景信山727m
6号路〜高尾林道〜一丁平〜景信山〜いろは(ヤゴ沢)コース
2014年11月8日(土)曇り


  天気予報を見ると明日より今日の天気が良いと言う事で出かけることにしました。
  高尾駅から出発するか高尾山口から登るか決めずに出発しました。
  高尾駅について高尾山口から登ろうと思い電車を乗り換えて高尾山口に向かいます。
  稲荷山にしようか、6号路にしようか。何となく6号路に進みます。
  ケーブルカー乗り場は大勢の人がいます。今日はよさこい祭りのイベントがあるらしく
  はっぴを着た人たちがいます。お昼には知り合いの【はしもとよしはる】さんのオリジナル曲を
  披露するようです。
    


   「交  通」  自宅7:10→JR市川駅7:52発→お茶の水8:14着(乗換中央特快高尾行)8:15発→高尾駅(乗換え)9:22発→高尾山口9:25着
   「コース」   高尾山口9:37発→6号路登山口9:44発→大山橋10:20→6号路と稲荷山との合流地点10:39→ 高尾林道へ10:43→一丁平12:29着
               一丁平12:40発→小仏峠13:20着 13:25発→景信山14:00着→景信山14:47発→登山口15:25小仏バス停15:39着
   「Menber」 単独 6号路分岐でKaさんと遭遇したのでそこから2人

9:29 冬桜が咲いています
9:36 ケーブルカーを待つ人が大勢います
9:37 稲荷山コースの登山口 通過します
9:40 お地蔵様 合掌
9:41 登山道 紅葉してもみじが美しいです
9:42 ケーブルカーが登って行きます
9:42 シロヨメナ 登山道わきにひっそりと咲いていました
9:44 6号路登山口 今日の無事を願って合掌
                     小仏バス停から登山口まで18分でした
9:46 登山道
9:48 登山道
9:50 登山道 大勢の人が列を作っています
9:51 サラシナショウマ(晒菜升麻)キンポウゲ科の多年草
「サラシナ」は若菜を茹で水にさらして山菜として食したことに由来する
9:54 登山道
9:57 イワタバコ(岩煙草)イワタバコ科の多年草 花は8月頃咲きます
9:58 登山道
9:59 登山道 木の根が張り出しています
10:02 登山道
10:12 登山道
10:16 登山道
10:20 大山橋 水補給してすぐ出発します
大勢の人が休憩しています
10:21 登山道
10:27 橋が見えてきました ここは右には行けません
10:27 橋を渡るとこのような登山道になります
10:29 登山道
10:32 橋 ここで写真を撮っている人が多いです
10:32 登山道
10:33 登山道
10:36 橋 6号路は直進して沢を進みます 橋を渡ると稲荷山へ
10:36 6号路は直進 石を渡って進みます
10:38 登山道 頭上の木々が紅葉して綺麗です もうすぐ合流地点です
10:39 稲荷山コースと6号路との合流地点です
10:39 左からは稲荷山コースです 大勢の人がやってきます
                     6号路登山口から稲荷山と6号路の合流地点まで55分でした
10:39 6号路は下れません 登り専用です 11/1〜11/30日まで
10:39 道標 右下は高尾林道・ふれあい館
10:43 高尾林道へ進むと木に絡んだ葉が紅葉して美しい
10:46 キジョラン(鬼女蘭)ガガイモ科
冬近くになるとはじけて中から綿毛が飛び出します
その綿毛が鬼が髪を振り乱した姿に似ていることから
【キジョラン】がどのようになっているか気になっていましたので探していました。
稲荷山と6号路の合流地点にいたらKaさんがいらっしゃったのです。
「久しぶりです」「これからどちらへ」「私は景信山へ」と言う事で「一緒に景信山へいきましょうか」と
言う事になり少し遠回りになるけど【高尾林道】を歩くことになりました。
Kaさんは花に詳しくていろいろ教えて頂いております。
「キジョランが気になっているのです」と言うと葉の陰になっているのを教えて頂きました。
10:47 キジョラン 少し角度を変えてみると根元が見えました
10:48 登山道
10:48 シラキ(白木)トウダイグサ科 雌雄同株 5〜6月花が咲く
10:48 紅葉が美しい
10:50 サネカズラ(実葛)ビナンカズラ(美男葛)とも言う
茎に粘液を含み、整髪に用いたため 8月頃開花する
10:52 ユズリハ(譲葉)ユズリハ 科 逆光になりました
若葉が伸びてから古い葉が落ちるので。これを親が成長した子供に後を
譲るのにたとえて、おめでたい木とされ、古くから正月飾りに使われています
10:54 ユズリハ5月〜6月頃、前年枝の葉腋から
総状花序をだし、花弁も萼片もない小さな花を咲かせるそうです
10:54 階段を下ります 以前ここを下ったことがありました
10:57 登山道
10:57 道標
10:57 登山道
10:58 ヒメスイバ(姫酸葉)タデ科の多年草 花期は5月〜8月
10:59 登山道
11:00 山椒の実 赤い実をつけています
11:01 シロヨメナ (白嫁菜)
11:04 タチツボスミレ(立坪菫)
11:05 登山道
11:07 シロヨメナ 群生していますがもう終わりです
11:08 ツルギキョウ(蔓桔梗)キキョウ科の多年草
11:11 登山道
11:14 登山道
11:14 道標
11:16 ツルギキョウ
11:17 登山道 
11:20 登山道
11:23 ツルニンジン(蔓人参)キキョウ科の蔓性多年草 別名はジイソブ
咲き残っていました(爺のそばかすの意)
11:23 ツルニンジン果実は刮ハ。萼片が大きく横に張り出している
11:26 登山道
11:29 カラマツ 高尾には少ないようです 一部黄葉しています
11:33 ヤツデ(八手)
11:35 エイザンスミレ(叡山菫)比叡山で発見されたのでついた名
11:36 登山道
11:37 登山道 小さな小屋があります
11:38 登山道
11:38 道標
11:40 ハダカホウズキ (裸酸漿) 実はがくにおおわれ ないのでついた名
11:44 登山道
11:53 タカオヒゴダイ(高尾平江帯)キク科 高尾で最初に発見された
11:55 センブリ(千振)リンドウ科 日が差さないと花は開かない
11:56 センブリ こちらは花を開いてました
11:57 リンドウ(竜胆)リンドウ科 日光が当たると花を開かせる
11:57 リンドウ 曇りなので花は閉じています
11:58 リュウノウギク(竜脳菊)キク科の多年草 晩秋に花をつけます
11:59 ヤクシソウ(薬師草)キク科の二年草 とても可愛らしい3姉妹
12:00 登山道
12:02 ツルニンジン レンジャーの方がテープで囲って保護してました
12:05 ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸)ナス科の多年生 茎などに毛が多い
12:07 マルバノホロシ つる性多年草 花期は8〜9月
12:09 分岐
12:09 一丁平方面に進みます 階段を登ります
12:09 道標
12:10 ノハラアザミ(野原薊)キク科アザミ属の多年草
花の下部(総 包)に粘りがあるのがノアザミ、粘りがないのがノハラアザミ
12:10 コウヤボウキ(高野箒)キク科
12:12 センボンヤリの綿毛
12:12 登山道 何かあったのでしょうか
12:13 サルトリイバラ
12:15 登山道 両脇にはススキが美しいです
12:16 リュウノウギク
12:20 登山道
12:23 登山道 草をかき分けて入って行きます(わかりにくいです)
12:24 登山道
12:25 ミヤマシキミ(深山樒)ミカン科 常緑低木で有毒
12:28 登山道
12:29 一丁平に到着しました
                     稲荷山と6号路の合流地点から一丁平まで1時間36分でした
                     6号路登山口から一丁平まで2時間45分でした
一丁平に着くとあずまやで10人ほどの人がトン汁パーテイーをしていました。
そばを通った我々を呼び止めて「沢山作ったので食べてほしい」と言うので
「ちょうどおなかも空いてきたのでごちそうになります」と遠慮なくいただくことにしました。
美味しかったです。もう一杯どうぞと言われましたがこれから景信山まで歩かなければならないので
二杯目は遠慮しました。
ケーブルカーで来て一丁平でパーテイーをやってケーブルカーで下るのだそうです。
カメラを向けたらおどけて写真を撮らせてくださいました。
12:38 御馳走様でした 愉快な方たちでした
12:40 一丁平


12:40 一丁平を出発します
12:43 イチョウが黄葉して美しいです
12:43 紅葉 とても綺麗です
12:44 分岐 左の巻き道へ進みます
12:44 登山道
12:48 登山道
12:49 ノササゲ(野大角豆)マメ科ノササゲ属 つる性の多年草
12:49 ノササゲの果実
12:52 登山道
12:56 分岐 左は城山・右へ行くと景信山 景信山へ進みます
13:00 登山道
13:03 紅葉したところがハート形に見えるそうですがいかがでしょうか?
13:05 一丁平の紅葉を眺める
13:06 ピンクのゲンノショウコ(現の証拠)フウロソウ科の多年草
13:08 登山道
13:12 分岐 右の階段を登れば城山です
13:12 登山道
13:16 分岐 右の巻き道を進みます
13:18 登山道
13:20 小仏峠の地図を販売している所へ着きました 少し話をして登山口へ
13:24 登山口の横に立ってるお地蔵様 合掌
13:25 小仏登山口 ここから約30分ほどで景信山に着きます
13:26 登山道
13:29 登山道
13:31 アリノトウグサ(蟻塔草)アリノトウグサ科
小さな花が草を登っている蟻のように見えることから
13:40 登山道
13:43 登山道
13:48 タチツボスミレ
13:51 登山道
13:52 登山道
ここまで来る途中で親子山学校の皆さんに会いました。
3つくらいの班に分かれて歩いてました。
親子山でご一緒していたSekiさんが先頭を歩いていて少しお話しさせていただきました。
先日電車の中でお会いしたお母さんと子供さんもいらして「あざみさん」と声をかけて頂きました。
Sekiさんに「これからですか?」と言われましたが、高尾林道を着たので遅くなってしまいました。
また、景信山から下ってこられたNozaさんともバッタリ。
もう遅い時間なので誰もいなくなったと言う事でした。
13:53 分岐 右に進むといろは(ヤゴ沢)です
13:57 オヤマボクチ(雄山火口)キク科ヤマボクチ属の多年草
13:59 アリノトウグサ(蟻塔草)紅葉しています
14:00 景信山に到着しました
                     小仏登山口から景信山まで立ち話などして39分でした
                     6号路登山口から景信山まで4時間26分でした
14:40 紅葉 とても綺麗な紅葉です
14:42 上の茶屋 この時間はお客さんも少ないです
景信山に着くと知り合いは誰もいません。
犬の【リー】だけでした。
熱々のおうどんを頂いて、もう遅いので早々に下ることにしました。
上の茶屋を一回りして下ります。
14:45 センボンヤリの綿毛が群生しています
14:46 景信山とお別れします
14:46 ミツマタの蕾が花を咲かせる準備をしています
14:46 景信山を出発します
14:47 登山道
14:55 分岐 いろは(ヤゴ沢)へ下ります
14:56 シロヨメナ
14:58 登山道 ジグザグに下ります
15:11 登山道
15:13 水場
15:14 登山道 水場直下の登山道です
15:15 登山道
15:21 登山道
15:23 登山道
15:25 登山口に着きました 無事に下山できたことに感謝 合掌
15:30 登山道 紅葉が美しいです
                     景信山から登山口まで33でした
15:25 登山口に着きました 無事に下山できたことに感謝 合掌
15:30 登山道 紅葉が美しいです
15:32 この辺りも紅葉が綺麗です
15:39 小仏バス停に着きました
 バスは4台いましたがすれ違いが出来ないので2台運行でした
                     景信山から小仏バス停まで53でした
                     登山口から小仏バス停まで14でした
今日は6号路と稲荷山の合流地点で偶然Kaさんとお会いして高尾林道を歩き(一人ではちょっと寂しい道)
珍しい花や木の実を教えて頂くことが出来ました。感謝いたします。
一人で歩くと知らないで通過する事ばかりです。
また、小仏バス停で地図のMoriyaさんとNozaさんに会ってNozaさんとあさかわで一緒に飲んで
帰りました。Nozaさんは地図の測量にも参加されている方です。
バリエーションコースを歩かれているそうで高尾は熟知していらっしゃいます。

ホームへ   ハイキングのページへ