景信山(727m)
千木良〜城山〜景信山〜小仏峠コース
2015年6月28(日)晴れ

 今朝起きて歩き始めると右足付け根に違和感を覚え少し痛みがあるので今日は高尾山口から
 6号路を歩こうと思って電車に乗りました。
 高尾駅で京王線に乗り換えようと思い電車の出口に向かうとMizuさんご夫妻にお会いしました。
 先週雨の為景信山に行けなかったので先週のコースを歩こうと思ってと言う事です。
 それでご一緒することにしました。
 高尾駅から電車を乗り換えて相模湖駅まで行きます。
 八王子行のバスに乗車して千木良で下車して登山口に向かいます。
 千木良に降りることはありましたが登ったことはありません。
 4月7日に高尾山から城山へ行き千木良に下山したことがあります。


   「交  通」  自宅6:20→バス(6:45)→市川駅6:57発→お茶の水(乗換)7:18着7:23発(中央特快高尾行)→
               高尾8:18着8:20発→相模湖8:28着→バス(八王子行)8:39発→千木良8:46着
   「コース」  千木良登山口9:08→城山10:32→景信山12:06→
               景信山出発15:14発分岐15:18登山口17:03小仏バス停17:20→高尾駅18:00
   「Menber」 Mizuさん・Kuroちゃんと私の3名

          城山へ
8:55 千木良バス停で下車して登山口に向かいます
8:55 富士山が見えていますが雪がほとんどなくなりました
8:59 登山口にあるお店の御主人と話をします
テレビで佐藤パンチさん・根本りつ子さん・村井美樹さんが高尾山から
富士山を目指して3泊4日の山歩きをしたのですがそのテレビを見たと
登って来る登山者が7〜8割を占めていると言う事です
9:08 富士山 少し雪が残っています
9:08 登山口 ポカリとお餅を買って登山口へと向かいます
9:09 登山口を城山へと登ります
9:11 登山道
9:15 登山道
9:17 登山道 粘土質の登山道で滑りそうなので注意して登ります
9:18 登山道
9:19<登山道
9:20 登山道
9:21 真っ赤なキノコです 多分毒キノコでしょう
9:22 登山道
9:23 登山道
9:24 お地蔵様 顔だけが置かれています どうしたのでしょうか?合掌
9:24 登山道
9:29 登山道
9:30 アカショウマ(赤升麻)ユキノシタ科
9:32 登山道 涼しい風が吹いて気持ちが良いです
9:32 道標 城山まで1.4kmです
9:33 こんな看板があります 美味しい物はサルが先か
人間が先か競争だそうです
9:34 登山道
9;36 昔はここに小屋があったそうです
9:38 ガクアジサイ(額紫陽花)ユキノシタ科の落葉低木
9:38 登山道 木段になっています
9:39 お地蔵様 洋服を着せてもらってます 合掌
9:42 登山道 石が並べられた登山道
9:44 登山道 岩の登山道です 注意して進みます
9:45 登山道 ここは階段状の多い登山道です
9:48 登山道
9:50 登山道
9:53 登山道
9:58 登山道
9:59 ハナイカダ(花筏)ミズキ科の落葉低木 別名・ヨメノナミダ(嫁の涙)
9:59 登山道
10:01 登山道
10:04 登山道 木の緑が美しいです
10:08 赤い実 最初は花かと思ったのですが赤い実でしたが
何の実かわかりません
10:09 オカトラノオ(岡虎の尾)サクラソウ科の多年草
10:11 ホタルブクロ(蛍袋)キキョウ科の多年草
10:12 お地蔵様 合掌
ホタルブクロ山ホタルブクロに違いについて
ホタルブクロには萼と萼の間に付属片があり、それが逆立ちをしているように、反り返っているのです。
ヤマホタルブクロは萼と萼の間には付属片がなく怒り肩のように見えます。
ホタルブクロは人里近くに多い。
ヤマホタルブクロは山地から高山の礫地など、標高の高い場所に生えます。
花の色は、どちらにも白花があります。
一般的に花の色はヤマホタルブクロの方が濃い色をしています。
ホタルブクロの花期は6月から7月で、ヤマホタルブクロより1ヶ月ほど早く咲き出します
10:12 登山道
10:14 登山道
10:15 ヤマユリの蕾 開花が楽しみです 咲くと良い香りがします
10:15 倒木
10:17 登山道
10:20 オカトラノオ 群生しています
10:21 オカトラオノ 白い小さな花の一つ一つがとても可愛いです
10:23 登山道
10:26 登山道
10:31 登山道 これを登り切れば城山山頂です
10:32 城山に到着です 先ず目につくのがアジサイです
10:32 ガクアジサイ
               登山口から城山まで1時間23分でした
10:32 城山 お弁当を食べたり休憩したりしている人がいます
10:34 富士山 雲がかかっていますが見えています
10:34 城山 手前の店は通過して春さんの店へ行きます
11:10 以前の店は閑散としてましたが春さんになってお客様が増えました
Mizuさん達はなめこ汁を私は冷やしぜんざいを注文しました。
登って来るとかき氷を注文する人が多いようです。今日は暑いですから。
ここのかき氷は山のように盛られているので一人で食べると頭が痛くなってしまします。
朝どれきゅうりを出してくださいました。
Koyataさんがやってきました。足が速いので先に行ってもらいます。
          景信山へ
11:11 城山を出発して景信山へ
11:18 登山道 ここは滑りやすいので注意して歩きます
11:19 登山道
11:21 登山道
11:24 登山道 今日は巻き道は通らず直進します
11:25 正面に見えるはずの富士山は雲の中なので素通りします
               城山から小仏峠まで18分でした
11:29 地図を販売しているMoriyaさんの所で立ち話
11:31 話し中
11:34 小仏登山口を出発します
11:36 登山道
11:38 登山道
11:39 登山道
11:43 登山道
11:45 登山道
11:46 ヤマユリ ここにもヤマユリの蕾がありました
11:49 登山道
11:51 登山道
11:56 展望 スカイツリーも見えてるよと言われ大体この辺りだろうと
思ってシャッターを押しました 最近目が悪くなってきました
12:01 分岐
12:01 登山道 もうすぐ景信山です
12:02 ホタルブクロ
12:05 展望
12:06 景信山に到着しました
12:25 筑波山方面
               城山から景信山まで55分でした
               千木良登山口から景信山まで約3時間でした
景信山山頂へ散策に行ってくることにしました。
【クモキリソウ】があるかもしれないと思って探したのですが今年も目にすることは出来ませんでした。
もみじ台から行けば見られたかもしれないのですが昨年あったから見れると言うものでは
ありません。今年はあきらめムードです。
今日は【リー】【ナッツ】【ナナ】【メイ】が来てました
13:11 山頂付近にありました とても可愛いです
13:18 赤い色が鮮やかでした
13:20 オオバギボウシ(大葉擬宝珠)ユリ科 名前の由来は、蕾が花茎の
上に集まっているのが、橋の欄干の擬宝珠に 似ることによります
13:46 宴会ムードです とても涼しい景信山です
14:53 この時間になると常連さんも下山して誰もいなくなりました
15:14 景信山を下山します
15:15 登山道 景信山直下です
15:16 登山道
15:18 登山道
15:18 分岐 今日は小仏峠へ下ります 後続を待ちます
15:24 登山道
15:43 登山道
15:49 小仏峠に立つお地蔵様 感謝の気持ちを込めて合掌
15:55 荷物を積んで茶屋のお父さんが下ってきました
16:00 Asaさんが足をねん挫したようです
16:01 ストックに頼ります 私もそろそろストックを買わなければ
16:03 ゆっくりゆっくり歩きます
16:28 Asaさんの荷物をMizuさんが持ちます
16:42 Asaさんの前後をしっかりした人でサポートします
16:49 Midoさんも心配して迎えに来ました
16:51 茶屋のお父さんが荷物を置いて家から車を出してくださいました
16:55 水場まで車で来てくれました 有難いことです
16:57 茶屋のお父さんの車で駅まで乗せて行って下さったでしょう
16:57 登山道
17:03 登山口
17:14 登山道
17:20 小仏バス停
18:00 高尾駅北口に到着しました
               小仏峠から登山口までアクシデントがあり1時間13分でした
               景信山から小仏バス停まで2時間6分でした
先週は雨の為茶屋が開かなかったので温泉で過ごしましたので今日は先週計画した
コースを歩いてきました。
テレビの放映を見て登山客が増えたとの事でしたが、数人にあっただけでとても静かな
山歩きが出来ました。昨日降った雨で空気も澄んで爽やかな風が吹いて気持ちの良い
山行ルートでした。
途中アクシデントがありましたがいつ自分にもそのようなことが起きるかわかりません。
一人だったらどうしようもないので出来るだけ誰かと一緒に歩くことが重要です。
今まであまりストックは使わなかったのですがそろそろ必要かなと思います。
茶屋のお父さんが車を出して下さって本当に有難かったです。
このあとあるっきんぐくらぶのメンバーで蕎麦屋さんで反省会でした。

ホームへ   ハイキングのページへ