(727m)

陣馬高原下〜景信山〜いろは(ヤゴ沢)コース
2016年10月16日(日)晴れのち曇り

 今日は約束をしてないけれど高尾駅に行けば誰か来ると思って出かけてきました。
 そこへHagiさんが一人でやってきましたが皆が来ると言うとあさかわで会おうと
 言って行きました。
 待っているとフルメンバーがそろったようです。
 そこでどこへ行こうかと言う事でJoさんの案で陣馬高原下から景信山に行こうかと皆に
 問うとOKでしたがAiさんは体調がすぐれないのでいろは(ヤゴ沢)を行くというので
 「一人で大丈夫?」「大丈夫」と言うので我々5人は陣馬高原下行の急行のバスに乗車しました。


   「交  通」  自宅6:25→バス6:45発→市川駅7:02発→お茶の水(乗換)7:23発(中央線快速高尾行)→
               高尾駅8:19着→高尾駅8:50発(バス)→陣馬高原下行バス(急行)

   「コース」  陣馬高原下〜底沢峠〜景信山〜いろは(ヤゴ沢)

   「Menber」 Joさん・Kiちゃん・Koikeさん・Utuさんと私の5人

6:43 バス停に酔芙蓉の花が綺麗に咲いていました
昼頃には薄いピンクに染まり夕方には濃いピンク色になります
9:35 陣馬高原下バス停 急行だったので早かったです
9:38 陣馬高原下バス停
9:41 陣馬高原下バス停を出発します
9:41 分岐 左へ進みます
9:41 道標 左は底沢峠2.5km・明王3.0km 右は和田峠・陣馬山
いつもは分岐を右に進むのですが今日は左に進みます。
殆どの人は右の神馬街道を進みます。左は私たちだけでした。
以前もJoさんの案内でこの左の道を行ったことがありました。
9:41 登山道  赤いポストが懐かしいね
9:44 アスファルトの道を進みます
9:47 登山道
9:53 登山道
9:55 ツリフネソウ(釣船草)ツリフネソウ科の一年草
9:55 登山道
9:55 辻野養魚場
9:58 銀杏 何かに追うなと思ったら沢山の銀杏が落ちています
9:59 木を沢山立てかけています 薪にでもするのでしょうか?
10:00 登山道 沢を左に見て進みます
10:06 登山道
10:06 登山口に到着しました
10:07 登山口に立つ道標
10:07 道標 底沢峠・明王峠
10:12 登山道 底沢峠・明王峠へ向かいます
10:15 登山道
10:17 登山道
10:18 登山道
10:19 登山道 分岐
10:20 オクモミジハグマ(奥紅葉白熊)キク科の多年草
10:21 登山道 片側が開けた所に出ました
10:22 登山道
10:22 チゴユリ(稚児百合)黒い実がなっていました
10:24 登山道
10:25 ドラム缶の所で休憩
10:26 コウヤボウキ(高野箒)キク科の落葉小低木
10:27 センブリ(千振)リンドウ科の二年草
10:30 出発します
10:34 ブッシュ カヤの背が高いのでかき分け進みます
10:37 登山道
10:39 登山道
10:40 登山道
10:42 登山道
10:49 登山道
   
10:51 登山道
10:55 すれ違う人もいない静かな登山道ですが後ろから
1組だけ追い越していきました
10:59 登山道
11:04 登山道
11:04 登山道
11:07 登山道
11:09 尾根に出ました
11:09 道標 景信山まで3.3km 陣馬高原下バス停から2.8km
11:09 底沢峠です 以前は陣馬山からここを通り景信山までいきました
11:11 底沢峠を出発します
11:12 登山道
11:13 道標 景信山3.2km 明王峠まで0.6km
11:13 登山道
11:14 登山道 開けた場所に出ました
11:19 登山道
11:21 登山道
11:24 ユウガギク リュウノウギクかと撮るのですがなかなかありません
11:26 登山道 巻き道を進みます
11:29 登山道
11:30 道標 ここも巻き道へと進みます
  この道ももうずいぶん歩いていませんので新しい道を歩いているような感じです。
11:31 登山道
11:35 道標 明王峠もしばらく行ってないのですが今回は諦めます
11:30 登山道 道標を確認します
11:36 登山道
11:38 登山道 
11:38 道標 白沢峠跡地 巻き道へと進みます
11:38 登山道
11:42 登山道
11:44 登山道
11:47 登山道
11:53 ちょうど良い丸太があるので休憩します
11:57 出発します
12:05 登山道
12:08 登山道
12:10 登山道 巻き道へ入ります
12:10 道標 景信山頂には行きませんと書かれています
でも直進して突き当りを左に登れば山頂です
または途中から上に上がる道があるので登れば山頂に着きます
12:14 登山道 細い登山道を進みます
12:15 登山道 途中から上に登る道を上がった所です
JoさんとUtuさんは直進していろは(ヤゴ沢)分岐と合流して登りました
12:15 登山道
12:16 ユウガギク リュウノウギクかなと思うが違ってます
12:19 景信山山頂に到着しました
12:21 青木茶屋に到着です JoさんとUtuさんは少し遅れました
茶屋に着くと皆さん宴会の真っ最中でした。
今日また撮影の人が来ていましたが先日の撮影で富士山が撮れなかったので
今日撮影に来られたそうです。
朝はしっかり見ることが出来たようですが私達が着いたときはお昼過ぎですので
雲の中に隠れて見えませんでした。
青木茶屋に着くとまず富士山が見えるかと見に行くのが習慣になっています。
やはり富士山が見られると嬉しいですね。
今日もhororoちゃんが「ココ」を連れて来たそうです。
Mizuさんもいらっしゃってましたが3週来れないと言う事でしたが私も編物の
ふれあい祭りがあったり2週先にはあるっきんぐ くらぶの芋煮会に参加するので
来られません。
今日は景信山で写真を1枚も撮りませんでした。
14:08 景信山を後にしていろは(ヤゴ沢)を下ります
14:08 景信山直下の登山道です
14:10 オヤマボクチが花を開いていました
14:12 いろは(ヤゴ沢)分岐 あさかわで約束しているのでここを下ります
14:13 登山道
14:13 キバナアサギリ(黄花秋桐)シソ科
14:14 登山道
14:17 崩壊場所
14:19 崩壊場所
14:26 登山道 雨がポツリポツリと降ってきました
14:31 登山道
14:47 登山道
14:52 登山道 丸木橋を渡ります 濡れているので滑らないように
14:54 登山道 二つ目の丸木橋です
14:56 登山道 三つ目の丸木橋を渡ります
14:58 登山道 すぐそこが登山口です 15:00ちょうどに登山口です
15:04 一番最初の南東尾根コースの登山口です
15:16 小仏バス停に到着しました バスはすぐ出発しました
今日は途中までは歩いた事がありましたが底沢に出る道は初めてでした。
3時間コースの登山道でしたが単調ではなく面白い登山道でした。
尾根に出てからは巻き道巻き道へと進みます。
行き交う人も少なく静かな道を歩くことが出来ました。


ホームへ   ハイキングのページへ