景信山 (727m)
いろは(ヤゴ沢)コース〜景信山〜いろは(ヤゴ沢)コース
2016年3月21日(月)曇り・晴れ

 本日は祝日なので景信山に行く事になりました。
 コースはいつものようにいろは(ヤゴ沢)から入ります。
 Doiさんは病み上がりなのでゆっくり歩きます。
 私も少々疲れ気味ですのでゆっくり歩くことは大賛成です。
 先週は赤岳へ行ったので景信山は久しぶりです。


   「交  通」  自宅7:00→バス(7:14)→市川駅7:33発→お茶の水(乗換)8:00発(青梅特快青梅行)→
               立川8:36着8:38発→高尾駅8:56着

   「コース」  いろは(ヤゴ沢)コース〜景信山〜いろは(ヤゴ沢)コースコース

   「Menber」 Doiさんと私の2名 下山はAidaさんとKoyataさんの3名

9:36 小仏バス停を出発します 梅がまだ咲いています
9:37 フサザクラ(房桜)フサザクラ科
花は両性で花被はなく多数の雌蕊と雄蕊からなる
渓流沿いの谷などを好むようです
9:40 ムラサキケマン(紫華鬘)ケシ科
名の由来は、仏壇を飾る華蔓に花の姿を見立てたものである
9:46 アブラチャン(油瀝青)クスノキ科クロモジ属の落葉低木
9:55 登山口
9:58 登山道
9:59 ナガバノスミレサイシン(長葉の菫細辛)
10:03 登山道
10:05 ヨゴレネコノメ(汚れ猫の眼)ユキノシタ科
10:13 登山道
10:15 水場
10:18 登山道
10:22 登山道 ここからジグザグが始まります
10:29 登山道
10:37 登山道
10:40 登山道
10:43 登山道 なだらかな登山道です
10:43 登山道
10:44 分岐
10:45 登山道
10:51 景信山に到着しました 登山口から53分でした
小仏バス停を出発してから景信山まで1時間15分でした
10:52 ミツマタ(三椏)花弁がなく花弁のように見えるのは萼片
和名の由来は枝が3つに分かれるから
景信山に到着するとリー・ココ・ナッツが来ていました。
お彼岸なので昨日来られた方が多かったのでしょう。今日は誰もいません。
でもその内AidaさんがやってきましたしKoyataさんが来て少しは賑やかになりました。
下では餅つきがあったようです。
私のHPを見て下さっている方がいらしてました。
とても嬉しいことです。帰る前にあいさつに行きました。
唐松・五竜・鹿島槍・爺ヶ岳へ行き種池山荘からの下りでお会いした方が景信山にも
いらっしゃると言う事でしたが一度もお会いしたことがありません。
11:12 キノコの天ぷら
11:33 温度計
13:08 早く降りなければならないので景信山を下山します
13:11 分岐 いろは(ヤゴ沢)へ下ります
13:12 クサイチゴ(草苺)バラ科の落葉小低木
13:12 登山道 スミレがあったようです 私も来るとき見つけました
13:16 登山道
13:28 登山道
13:30 登山道
13:32 水場
13:32 水場直下の登山道です
13:38 登山道
13:38 登山道
13:42 登山道
13:46 登山口が見えてきました
13:46 登山口
13:48 ここからは車道歩きです
13:51 キブシ(木五倍子)キブシ科の雌雄異株の落葉低木
14:03 小仏バス停 景信山から小仏バス停まで1時間17分でした
14:35 あさかわ
今年の春はあまり花を見る機会がありませんので少し悲しいです。
ハナネコノメ・コチャルメルソウなど可愛い花はまだ見ておりません。
まだこれから春の花が咲くだろうと期待して歩いてみます。


ホームへ   ハイキングのページへ