景信山 (727m)
滝コース〜景信山〜いろは(ヤゴ沢)コース
2016年2月28日(日)晴

 先週は天狗岳に行っていたので今日は景信山に行こうと思い高尾駅に行きました。
 今日は月末の日曜日なので先生方も山登りの日で2人だけいらっしゃいました。
 今日は大勢の登山客の人達がバスを待っていました。
 植林をされているNagaさんと偶然お会いすることが出来ました。
 今日は小下沢梅林の所でお仕事されるようです。
 あるっきんぐくらぶのMizunoさんご夫婦は一つ先のバスに乗られました。
 路線を調べると出てこないのですが市川を7:02発の電車に乗ると御茶ノ水で
 下車すると特快が待っていてそれに乗ることが出来ます。


   「交  通」  自宅6:25→バス(6:45)→市川駅7:02発→お茶の水(乗換)7:20発(中央特快高尾行)→
               高尾8:18着

   「コース」  滝コース〜景信山〜いろは(ヤゴ沢)コース

   「Menber」 Joさん・Kiちゃん・Utuさん・Koiさん・Hosoさん・Saiさんと私の7名

9:39 つくし

 今年は異常で暖かい日があったり寒かったりと変な気象状況です。
 このところ暖かいのでつくしが出ているだろうかと言いながら
 歩いていると一つ頭を出しているのがありました。
 春を感じますね。
 子供の頃は採りに行って煮て食べました。
 一回り違う姉が田舎に住んでいたので毎年送って来てくれましたが
 今は亡くなったのでなかなかつくしを食べられません。
9:43 小下沢梅林
9:43 小下沢梅林
9:44 小下沢梅林
9:45 緑萼梅(リョクガクバイ)
9:46 緑萼梅(リョクガクバイ)
梅(ウメ)はバラ科サクラ属の落葉小高木で中国原産で、日本へは古代に渡来したそうです。
緑萼梅(リョクガクバイ)はその栽培品種の1つで樹高は3mから6mくらいで葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)
開花時期は3月から4月で葉の展開に先立って花を咲かせる
野梅系・青軸性の白い一重咲きの中大輪(花径25から30ミリ)である
萼が黄緑色になるのが特徴である。
9:47 登山道 小下沢梅林
9:48 ピンクの梅 小下沢梅林の端の方にピンクの梅が咲いています
9:51 登山道 何を見ているのでしょうか?
10:02 登山道
10:04 セリ?オタマジャクシをまだいませんでした
10:05 登山道
10:08 登山道
10:12 ユリワサビ(百合山葵)アブラナ科の多年草 
花期は3-5月 花は白色の十字状の4弁花
10:15 ゲートを抜けます
10:24 休憩 暖かい日差しを浴びて休憩 ここでケヤキの所の急斜面の
登山道が嫌だと言う事で小下沢コースから滝コースに変更しました 
10:30 休憩場所を出発します
10:31 新しく架け替えられた丸太の橋を渡ります
10:32 登山道
10:39 登山道
10:41 ユリワサビ
10:42 登山道


10:44 分岐

右に行くと本道の小下沢ルートです。
本道を行くと大欅の所が急登なので
少々大変なのです。
そこで急遽滝コースに変更しました。
でもこの滝コースは本来は作業どうなので
あまり入ってほしくはないのではないかと思います。
滝を見てハナネコノメの花を探して進みます。
10:47 滝 何段にもなって落ちています

10:48 ハナネコノメ(花猫の目)


この場所はいつもほかの所が終っても見ることが出来るので
まだ早いだろうと思っていましたがやはり少し早かったようです。
でもほんの少しありましたがちょっと遠い所にあるので写真は
難しいです。
10:48 ハナネコノメ(花猫の目)
10:52 登山口 滝と花を見て登山口へと進みますが荒れています
10:54 登山道 滑らないように注意して登ります
10:56 登山道
10:56 振り向くと登山道が出来ていますがどこが登山口に
なっているのでしょうか? 作業道として作ったのかな?
10:57 登山道
10:58 登山道 杉の葉が沢山落ちています
花粉症となる実を沢山つけています
11:00 登山道 ここは右方向に登ります
11:03 登山道
11:07 登山道
11:07 登山道 木の根元から倒れています 根っこは石を抱いています
11:08 登山道 障害物があるので右下に落ちないように注意が必要です
11:09 登山道 杉で登山道がわからなくなっています
花粉症の人がくしゃみを連発しています


11:11 登山道 杉の木をどかしながら進みます

何度もこの登山道は歩いていますがこんなあるきにくいのは
初めての事です。
11:13 登山道
11:13 登山道
11:15 登山道 杉の上を歩きます
11:17 登山道
11:17 登山道
11:18 登山道 残雪が出てきました
11:19 登山道 木の皮がはがれています
11:26 登山道
11:29 登山道 小下沢コースとの合流地点に出ました
11:30 登山道 この方は小下沢から登ってきた人です
11:33 登山道 ここでちょっと休憩です
11:33 カンアオイ(寒葵)ウマノスズクサ目ウマノスズクサ科
11:33 カンアオイ 冬でも青々と葉が茂っているので「カンアオイと言います
11:34 ウスタビガ ヤママユガ科 中身は空っぽで底に小さな穴があり
雨水を抜くための穴のようです
11:40 出発します
11:40 この登山道にも残雪がありました
11:49 分岐 左へ下ると小仏バス停へ行きます
11:50 道標
11:50 分岐の所を景信山に向けて出発します
11:52 登山道
11:53 登山道
11:55 登山道 急坂を上ると本道と合流します
12:03 登山道 景信山のトイレが見えてきました
12:04 登山道 階段を登ります
12:06 景信山に到着しました 
大下で下車して景信山まで約2時間でした
景信山に着くと常連さん達で賑わっています。
ストーブでは鹿の肉やシイタケを焼いて食べさせてくれます。
ビールを飲む人、熱燗を飲む人でにぎやかです。
景信山に着くと餅つきをやっていました。
12:36 ストーブの上でシイタケを焼いています
12:37 景信山の茶店で常連さん達です
12:37 景信茶店
12:37 景信茶店
13:07 茶店の温度計は10度をさしています
13:46 そろそろ下山にします
そろそろ下山準備にかかります。
3つのグループに分かれるようです。
あるっきんぐくらぶの人達はお蕎麦屋さんに最も近いコースと言う事で私たちが登ってきた
登山道を下り、分岐の所から小仏バス停に下るようです。
もう一つのグループはカラオケに行くようです。
私たちは高尾駅北口にあるあさかわへ行きます。
犬はリー・ナナ・ココ・サダハル・ノエルが来ていました。
ノエルは抱っこが大好きで私の膝の上にずっといました。
13:49 景信山を後にして下山します
13:50 登山道
13:53 登山道 団体さんが登ってきました
13:54 分岐 いろは(ヤゴ沢)へ下ります
13:56 登山道
13:57 登山道
14:01 登山道
14:09 ここでジグザグは終わりです
14:09 登山道
14:11 登山道
14:12 水場 景信を出発して水場まで23分でした
14:17 登山道
14:19 登山道
14:21 登山道 丸木橋を渡ります
14:22 登山道
14:23 登山道 丸木橋を渡ります
14:24 登山道
14:24 登山道
14:25 登山道 丸木橋を渡ります
14:26 登山道 丸木橋を渡ります
1427 いろは(ヤゴ沢)登山口に着きました 
景信を出発してから登山口まで約38分でした
14:37 小さな春を見つけました スミレが咲いていました
今日は久しぶりに滝コースを歩きましたが登山道は荒れていました。
花も早くてわずかにユリワサビが二株見られました。
花を見られるのはこれからですね。


ホームへ   ハイキングのページへ