をひくつつじです
14:53 登山道
14:536 登山道
14:56 登山道
15:08 登山道
15:13 登山道 竹林の横を進みます
15:16 登山道 鉄塔の横に出ました
15:20 登山道
15:22 登山道
15:27 登山道
15:31 登山口に到着です 景信山を出発して登山口まで1時間30分でした
15:32 登山口 ここを左に進みます
15:33 ミズキ(水木)ミズキ科の落葉高木
春先に枝を切ると水のような樹液がでることから
15:33 ミズキ 別名 クルマミズキ(車水木)白い小さな花を密生させる
15:34 登山道 ここからは舗装道路になります
15:34 マルバウツギ(丸葉空木)ユキノシタ科 別名:ツクシウツギ
15:35 キケマン?葉の状態をうまく撮れませんでした
15:36 マルバウツギ
15:36 道標
15:36 登山道
15:36 道標
15:43 ヤヴデマリ(藪手毬)スイカズラ科 ガマズミ属の落葉低木
15:44 登山道
15:45 ホウノキ(朴の木)モクレン科の落葉 高木 花には強い香りがある
15:46 キランソウ(金瘡小草)シソ科の多年草 ジゴクノカマノフタともいう
15:51 登山道
15:56 登山道
16:19 底沢橋
16:18 底沢バス停 20分ほど待たなければなりません
この方は温泉に行きたかったようです
15:59 バス停の近くに咲いていました
16:20 相模湖行のバスが来ましたので乗車します
16:26 相模湖駅に着きました

  私はお腹もすいてないしこれ以上飲めないので
  ここからまっすぐ家に帰ろうと思います。
  相模湖駅で随分電車を待ちましたが快速東京行きが来ましたので
  その電車に乗車して御茶ノ水駅で総武線に乗り換えます。
  久しぶりに相模湖まで歩くことが出来て良かったです。
  【ギンラン】【ホウノキ】などこの時期にしか見られない
  花などが見ることが出来て良かったです。
  元、親子山で一緒に歩いていたSioさんが景信山に来たと
  いう話がありもう少し早く来られたら会えたのにと残念に
  思いました。私と一緒に歩いていたSioさんのお子さんも高校生に
  なって身長も187cmになっているとか。
  弟のHibikiくんは良く手をつないで歩いてました。

ホームへ   ハイキングのページへ