(727m)

南東尾根コース〜景信山〜いろは(ヤゴ沢)コース
2016年10月2日(日)晴

 8月は穂高へ行ったり田舎へ行ったりして9月は雨が多くて景信山には行ってないので
 今日は曇りの天気予報なので是非行きたいと思っていました。
 前日Kiちゃんに用があり電話したら行くと言う事なので高尾駅で待ち合わせました。
 いつもここで待っていると誰か来るので一緒に行ったりします。
 どこいこうか?Joさんは日影から沢を渡っていきたいと言うので私はOKですが皆の
 意見があるので聞いてみることにするとAidaさんはまだ2〜3ヶ月はいろは(ヤゴ沢)を
 行くと言う事です。階段はどう?と言う事で一番最初の登山口から入ることにしました。
 家を出た時は曇りでしたが高尾に着くころには青空が広がり晴れてきました。


   「交  通」  自宅6:25→バス6:45発→市川駅7:02発→お茶の水(乗換)7:23発(中央線快速高尾行)→
               高尾駅8:19着→高尾駅8:52発(バス)→小仏行バス

   「コース」  南東尾根コース〜景信山〜いろは(ヤゴ沢)

   「Menber」 Aidaさん・Koikeさん・Joさん・Kiちゃんと私の5人

9:22 小仏バス停へ到着しました
9:24 小仏バス停を出発します
9:43 登山口(1番目の登山口)
9:44 登山口にとりつき階段を登ります
9:45 登山道
9:46 登山道
9:49 登山道
9:50 登山道
9:51 登山道
9:53 登山道
9:55 登山道
9:59 登山道
10:01 オクモミジハグマ(奥紅葉白熊)キク科
10:05 コウヤボウキ(高野箒)キク科
10:05 シラヤマギク(白山菊)白山菊の多年草
10:06 ここで少し休憩します
10:13 休憩して出発します
10:175 登山道
10:19 可愛らしいキノコです
10:20 白くて大きなキノコです
10:22 登山道 階段を登ります
10:26 休憩 さっき休んだのにもう休憩かとの声もありましたが
10:36 登山道
10:39 登山道
10:40 登山道
10:46 タムラソウ(田村草)キク科 あざみに似るが棘がない
こんな所で見られるなんて思ってもいなかった
10:48 もうすぐ分岐の登山道
10:48 道標
10:53 登山道 登ってきた登山道を振り返る
10:55 分岐を景信山に向けて出発します
10:57 登山道 出発してすぐ急登の木の根が張り出した登山道になる
10:57 登山道
10:58 分岐 普段は景信山と書かれた立札の方に進むが
今日は見たい花があったので左下の細い巻き道を進みます
10:58 登山道 細い登山道です
10:59 ヤクシソウ(薬師草)キク科の二年草
10:59 登山道 この道を進むのは久しぶりです
11:02 登山道
11:06 登山道
 
11:07 ツリフネソウ(釣船草)ツリフネソウ科の一年草
11:08 登山道にツリフネソウが張り出しています
   
11:08 合流地点 左下はいろは(ヤゴ沢)からの道
11:08 合流地点 上から歩いてきた道 右下はいろは(ヤゴ沢)からの道
崩落したと聞いて驚きました。
水が溜まって崩落したようです。上の登山道から見れるかと言うと見られないので
横から撮ってみました。
11:09 崩落状況
11:10 登山道
11:11 登山道
11:15 オヤマボクチ(雄山火口)キク科の多年草
11:18 景信山に到着しました 小仏バス停を出発して景信山まで
1時間44分でした 登山口から景信山まで1時間35分でした
11:19 富士山 頭だけ出していました
見たかった花【クサボタン】は先週は綺麗だったそうですが今日はもうすっかり終わっていました。
富士山は先週は初冠雪だったようですが今日は頭しか見ることが出来ませんでした。
でもやっぱり富士山が見られると嬉しいですね。
11:27 今日の景信は21度でした 涼しく爽やかです
天ぷら アケビやシソの天ぷらです
少し散策してみます。
蝶が遊びに来ていました。
上の茶屋に行くと常連さん達がいて先週の富士山の初冠雪した写真を見せて下さいました。
また、以前から茶屋のお父さんやお母さんが話をして下さっていた昔の写真がありました。
上の茶屋へ行くと写真持ってきたよと言うので撮らせていただきましたがビニールを
かぶせてあり空気が入っているのでよくわかりません。
時間があればもう少し話を聞いてみたいものです。 貴重な写真ですからビニールなしの生の写真を見たいと思います。
かげ信山 昭和10年頃
中村久雄氏 縦走記念 昭和6年
今上天皇 昭和24年5月(当時皇太子殿下)
昭和10年頃の景信山
散策から戻るとMabeちゃんが来ていました
Hkuさんご夫妻が変えられるそうです
東屋
茶店
13:29 ホトトギス(杜鵑草)ユリ科
13:29 シロバナホトトギス(白花杜鵑)ユリ科
13:42 餅つき キャンセルが出たのでついているのだそうです
13:43 餅つき
餅つき
餅つき
14:11 景信山を出発します
14:13 登山道 景信山直下の登山道
14:14 登山道
14:15 登山道
14:19 分岐 いろは(ヤゴ沢)へ下ります
14:21 登山道
14:21 登山道
14:24 キバナアキギリ(黄花秋桐)シソ科
14:24 崩落現場
14:30 崩落現場
崩落現場
崩落現場
崩落現場
崩落現場
14:31 登山道
14:34 シモバシラ(霜柱)シソ科の多年草 冬の氷華が楽しみです
14:37 登山道
14:49 水場 水は多いです
15:02 オオガンクビソウ(大雁首草)キク科
15:03 シロバナツリフネソウ(白花釣舟草)ツリフネソウ科
15:04 シロバナツリフネソウ(白花釣舟草)ツリフネソウ科
15:07 登山道 丸木橋を渡ります
この登山道でシロバナツリフネソウを見たのは初めてです。
一度別の登山道で見たことはあるのですがその後は見たことがありませんでした。
これからこの登山道を歩くのが楽しみになってきました。
オオガンクビソウは何度か見たことがあります。
15:12 登山道
15:15 登山道 丸木橋を渡ります
15:17 登山道 倒木をまたいで進みます
15:18 登山口 合掌
15:20 登山道
15:26 登山道
15:34 クモの巣

  今日はクモの巣が沢山ありました。
  まるでカーテンのように電線にクモの巣が並んでいました。
  今日はシロバナホトトギスやシロバナツリフネソウを見られたことは
  嬉しかったです。
  崩落があったり少し行かないと色々なことがあります。
  曇りの天気予報だったのですが爽やかな気持ちのいい晴れの天気でした。
  今日はカイとココだけでした。


ホームへ   ハイキングのページへ