景信山(727m)
6号路〜景信山〜いろは(ヤゴ沢)
2015年12月5日(土)晴れ

 11月29日の餅つきの日にAさんからいつもかどやで会っていたボーイちゃんが九州に引っ越したのですが
 出てくるので土曜日に景信山に行った帰りにかどやに寄ろうと言われていたので、景信山に行くことにしました。
 景信山に行くならもしかしたら【キジョラン】が見られるかと思い6号路を行くことにしました。
 【キジョラン】は見られましたが遠くにあり正面を向いてないので横顔しか見ることが出来ませんでした。
 でも天気が良かったので素晴らしい富士山が見られました。
 景信山に着くと知り合いは一人も来てなくて少々がっかりして帰ってきました。
 一人で飲むビールは美味しくありませんで半分くらいしか飲めませんでした。
 帰りは底沢に下ろうかとも思ったのですが一人なのでいろは(ヤゴ沢)を下り高尾から電車で相模湖まで
 行きました。でもボーイちゃんが来るのは来週と知らされてまたまたガッカリです。


   「交  通」  自宅6:17→バス(6:27)→市川駅6:57発→お茶の水(乗換)7:18着7:23発(中央特快高尾行)→高尾8:18着8:23発(京王線)→高尾山口8:26着

   「コース」  6号路〜一丁平〜景信山〜いろは(ヤゴ沢)

   「Menber」 単独

8:30 綺麗になった高尾山口駅
8:31 高尾山口駅を出発します 人はあまり多くはありません
8:35 ケーブルカー山麓駅
8:43 登山道 
8:48 お地蔵様 合掌
8:48 道路わきを珍しい乗り物が降りてきました 初めての光景です
8:49 6号路登山口 右は病院の前を通るルートです
8:51 登山道
8:57 登山道
9:01 冬イチゴ
9:01 分岐 右下はびわ滝です その横の石段を登ると高尾山へ行きます
9:04 登山道
9:13 登山道 沢を右に見て歩きます
9:15 登山道
9:20 登山道 ベンチで休んでいる人たちがいます
9:23 登山道 気持ちの良い道です
9:28 大山橋 ここで水分補給をして出発します
9:29 大山橋を出発します 
9:33 登山道 根っこが網の目のようになっています
9:35 登山道 ちょっと先には木の橋が見えています
9:36 登山道 石の出た登山道です
9:37 登山道
9:39 登山道 ネットが張られています
9:40 登山道
9:43 6号路と稲荷山コースの分岐です
9:44 道標 
9:44 6号路 私の前を歩いていた人たちは6号路へ行きました
9:44 登山道 稲荷山コースと合流する登山道です
9:46 分岐 左からの稲荷山コースと合流地点です
9:54 キジョラン(鬼女蘭)キョウチクトウ科つる性の多年草
キジョラン(鬼女蘭)
 長距離移動することで知られているチョウのアサギマダラの食草とされ、卵も産み付けられる。
 木質になるつる植物で葉は対生し卵円形で大きく全体にはハート形に近く葉の表面は深緑で無毛でつやがある
 花は白で径約4mmと小さい。花に対して果実は大きく、楕円形で長さ13-15cmになりつるからぶらさがる。
 キジョランの実は冬が近づくと、はじけて中から綿毛が飛び出しその綿毛が鬼が髪を振り乱した姿に
 似ていることから、漢字で「鬼女蘭」と書きます。
9:59 キジョラン(鬼女蘭) 2つ目のキジョラン 正面から見たかったです
10:07 富士山 木の間から望む富士山
10:10 ベンチで数人の人が休んでいました
10:10 分岐
10:11 道標 正面は高尾山山頂へ 左は一丁平方面
10:11 分岐 私は左の一丁平へ進みます
10:13 登山道
10:15 分岐 ここから先は奥高尾 上に行くともみじ台
10:15 階段を上ると高尾山山頂へ行きます
10:15 私はもみじ台を巻いて進みます
10:16 登山道 この辺りはシモバシラの氷華が見られる所です
10:25 分岐 正面はもみじ台方面 私は左の登山道を来ました
10:26 分岐 左の階段は一丁平へ 私は右の登山道を進みます
10:28 登山道
10:28 登山道
10:32 登山道
10:33 登山道
10:34 登山道 光に当たると紅葉が美しいです
10:36 紅葉 ひときわ美しい紅葉です
10:36 紅葉
10:37 登山道
10:38 登山道 もうすぐ一丁平です
10:39 ススキが光って綺麗でした
10:40 一丁平に到着です 高尾山口駅から一丁平まで2時間9分でした
キジョランを見る為に15分程ウロウロしてました
10:41 水分補給して一丁平を出発します
10:43 分岐 階段を上ると見晴台 いつもは右に行くのですが
今日は富士山が綺麗だろうと思い見晴らし台へ行きます
10:44 見晴らし台への階段を登ります
10:45 見晴台 ここからでも富士山が見えています
10:45 雄大な富士山 雲一つありません
10:48 見晴台を出発します
10:49 分岐 左は見晴らし台を巻くコース 今日は見晴らしから下りました
10:49 小仏城山への分岐 右は階段を巻くコース
10:53 木段を登ります
10:58 分岐 左は小仏城山 右は小仏峠への登山道
10:58 分岐に立つ道標
10:58 登山道 小仏峠へ進みます
11:02 分岐 左上は小仏城山へ 右は小仏峠へ
11:05 分岐 高尾方面を望む
11:05 登山道
11:07 登山道 この登山道は滑りやすいので注意して
11:11 分岐 階段を上ると小仏城山へ 私は左の登山道をきました
11:11 登山道
11:15 分岐 右の巻き道へ進みます
11:18 今日も地図を販売しています 少しお話して出発します
今日は清掃登山と言ってましたが入笠山でお会いしたAoさんと会いました
11:23 小仏峠
11:24 小仏峠で旅人を見守るお地蔵様 合掌
11:24 小仏峠登山口
11:34 登山道
11:35 登山道
11:45 展望 この時間になるとガスってきました
11:40 いろは(ヤゴ沢)と小仏峠との分岐
11:54 景信山に到着しました

               高尾山口から景信山まで3時間22分でした

土曜日の常連さんは一人もいませんでした。
やはり知り合いがいないのはとても寂しいことです。
一人で飲むビールは美味しくありません。一人お顔は知っている方がいましたが
お名前が思い出せませんでした。
離す人もいないので上の茶屋のお父さん、お母さんに会いに行き少し話をして下山する
事にしました。この時はかどやに行くのは今日だとばかり思っていました。
12:49 景信山の紅葉
12:53 景信山 これから下山します
12:54 景信山直下の登山道
12:57 分岐をいろは(ヤゴ沢)へ入った所です
12:58 登山道
12:59 登山道
13:02 登山道
13:04 登山道
13:08 登山道
13:10 エイザンスミレ
13:12 登山道 ジグザグはここで終了です
13:16 水場
13:18 登山道
13:19 登山道
13:20 登山道 丸木橋を渡ります
13:21 登山道
13:23 丸木橋
13:24 登山道
13:25 丸木橋
13:25 4つ目の丸木橋
13:27 登山道
13:28 登山口 合掌
13:29 駐車場
13:33 最初の登山口
13:48 小仏バス停
14:05 ピンクのバスが入ってきました
小仏バス停に着くとバスが出ていくのが見えましたが時間に余裕があったので
次のバスを待つことにしました。
ピンクのバスが入ってきました。可愛いバスですね。
高尾駅に着き電車に乗り相模湖で下車してかどやさんに行きました。
久しぶりにSoさんご夫婦に会いさぶちゃんにも会う事が出来ました。
でも一向にボーイちゃんは現れません。Soさんに聞くと来週だと言う事です。
その内Aiさんが来てひょっとして間違えているのではと思って来てみたら案の定だと言う事です。
かどやさんも知らない人たちばかりでそろそろ帰ろうかと思っていたところでした。
移転したAiさんの家に行ってみようと言う事で案内していただきました。
相模湖を見下ろすとても環境の良い所でした。
花火を見るには最高の場所だし縁側で一杯眺めながら相模湖を見るもよし。


ホームへ   ハイキングのページへ