景信山727m
いろは(ヤゴ沢)コース〜景信山〜小仏コース
2014年9月13日(土)晴


  先週の日曜日に景信山に行く予定だったのですが雨が降って中止になり【神田明神】に変更に
  なりました。7月13日に景信山に行った後行ってないので2か月ぶりになります。
  今日は高尾駅北口に10時集合なので朝はゆっくりですが余裕を持って出たいので30分位早く行きます。
  高尾駅で本を読みながら待ちます。久しぶりにWataさんと偶然に会いました。
  バスは2台運行でしたが空いてました。
  3連休なので高山に行った人が多かったのでしょうか?
  どのコースを登ろうかと相談したのですが時間も遅いのでいろは(ヤゴ沢)を登ることにしました。
  久しぶりなのでゆっくり歩きます。   


   「交  通」  自宅7:20→JR市川駅8:04発→お茶の水8:25着(乗換中央特快高尾行)8:28発→高尾駅9:26着
   「コース」   小仏バス停10:33発→いろは登山口10:57→水場11:20→ 景信山12:04→
               景信山13:58出発→小仏峠14:31→ 小仏峠14:31発→登山口15:04→バス停15:20
   「Menber」 Doiさんと私の2名

10:36 小仏バス停を出発します
10:41 ゲンノショウコ 西日本では紅色が多いが高尾山は白っぽい
10:42 クズ(マメ科)もう終わりかけていました
10:57 登山口 いろはコースと小仏コースに分かれます
                     小仏バス停からいろは(ヤゴ沢)登山口まで21分でした
10:58 登山道 登山口をいろは(ヤゴ沢)コースへと入ります
11:02 登山道
11:03 ゲンノショウコ 二人姉妹かな 横顔が可愛い花です
11:05 キンミズヒキ(バラ科)とても沢山あちこちで咲いてます
11:05 登山道
11:07 登山道 足元には沢山のキンミズヒキが咲いています
11:13 登山道
11:14 ツリフネソウ 花の形が帆掛け船を吊り下げたようなのでついた名
11:13 登山道 ミズヒキが沢山咲いています
11:14 ツリフネソウ 色鮮やかな色をしています
11:16 オオガンクビソウ(キク科)ひまわりかと思われる大きさです
11:16 ミズヒキ(タデ科)花が開いて可愛いです 上半分は赤、下半分は白
11:17 登山道<
11:19 タマアジサイ
11:19 フジカンゾウ(藤甘草)(マメ科)小葉は5〜7枚
11:20 フジカンゾウ
11:21 水場 水分補給
11:22 水場を出発します
11:25 ジャコウソウ(麝香草)シソ科 全草に芳香があるのでついた名
11:26 キバナアキギリ(黄花秋桐)シソ科の多年草
11:38 ジャコウソウ ミズヒキと一緒に咲いています
11:41 キノコ キノコの名前はわかりませんが多分毒キノコでしょう
11:49 ヤマホトトギス(山杜鵑草)(ユリ科)
11:50 なんという菊なのかわかりません
11:51 シモバシラ シソ科の多年草 白い色です
11:51 シモバシラ
シモバシラの花が終わり茎が枯れてしまうが、根はその後長い間活動を続けるため
枯れた茎の道管に水が吸い上げられ続ける。そして、外気温が氷点下になると氷の花を咲かせるのです。
この氷華を見たくて山へ行くのです。
今年の冬はどんな氷華を見せてくれるでしょうか?
11:51 シモバシラ
11:52 登山道
11:52 登山道 草が刈られていました
11:57 分岐 右下の登山道を来ました
11:58 登山道 もうすぐ景信山です
12:00 オヤマボクチ(キク科)
12:01 遠望
12:02 クサボタン(キンポウゲ科)とコミスジ 蝶の羽根はボロボロです
 淡紫色の花の先がクルンとなり可愛い花です
12:03 フクシマシャジン?
12:04 マルバハギ?
                     いろは(ヤゴ沢)登山口から景信山まで1時間7分でした
                     小仏バス停から景信山まで1時間28分でした
12:15 天ぷら 紫色の花はクズ 赤いのはシュウカイドウの花です
12:15 シュウカイドウ(秋海棠)花言葉は「可憐な欲望」
天ぷらを出して下さったとき【花を当ててね】と言われました。
「シュウカイドウとクズ」と言うと当たりでした。
【シュウカイドウ】は酸味がありました。【クズ】は良い香りがして美味しかったです。
天ぷらは何度も食べましたがこの二つの花は始めて頂きました。
「調べたら食べられると書いてあったから」と言う事でした。
葉の天ぷらはさめてもぱりぱりで美味しかったです。
この後上の茶屋へご挨拶に行ったのですが【シュウカイドウ】は上の茶屋でも天ぷらにしてました。
約2か月行ってなかったので「良く来てた人がしばらく来ないので具合が悪いのかと思ってたよ」と
言われました。
12:50 ワレモコウ(吾亦紅、吾木香)バラ科
12:51 ヒメキンミズヒキ?
12:52 マツムシソウ(松虫草)
12:52 マツムシソウ
景信山で【マツムシソウ】に出会えるとは思ってもいませんでした。
今までずいぶん景信山に来てこの辺りを見ているのですが初めてのことです。
ロープで囲ってあるのできっと誰かが植えたのだろうと思いますが嬉しいですね。
とても綺麗な色をしています。
12:53 あざみとミドリヒョウモン?
12:53 あざみとミドリヒョウモン?
13:12 センボンヤリ
13:12 センボンヤリ 綿毛
13:21 茶屋 土曜日の常連さん
13:21 茶屋 土曜日の常連さん
常連さんが突然「happybirthday to you」と歌いだしました。
そしてケーキにろうそくを立ててお祝いしているのです。
81歳の誕生日だとか。おめでとうございます。山で誕生日を迎えられるなんて素晴らしいですね。
81歳まで元気で登ってこられるかしら?
ケーキを御馳走になりました。とても美味しかったです。
今日は大失敗をしてしまいました。【リー】と【ナッツ】のおやつを忘れてきてしまったのです。
「ごめんね、ごめんね」とあやまったけどリーとナッツはわかってくれたでしょうか?
13:21 この時間になると急に誰もいなくなります
13:58 写真撮って頂けますかと言われて撮ってあげています
14:00 登山道 滑らないよう注意して下ります
14:01 オヤマボクチ
14:01 登山道 石のゴロゴロした登山道です
14:04 登山道
14:05 センニンソウ(仙人草)キンポウゲ科の多年草
14:08 シモバシラ ここにも沢山咲いていました
センニンソウボタンズルは似ているのでどっちだったかなと迷う事が多々あります。
葉の形が違うようです。ボタンヅルには葉に切れ込みが入るが、センニンソウは全縁といって、縁に鋸歯がない
センニンソウの花の萼片は4-6枚で純白 花糸は萼片よりはるかに短い。
ボタンズルの萼片は4枚 花はセンニンソウよりわずかにクリーム色で花糸は長く,萼片と同じかさらに長い
14:13 登山道
14:15 シラヤマギク
14:17 登山道
14:21 登山道
14:22 登山道
14:28 登山道
14:30 小仏峠登山口に到着しました
14:41 小仏峠 560m
                     景信山から小仏峠まで33分でした
                 小仏バス停へ
14:31 地図販売のMoriさんにご挨拶 10分ほどお話ししました
14:41 小仏峠を出発に当たり振り返ると大勢の人達がいました
14:41 小仏峠をバス停に向けて出発します
14:43 登山道
14:53 登山道
14:53 登山道
14:55 登山道
14:57 登山道
15:04 登山口に到着しました 山の神様に合掌
15:20 小仏バス停に到着 バスは20分後に出発です
                     小仏峠から登山口まで23分でした
                     景信山から登山口まで1時間33分でした
2か月ぶりの景信山でしたがゆっくり歩きでしたが楽しく歩けました。
だんだん歩くのには良い季節となりますので楽しみです。
登山道の途中ではとても涼しい風が吹いてました。

ホームへ   ハイキングのページへ