日陰沢〜いろは(ヤゴ沢)〜景信山〜いろは(ヤゴ沢)
2015年3月29(日)晴れのち雨

 天気予報では土曜日が晴で日曜日は3時ごろから雨と言う予報でした。
 29日は以前から行く予定だったし、土曜日は以前勤めていた会社の事務員さんと飲み会だったので
 天気が晴でも土曜日は無理でした。
 朝起きて外を見ると晴れているので良かったと嬉しくなりました。
 日曜日は6時台のバスがないので二つ先のバス停まで歩くのですがバス停に着くとバスは出てしまいました。
 仕方なくタクシーが来ないかと探しながら歩いていると運よくタクシーが来て駅まで行ってもらいます。
 早めについたので予定より早い電車に乗り御茶ノ水で早めの特快に乗ることが出来ました。
 高尾駅で待っているとJoさんが来てKiちゃんが来てほかの人は誰も来ないのでバスに乗車しました。
 Joさんがナッツに会ってないので合いたいと言う事で日陰で下車して花を見ながら小仏バス停へ
 歩くことにしました。
 民家にカタクリが咲いていたので花を見せて頂く事にしました。



   「交  通」  自宅6:27→タクシー→市川駅6:57発→お茶の水(乗換)7:18着 7:23発(中央特快)→高尾駅8:18着
   「コース」  日陰バス停日陰民家青木家いろは(ヤゴ沢)登山口10:45発→
               景信山11:52着 14:03発水場14:53登山口15:08小仏バス停14:59

   「Menber」 Joさん・Kiちゃんと私の3名

9:13 アブラチャン(油瀝青)クスノキ科クロモジ属の落葉低木
9:15 ユリワサビ(百合山葵)アブラナ科ワサビ属の多年草
9:15 ハナネコノメ(ユキノシタ科)多年草
ハナネコノメ 先端が赤くなった粒状のものは葯(やく)ですがもうありません
ハナネコノメはもう赤い可愛い葯はなくなり遠目には白一色のように見えます。 赤いマッチ棒のような葯が可愛いのですが仕方ありません。
コチャルメルソウが沢山ありました。
アズマイチゲやニリンソウの花は少なかったです。ニリンソウはこれからどんどん咲いてくるのでしょう。
9:17 カントウミヤマカタバミ(関東深山傍食) カタバミ科 カタバミ属
コチャルメルソウ(小哨吶草)ユキノシタ科の多年草
コチャルメルソウは2月28日に来た時は全然咲いてなかったのですが今日は沢山咲いていました。
小さくてなかなか写真に撮るのが難しいです。
コチャルメルソウ
ヨゴレネコノメソウ(汚れ猫の眼草) ユキノシタ科
セントウソウ(仙洞草)セリ科 他の花より一番早く咲くことから
「先頭」という意味の名前が付いたという説もある
アズマイチゲ(東一華)キンポウゲ科イチリンソウ属の 多年草
葉が垂れ下がるのがキクザキイチゲとの見分けのポイント
ニリンソウ(二輪草)キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草
ニリンソウ 日陰のニリンソウは少なく開いているのはごくわずかでした
9:34 ヤマエンゴサク(山延胡索)ケシ科キケマン属の多年草

全草に有毒成分を含むため誤って食べると嘔吐などを惹き起すそうです
花色は淡紅紫色から青紫色です
エンゴサク」とは変わった名前ですが、中国名(漢方薬名)の
「延胡索」を日本語読みしたものだそうです
                  民家にて
9:35 カタクリ
カタクリ
日陰で花を見て小仏バス停に向かうのですがいつも立ち寄る民家に【カタクリ】が咲いています。
見せて頂く事にしました。
黙って入ってみていく人たちがいるので竹の棒で入れないようにしていました。
私はいつも呼び鈴を押して見せて下さいと言って見せて頂く事にしています。
カタクリももう終わりのようでした。今年は花が少ないようでしたが少し早かったのでしょうか?
ショウジョウバカマ(猩々袴)ユリ科ショウジョウ バカマ属の多年草
ショウジョウバカマ 沢山ありました
ヤマルリソウ(山瑠璃草)ムラサキ 科ルリソウ属に分類される多年草
アズマイチゲ こちらの花は美しく咲いていました
9:41 ニリンソウ こちらは綺麗に開いていました
9:44 エンレイソウ(延齢草)ユリ科エンレイソウ属の多年草
                  民家を後にして車道を歩いて小仏バス停へ
                              スミレが沢山咲いていたのですがあまりよく分からないのでスミレとします
9:46 スミレ
9:47 ナツトウダイ(夏灯台)トウダイグサ科の多年草
9:47 スミレ
9:49 アブラチャン
今、高尾を歩くと【アブラチャン】が沢山咲いています。
黄色い小さな花ですがよく見るととても可愛い花です。
梅の花と競演してして美しいです。
9:54 アミガサユリ(編笠百合)ユリ科バイモ属の半蔓性多年草 別名バイモ
9:56 カキドオシ(垣通し)シソ科の蔓性(つるせい)多年草
9:57 ハナダイコン(花大根) 群生してると綺麗です
9:58 梅海道 のんびり歩いていると気持ちの良い街道です
10:03 つくし 子供の頃採りに行って袴を向いて煮て食べました
10:03 セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)キンポウゲ科
ツバメが飛んでるような形の花から ついた名
10:04 スミレ シロスミレか?
10:05 スミレ
10:05 スミレ
10:06 キランソウ(金瘡小草)シソ科キランソウ属の多年草
地獄の釜の蓋とも言う
 
10:27 フサザクラ 別名 タニグワ フサザクラ科フサザクラ属 (落葉高木).
10:28 スミレ
10:31 サンシュユ(山茱萸)ミズキ目ミズキ科の 落葉小高木
10:31 サンシュユ 別名 ハルコガネバナ(春黄金花)
遠くから見るとアブラチャンかと思って近づいてみると花が大きいので
良く見るとサンシュユでした。

どこから入ろうかと迷ったのですが1番目は花もないし、3時ごろから雨が
降ると言う事なのでいろは(ヤゴ沢)から入ることにしました。

ナッツに会いに行ってみんなで【ナッツ】と呼んだのですが声がしません。
表に【カイ】がいたので【カイ 覚えてる?】と言うとしっぽを振って近づいて
来ました。覚えててくれたようで嬉しかったです。
10:45 いろは(ヤゴ沢)登山口
10:49 ナガバノスミレサイシン(長葉の菫細辛)
10:50 シロバナヤマルリソウ(白花山瑠璃草)
10:53 登山道
10:55 エイザンスミレ まだ蕾です
10:57 ヤマネコノメソウ(山猫の目草)
11:18 登山道 ここからジグザグの登山道になります
11:43 スミレの蕾 凛として立っていました
景信山に到着すると茶屋にはいつもの常連さんが賑やかにしています。
犬はナナとリーの2頭です。
ナナは大分慣れて呼ぶと出てきますがまだおっかなびっくりと言う感じです。
今日は暑いので1本のビールをKiちゃんと半分ずつ飲むことにしました。
後は熱燗にします。
お手伝いにManaちゃんが来ていました。
一昨年、北横岳でお会いした方とあさかわで一緒に飲んだYoさんが立ち寄ってくださいました。
まだ覚えていて下さったと言う事はとても嬉しいことです。
11:44 登山道 この辺りはスミレが多い所です
エイザンがいたよとKiちゃんが言ってます
11:44 スミレ 綺麗なスミレです 色も形も素敵です

11:45 白いエイザンスミレ(叡山菫)スミレ科の多年草
草名は比叡山に生えるスミレという意
11:46 ミミガタテンナンショウ
11:46 登山道 もうすぐ景信山です
11:48 エイザンスミレ
小仏峠といろは(ヤゴ沢)の分岐の所で小仏峠からのあるっきんぐくらぶのMizuさんご夫婦と
偶然に会いました。
今日29日はあるっきんぐくらぶの景信山に登ると連絡を頂いていたのですがついつい連絡するのを
忘れてフリーで来ることになります。
あるっきんぐくらぶはご夫婦二人だけで、くらぶ員は雨が降ると溶けちゃう人が多いのだそうです(笑い)
お会いできてよかったです。
景信山に着くとMidさん・高尾で会ったOさんとむさしの山荘のOさんしかいません。
昨日は天気が良く今日は雨の予報だったので昨日来た人が多かったようです。
犬もリーしかいません。
でも一番下のNaruちゃんがお手伝い、天ぷらを揚げていたのでみんなで注文しました。
上手に揚げていましたよ。
11:50 展望 曇ってきたので展望はありません
11:52 景信山に到着です
         いろは(ヤゴ沢)登山口から景信山まで1時間07分でした
11:52 ミツマタが綺麗に咲いていました
11:53 ミツマタ
13:15 Koyさん・Kiちゃん・Joさん・Mizuさん・Midさん・Kuさん
みんなでワイワイにぎやかです
13:15 茶屋 今日はお客さんが少ないので静かです
14:03 下山します
14:05 景信山直下の登山道
14:07 登山道
14:11 スミレ
14:11 登山道
14:14 登山道 後続を待ちます
14:19 登山道
14:25 登山道
14:31 登山道
14:53 水場直下の登山道 雨がポツポツ降ってきました
15:01 登山道 橋を渡ります
15:05 登山道 傘をさす人もいます
15:05 登山道 傘をさす人・雨具を付ける人それぞれです
15:08 登山口に到着しました
         景信山から登山口まで1時間04分でした
15:8 アブラチャン
15:19 梅 小仏バス停に向かう途中に咲いているのですが綺麗でした
15:21 サンシュユのあるあたりで
15:26 梅とアブラチャンの競演 この辺りには梅もアブラチャンも多いです
 今日は雨の心配がありましたが皆さんにあえて楽しかったです。
 花も沢山出会う事が出来ました。
 スミレはまだこれから咲くことでしょう。
 4月に入るとニリンソウ・タカオスミレ・えいざんすみれ・など楽しみな花が咲いてくれます。
 花を求めて高尾へ足を運ぶことをお勧めします

ホームへ   ハイキングのページへ