(727m)

日影〜いろはの森〜4号路吊り橋〜高尾山〜景信山
2016年6月26日 (日)晴

 今日は吊り橋を渡りたいと言う事で日陰からいろはの森を行くことにしました。
 高尾駅では久しぶりの天気予報が良かったせいか大勢の登山客でした。
 陣馬へ行くバスも長い行列が出来ています。
 景信の常連さん達も続々と集まってきました。
 私たちは皆と別れて日陰で下車しました。
 いろはの森を歩く人はいつもは少ないのですが今日は多かったです。
 テレビで放映したと言う事ですのでその影響でしょうか?


   「交  通」  自宅6:25→バス6:45発→市川駅7:02発→お茶の水(乗換)7:24着7:24発(中央特快高尾行)→
               高尾駅8:19着→小仏行バス9:52発→日陰バス停

   「コース」  日影バス停〜いろはの森〜4号路吊り橋(深山橋)〜高尾山〜小仏峠〜景信山〜いろは(ヤゴ沢)

   「Menber」 Kataさんと私の2名

9:14 日陰バス停で下車します
9:18 八重ドクダミ 民家の外に咲いていました
日陰バス停で下車してバスの進行方向に歩きます。
車道を登って行き小仏川に架かる橋を渡ります
9:18 オオバギボウシ(大葉擬宝珠)リュウゼツラン亜科属の多年草
9:19 小仏川に架かる橋を渡ります
9:24 橋を渡ると沢山の車が駐車しています
9:32 キャンプ場 今日は沢山のテントが張られています
9:33 案内図
9:33 キャンプ場管理棟 係りの人が数人待機しています
            いろはの森 学習の歩道へ入ります 
9:33 道標 いろはの森 学習の歩道
9:33 分岐 左の登山道を進みます
9:34 道標
9:35 登山道 矢印の方向へ進みます
9:37 八王子山の会の山荘の案内板です
9:37 八王子山の会の山荘
Kataさんは50年ほど前に泊まったそうです
9:37 登山道
9:39 木の名前が書かれています
へいたまのき 正式名はあぶらちゃん 栃木県の呼び名だそうです
木の名前が書かれてある所にはこのように歌が書かれています
これはまさに学習の小道ですね
9:40 登山道
9:40 登山道
9:41 小さな沢を渡ります ここは時々来るところです
9:42 登山道
9:43 案内図
9:43 道標 高尾山頂・大垂水方面へ進みます
9:44 ユズリハの説明
9:44 ユズリハ
9:44 ユズリハに関しての詩
9:44 うた
9:44 登山道
9:47 登山道 
9:49 登山道
9:49 登山道 日陰沢林道と合わせます
9:50 道標
9:50 道標 高尾山頂・大垂水方面へ進みます
9:50 階段を登ります
9:52 登山道
9:54 登山道
9:56 ギンリョウソウ(銀竜草)幽霊茸とも言います
もう終わりを迎えていますので面白い形をしています
9:58 登山道 このいろはの森は階段の多い登山道です
10:06 登山道 木の根が張り出しています
10:09 登山道
10:11 登山道
10:11 アカショウマ(赤升麻)ユキノシタ科 花が赤いのではなく、根が赤い
熟年さんが名前がわからないので「アカショウマ」と
教えてあげたら花が白いのに何でアカショウマなの?
10:12 ムラサキニガナ(紫苦菜)キク科の多年草
10:16 ギンリョウソウ
10:18 登山道
 
10:19 オオバジャノヒゲ(大葉蛇の鬚)ユリ科の多年草
10:20 ハエドクソウ(蠅毒草)はハエドクソウ科の多年草 有毒植物
   
10:22 登山道
10:23 登山道 何を見上げているのでしょうか?
10:25 登山道
10:26 登山道
10:29 広い場所に出ました ここで少し休憩します
10:39 案内板
10:38 道標 4号路 吊り橋方面に進みます
10:39 休憩して出発します
10:41 広場のようになっています
10:41 登山道 高尾山頂へ進みます
10:43 登山道 階段を下ります
10:45 登山道 案内板の所に出ました
10:47 タヌキ・アナグマ・ハクビシンなどがいるようです
10:47 テンの糞で今、どんな木の実がなって居るのかわかるようです
10:48 橋が見えてきました
10:49 みやま橋を渡ります 揺れるのは少しだけです
10:50 渡ってきた橋を振り返ってみました
10:49 道標
10:50 橋を渡ると左にしか行けません
10:50 登山道
10:51 登山道
10:55 案内板 通行注意の張り紙がありました
通行注意の張り紙:この付近で滑落と思われる事故がありました。
足元に十分注意してご利用ください と書かれています。
それほど危険と思わない登山道ですが事故は起きるのですね。
10:56 道標
10:56 登山道 この辺りで事故が起きたのでしょうか?
10:56 登山道
11:00 登山道
11:01 薬王院の参道の所に出ました
11:04 分岐 左の階段は男坂・右は女坂 女好きと言う事で女坂へ進みます
11:04 登山道 女坂
11:09 茶店 沢山の人がベンチに座り飲食しています
11:12 薬王院
11:16 ガクアジサイ
薬王院はいつも階段を登ってお参りするのですが、今日は別の道に進みます。
2014年6月21日に単独で薬王院から富士道に来たことがあります。
地図にない登山道で検索して花の多い道と言う事で歩いてみたいと思った道です。
その時トン吉さんと言う方にお会いしていろいろ花を教えて頂きました。
又お会いできたらと思っていますが今もお会いできておりません。
11:16 アジサイ
11:16 ヤマアジサイ
11:17 突き当りに案内板があります
11:17 弁財天に行ってみることにします
11:18 弁財天の入り口
一番奥に祀られています 
中は中腰で歩かなければなりませんのでつらい姿勢です
中に入ると中腰で歩くので背の高い人は特に大変です。
中は暗いのでカメラのスイッチがどこにあるかわからない状態です。
頭をぶつけないようにしなくてはなりません。
何とか写真を撮って出てきました。
11:20 出口が見えています
11:21 山頂へ進みます 薬王院は石段を登らなければなりません
            高尾山頂へ
11:21 登山道 熟年パーテイーが前を行ってます
11:26 登山道
11:27 道標
11:28 登山道
11:30 ここでもギンリョウソウが見られました
11:30 登山道
11:34 イチヤクソウ(一薬草)ツツジ科の常緑の多年草
11:37 ウメガサソウ 別の場所でカメラを除いていたので聞きました
あまりに小さいので良く分かりませんね
デジカメで上の方を見ている人がいるので「何があるのですか}と聞いてみました。
「イチヤクソウです」との事です。どこ・どこ・どこと言う感じで見つけるのが
遠くて小さいのでなかなか見つかりません。
やっと見つかって撮りましたがこれが限度です。
この登山道を来て良かったと思います。
11:40 登山道
11:41 トイレの所に出ました
11:42 登山道 もうすぐ高尾山頂です
11:44 高尾山頂上です 599m 沢山の人がいます
日陰バス停を出発して高尾山山頂まで2時間30分でした。
11:45 高尾ビジターセンター
11:50 案内板 
山頂は人が多いので少し下ったところで小休止します。
小さなパンと水分補給です。
ココのベンチもふさがっています。
11:50 下から登って来る人がいます
11:53 階段を下り切るとこんな感じです 正面上はもみじ台です
11:53 この階段を下って来ました
11:53 上へ行くともみじ台です
            小仏峠へ  ここから先はいつも通る登山道です
11:53 登山道 一もの様にもみじ台は巻いて下の道を進みます
11:54 クモキリソウ(雲切草)ラン科 もう終わりを迎えているようです
以前トン吉さんと歩いたとき教えて頂いていたのでわかりました。
場所が遠いのでなかなかいい写真が撮れません。
11:56 イヌトウバナ?沢山咲いていました
11:54 クモキリソウ(雲切草)ラン科 もう終わりを迎えているようです
12:06 階段はもみじ台からです 私たちは左からの道を来ました
12:06 道標 一丁平まで0.6kmです
12:06 分岐 左は大垂水・正面階段は一丁平
私達は右の巻き道(写真には写ってないです)を進みます
12:07 案内図が新しくなりました 初めて見ます
12:07 一丁平への巻き道へ進みます
12:09 登山道
12:15 ここは作業道で通行禁止になっています
12:16 登山道
12:20 登山道 もうすぐ一丁平です
12:22 一丁平に着きました
12:27 一丁平にはヤマボウシの花が沢山咲いています
テーブル席で昼食をとっているようです
12:28 ベニバナヤマボウシの花 遠くから見ると綺麗ですが終わりです
12:28 ヤマボウシ
12:29 オカトラノオ(丘虎の尾)サクラソウ科の多年草
12:29 展望台へ行ってみることにします
12:31 展望台ですが富士山も見えません
12:32 展望が良くないので下ります
テーブルでワインと美味しそうな食事をしている人達がいました
12:34 右の巻き道へ進みます
12:34 登山道
12:35 登山道
12:37 テーブル席のある場所に出ます
12:38 登山道
12:40 登山道
12:42 分岐 左は小仏城山・右は小仏峠 小仏峠方面に進みます
12:43 登山道
12:45 ハナイカダ(花筏)青い実が出来ています
12:46 登山道
12:47 分岐 左上は小仏城山・右下を進みます
12:50 分岐 左は小仏城山・手前は日陰沢林道・小仏峠は直進します
12:50 道標
12:52 登山道
12:54 登山道の下の方にはヤマアジサイの群生 道標
ヤマアジサイ
12:54 登山道
12:57 分岐 階段を上ると小仏城山へ
12:57 登山道
13:02 分岐 いつもは右の巻き道に進むのですが今日は直進します
13:03 ここで休憩して軽く食事します
13:03 目の前には相模湖町 富士山は見えません
13:12 以前はピクニックランド 現在はプレジャーフォレストが見えます
13:16 軽く食事をして小仏峠へ 小屋は取り壊されてありません
13:19 下って行くと地図を販売しています 少し話をして先に進みます
13:28 小仏峠 標高548m 狸さんだけになりました
13:28 お地蔵様 合掌
高尾山山頂を出発して食事時間を入れて小仏峠まで1時間38分でした。
                景信山へ
13:28 小仏登山口
13:30 登山道
13:32 登山道
13:33 泡のような中には虫がいるようです
今日は沢山ありましたがギンリョウソウと間違えそうです
13:39 登山道
13:43 登山道
13:45 登山道
13:47 登山道
13:52 登山道
13:55 分岐 いろは(ヤゴ沢)からの登山道と合わせます
13:55 タカトウダイ(高燈台)トウダイグサ科の多年草
13:56 登山道
14:00 景信山に到着しました

 景信山に到着すると常連さんはいました。
 あるっきんぐくらぶの方々も久しぶりに会う方も
 いました。
 一緒に談笑したかったのですが到着の時間が
 下山の時間になってしまったので皆さんすぐ
 下って行かれました。
 大体2時は下山する時間ですから仕方が
 ありません。
 1時間ぐらい遅くなってしまいました。
 学習しながら写真を撮りながら来たから
 仕方がないよと言ってくれましたが予定より
 1時間も遅くなるとは思ってもいませんでした。
 犬はリー・ナッツ・ココが来ていました。


小仏峠から景信山まで32分でした。
日陰バス停を出発して景信山まで休憩等含めて4時間46分でした。
今日の景信山からの展望です
                いろは(ヤゴ沢)へ下山します
14:55 景信山を出発します
14:56 登山道
14:57 登山道
14:59 分岐 いろは(ヤゴ沢)へ下山します
15:00 登山道 草丈が伸びています
15:01 分岐 奥の細い道は小下沢から来た急登に出ます
15:05 登山道
15:10 登山道
15:13 登山道 ここでジグザグの登山道は終わりです
15:14 登山道
15:16 水場の所に4頭の犬を連れた人がいました
15:16 水場
15:18 登山道
15:20 登山道
15:21 倒木 先週はなかったのですがまたがなければなりません
15:22 登山道 橋を渡ります
15:23 ミゾホウズキ まだ咲いて待っててくれました
15:23 登山道
15:24 橋を渡ります
15:27 登山道
15:27 橋を渡ります
15:30 登山口 景信山を出発して登山口まで34分でした
15:31 登山口
15:36 マタタビ 花が終り実になっていました
15:36 南東尾根コースの登山口
15:48 小仏バス停に到着しました
19:29 あさかわ マスターとYuちゃん

あさかわに行くとJoさんがいました。
今日はあまり歩かないいろはの森から景信山に行く事が出来ました。
見たいと思っていた【クモキロソウ】や【イチヤクソウ】に出会う
事が出来ました。又、景信山への登山道で上から下ってきたkayoさんに
「ヤッホーのあざみさん」と声をかけて頂き嬉しかったです。
Kataさんは中野で飲食店を営業している店に水曜日に行ったばかりです。
又一緒に山歩きをしましょうと言う事で別れました。


ホームへ   ハイキングのページへ