2016年4月17日 (日)小雨・曇り・晴

 熊本・大分で大きな地震があり今現在も続いております。
 被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

 今日は餅つきの予定でしたが天気予報が雨模様と言う事で中止になりました。
 餅つきは中止でも景信山には行こうといつも通り電車に乗りました。
 高尾駅に着くとAidaさんとKoikeさんがやってきました。
 Mabeさんは12分のバスで行くと言う事なので先に行くことにしました。
 さすがに登山客は少なくて1台前のバスは2台運行でしたが1台は空で出発して行きました。


   「交  通」  自宅6:20→バス(6:45)→市川駅7:02発→お茶の水(乗換)7:24着7:24発(中央特快高尾行)→
               高尾駅8:20着

   「コース」  いろは(ヤゴ沢)〜景信山〜いろは(ヤゴ沢)コース

   「Menber」 Aidaさん・Koikeさん・Mabeさんと私の4人

9:15 小仏バス停を出発します パラパラと雨が落ちています
9:16 カキドオシ(垣通し)シソ科の多年草
隣接地から垣根を通して進入してくることから付いた名
9:20 登山道 新緑が美しいです
9:24 イチリンソウ(一輪草)キンポウゲ科の多年草
花弁のように見えるのは萼片で5枚ですが6〜7枚もある
9:25 ツボスミレ(坪菫)スミレ科の多年草 距は短く丸い
9:33 登山道 新緑
9:33 藤が咲いてると言うので見上げると1つだけ咲いています
風が強いので揺れて写真には撮れませんでした
9:35 キランソウ(金瘡小草)シソ科の多年草
根生葉が地面に張り付くように広がることから、ジゴクノカマノフタとも言う
9:41 登山口 花を見ながら来たので小仏バス停から26分でした
9:45 ホウチャクソウ(宝鐸草)イヌサフラン科の多年草 全草有毒
9:47 ニリンソウ(二輪草)キンポウゲ科の多年草
9:49 丸木橋を渡ります 雨で滑りやすいので注意して渡ります
  今日はあまり早く行っても仕方がないので花を探しながらゆっくり歩きます。
  先日は【ウラシマソウ】が見られなかったので今日はあるのではないかと期待しています。
  でも今日も見つかりませんでした。
9:51 マルバスミレ(丸葉菫)スミレ科の多年草
9:52 タチツボスミレ(立坪菫)美形ですね
9:52 登山道
9:55 登山道 丸木橋を渡ります
9:58 登山道
10:05 登山道
10:06 水場 一バス遅れてくるMabeさんを待ちます
10:24 Mabeさんが追いついたので出発します
10:27 登山道
10:33 登山道
10]35 エイザンスミレとタチツボスミレ
10:38 登山道
この登山道には今、エイザンスミレが沢山咲いていて宝庫です。
以前はこんなに沢山はなかったのですがずいぶん増えました。
白いえいざんすみれ、薄いピンクのエイザンスミレ、濃いピンクのエイザンスミレと
色々あって楽しいですよ。
10:38 ミミガタテンナンショウ(耳形天南星)
10:39 エイザンスミレ(叡山菫) ピンクの色が濃いエイザンスミレです 
10:43 エイザンスミレ(叡山菫) こちらは白いエイザンスミレです
10:45 アカネスミレ(茜菫)
10:45 登山道 花を探しながら
10:46 登山道
10:49 登山道 山吹の花が咲いて登山道は楽しいものです
10:50 エイザンスミレ(叡山菫) 上品なピンクのエイザンスミレです
10:51 登山道
10:53 ヤブレガサ(破れ傘)キク科ヤブレガサ属の多年草
破れた傘のような形で可愛いです
ヤブレガサ 少し開いてきました
ヤブレガサ 大きく開いてしまいました
10:54 登山道
10:56 登山道
10:59 ヤマザクラ とても高い所に咲いていますので望遠で撮りました
10:59 登山道
11:00 エイザンスミレ
11:03 タチツボスミレ 群生しています
分岐の所で少し寄り道をして【イカリソウ】を探すことにしました。
少し早かったのか1株だけ見つけることが出来ました。
いつもはもっと沢山あるのですが今日は1株だけ。
次週来た時にまたみてみることにいたしましょう。
11:05 分岐
11:06 イカリソウ(碇草)メギ科落葉多年草
別名:三枝九葉草(さんしくようそう)4枚の花弁が錨のような形をしている
11:09 分岐 左下の登山道を来ました
11:10 登山道 ここから急登になります
   
11:11 アカネスミレ
11:12 登山道
11:13 登山道
11:15 空模様< 怪しい雲がわいています
11:16 登山道 滑りやすいので滑らないように注意して
11:16 登山道
11:18 景信山に到着です
小仏バス停を出発してゆっくり花を見ながら2時間3分でした
11:39 餅つき Mabeさんがこねることからお手伝い
女性ばかり10人のグループが餅つきを雨でもやるそうです。
たまたまMabeさんとAidaさんがいたのでお手伝いすることになりました。
MabeさんとAidaさんは餅つきの名人で名コンビです。
女性グループはまったく初めてらしくておそらくMabeさんがいなかったら
こねることが一番大事なことですがいきなりペッタンペッタンとつき始めたことでしょう。
こねて最初の返しをAidaさんが手伝ってました。
その後、Mabeさんは餅のちぎりかたなど指導していたようです。
11:41 餅つき 女性は皆携帯で写真を撮っています
11:45 餅つき MabeさんとAidaさんの名コンビによる餅つきです
11:45 餅つき 後は女性たちに任せてついてました
11:49 餅つき
12:00 餅つき いや〜 凄いことになってますね
12:03 餅つき お餅はこうしてちぎるんだよと教えてました
13:25 景信山の桜はまだ綺麗です
13:28 茶屋にて談笑
13:28 景信山の今日の温度です
13:30 山頂に行ってみました
13:40 上の茶屋のお父さん・お母さんです
13:42 ヒトリシズカ(一人静)センリョウ科の多年草
14:00 景信山の桜と展望
14:00 そろそろ下山するので片づけています
14:00 ココ 今日はリー・ナナ・ココが来ていました
14:00 景信山 茶屋からの展望
14:01 春山 今しか見ることのできない山の風景です 桜が咲き新緑が美しいですね
14:11 景信山を後にして下山します
14:11 下山開始です
14:11 登山道 景信山直下の登山道
14:12 登山道 この辺りは滑りやすいので注意して下ります
14:15 分岐 いろは(ヤゴ沢)へ下ります
14:18 登山道
14:23 登山道
14:24 登山道
14:30 登山道
14:37 登山道
14:46 登山道 丸木橋を渡ります
14:54 登山道
15:01 登山道 新緑が美しい登山道です
15:32 小仏からのバスを病院前で下車して歩きます
15:36 托鉢? 高尾山のお坊さんでしょうか?
15:38 シロヤマブキ(白山吹)花弁は4枚 葉は互生(互い違いにつく)する
ヤマブキとは異なり対生(対になってつく)
15:40 ベニバナトキワマンサク(紅花常盤万作)中国原産でマンサク科
15:42 登山道
15:59 元、親子山のお母さん方とあさかわにて
 あさかわで飲食していると【あざみさん】と言う声が
 聞こえてきました。どこで話しているのかと振り向くと
 元、親子山で一緒に歩いていた方々でした。
 でも、私はいつも一番後ろを歩いていたのでお母さん方と
 話をする機会はあまりありませんでした。
 でもお顔を見てわかりました。
 親子山で八ヶ岳や蓼科山に登ったことがありました。
 あまりお話しする機会はなくても覚えて居て下さって
 本当にうれしいです。
 今お子さんと会っても大きくなってわからないと思います。
 あの頃のお子さんたちはもう中学生や高校生になっています。
 あの頃は小さな子供さんと手をつないで歩いた事を懐かしく
 思い出します。
 今は、中学生・高校生になって部活や友達と忙しく山に来る
 ことは無くなってしまいました。
 でもいつかお会いしたいですね。

 今日も沢山の花に出会えました。
 今は新緑の美しい季節です。
 家に閉じこもってないで美しい自然の木や花を愛でることも
 素晴らしいことだと思います。


ホームへ   ハイキングのページへ