餅つき
いろは(ヤゴ沢)〜景信山〜小仏峠
2015年5月23(土)晴


 今日は景信山でDoiさんの会社関係の餅つきです。
 明日は天気予報が雨模様なので今日に変更した方も多いのではないでしょうか?
 いつもより遅く高尾駅10時集合なので家をゆっくり出ることが出来ます。
 高尾駅に集合して10時12分の小仏行のバスに乗車して終点の小仏バス停で下車します。
 バス停にはトイレがあるので安心です。
 準備が出来ると初めてお会いする方もいるので自己紹介をして出発します。



   「交  通」  JR市川駅8:12発→お茶の水(乗換)8:43着 8:44発(中央特快)→高尾駅9:38着 10:12発(小仏行バス)
   「コース」  いろは(ヤゴ沢)登山口11:11発→水場11:37着11:44発→景信山12:26着 14:45発
               小仏峠
15:15着15:21発→小仏登山口
15:49
   「Menber」 13名(子供3名)

10:43 簡単に自己紹介
自己紹介
自己紹介
10:47 小仏バス停を出発します
10:47 小仏バス停を出発します
10:55 ピンク色のヤマボウシ(山法師)ミズキ科ミズキ属の落葉高木
名前の由来はこの4枚の白い花びらを、頭巾をかぶった
法師に見立てて名付けられました
10:55 こちらは白のヤマボウシ
夏の終わりから秋にかけて赤く熟す果実は食べたり果実酒にされます
11:00 登山道
11:04 スイカズラ(吸葛)スイカズラ科スイカズラ属の常緑つる性木本
最初は白色の花が咲き受粉すると黄色に変わる為、白と黄色の
花を一つの茎に同時に付けるので
金銀花(キンギンカ)とも呼ばれます
10:04 登山道
11:05 一番目の登山口(登山口は3か所あります)
11:11 登山口(いろは(ヤゴ沢)と小仏峠登山口に分かれます
右のいろは(ヤゴ沢)へ進みます
11:17 登山道
11:21 ミゾホウズキ(溝酸漿)ゴマノハグサ科 湿地に生える多年草
花後、袋状になった萼に包まれた果実が
ホウズキを思わせるのでこの名がついたようです
11:24 登山道
11:26 登山道
11:27 登山道
11:32 登山道
11:37 水場に到着しました のどを潤します この水は飲めます
11:38 水場
11:44 水場を出発します
11:44 出発ですよ
11:46 登山道
11:51 登山道
11:58 登山道
12:05 登山道
12:06 丸葉空木(丸葉空木)アジサイ科ウツギ属の落葉低木
別名ツクシウツギ ウツギとは、茎が中空(髄が無い)木
12:09 フタリシズカ(二人静)センリョウ科の多年草
和名は、2本の花序を、能楽「二人静」の静御前とその亡霊の舞姿に
たとえたもの 花序は2〜4つくようです
12:13 登山道
12:21 分岐 小仏峠からの登山道と合流します
5歳のHaru君は途中お父さんにほんのちょっぴり抱っこされたりしたけれど
元気に登ってきました。
登山道の上の方にはフタリシズカが沢山姿を現します。
花序が2つもあれば4つもあり「4つのフタリシズカを探しに行こう」と
やる気を起こさせるように声をかけると元気に先へ進んでいました。
12:22 登山道 急坂を登ります
12:26 景信山に到着しました 
           バス停を出発してから景信山まで約1時間40分でした
景信山に着くとあずまやが用意されていました。
冷えたビールで”お疲れ様でした”。
景信山では汗で冷えた体には1枚上着を羽織らないと寒いくらいです。
写真を撮るのを忘れましたが餅につけるものは【景信山の青木茶屋特製のユズネギ・
黄粉・あんこ・大根・カラムーチョ・】などです。
今回餅つきの名人と言われているMabeさんが個人的に登って来てたので最初のこねるのを
手伝っていただきました。こねるのが一番大事なのです。
13:07 餅つき Mabeさんに手伝ってもらってこねます
あれっ、Haruくん お腹出してどうしたのかな?
かえしはDoiさんです
位置を確認して始まります
餅つきが始まって周りに大勢の外人さんが餅つきの様子を見ています。
Doiさんの会社関係の一人がアメリカに仕事で滞在していた方がいて通訳をして下さいました。
若い外人さん達で交換留学生との事です。
アメリカやデンマークやその他色々の国の人達だそうです。
餅つきを見るのもつくのも初めてと言う事でついて頂く事にしました。
交代でついて箸を使って食べていましたが【カラムーチョ】が人気だったようです。
美味しいと言って食べていました。
外人さんたちはこの後陣馬山へ行くと言う事で【バイバイ】と言って下って行きました。
餅つき
餅つき
餅つき
餅つき
餅つき
餅つき
餅つき
餅つき
14:43 最後に全員で記念撮影をして下ることにしました
餅つきをした山の会の人の中に景信山で会う方がいて【トン汁】が余ったので食べて下さいと
言う事です。寸胴の鍋に沢山作ったのでしょう。まだ沢山残っていました。
味噌を青木茶屋からもらって味を調整したら美味しくなり暖めて頂きました。
14:45 景信山を後にします
14:46 下山
14:46 富士山 富士山の山頂付近だけうっすらと見えています
14:47 景信山直下
14:51 分岐 左はいろは(ヤゴ沢)今日は小仏峠へ下ります
14:53 登山道
14:55 登山道
15:02 登山道
15:15 小仏峠登山口に到着しました
15:16 地図を販売しているMoriyaさんへ挨拶に行きます
15:20 小仏峠のベンチにて
15:21 小仏峠を出発します
15:22 登山道
15:25 登山道
15:28 登山道
15:35 登山道
15:39 水場に到着しました この水は飲むことが出来ます
15:40 水場 私も飲みましたが冷たかったです
ポリタンクをもって汲みに来ている人もいます
15:42 一休み一休み
15:44 水場を出発します
15:46 登山道 石のゴロゴロした登山道で歩きにくいです
15:47 登山道
15:49 登山口の標高は369.51m
15:49 登山口に到着しました
15:54 登山道
15:56 ジャケツイバラ
ジャケツイバラはもう終わったのかなと思って上を見上げると黄色くなっています。
望遠で見るとジャケツイバラとわかりました。
あまりに高い所にあるので良く分かりませんでした。
今年も綺麗に咲いているようです。
昨年ジャケツイバラを近くから見たいと言って南高尾へ案内していただきました。
それがこのジャケツイバラです。
15:58 登山道
15:58 本道以外の登山道を下って来ました
小仏バス停の写真を撮り忘れているようでありませんが16:10発のバスに乗車しました。
高尾駅で帰る人とあさかわに寄る人に分かれました。
途中で電話をしておいたので4人のテーブル席を取っておいてくださいました。
相変わらず混んでいて見知ったお顔が数人おりました。
餅つきも天気も良くて外国の留学生の方々にも餅つき体験をしていただききっと良い思い出が
出来たのではないでしょうか。
参加させていただきありがとうございました。
楽しい一日でした。

ホームへ   ハイキングのページへ