景信山727m
6号路〜一丁平〜景信山〜いろは(ヤゴ沢)
2014年7月13日(日)曇り


  土曜日に天気が良いので景信山に行こうと思っていたのですが、義妹から土曜日にお墓参りに
  行こうと連絡があったので景信山は日曜日に行くことにしました。
  6月21日(土)に歩いた以降山を歩いていないので久しぶりの山歩きです。
  今日は以前にトン吉さんから花の場所を教えて頂いたので見たかったのですが、もう2週間も
  たっているので少しでも残っていないかと思って6号路を歩くことにしました。
  6号路は清掃の親子連れや若い方たちで渋滞していました。
  しばらく会ってなかったKoyataさんとびわ滝の所で会う事が出来ました。
  歩くのが早い方なので先に行って頂きました。   


   「交  通」  自宅6:40→JR市川駅7:29発→お茶の水7:50着(乗換中央特快高尾行)7:51発→新宿8:01着
               新宿 8:09発(乗換え京王線準特急)→高尾山口9:05着
   「コース」   高尾山口9:15発→清滝駅9:19着 9:25発→6号路登山口9:34→ びわ滝分岐9:45→大山橋10:13→稲荷山合流地点10:34→
                もみじ台下10:56→一丁平11:23→城山分岐11:41→
日陰沢林道分岐11:51→小仏峠12:13→小仏登山口12:26発→景信山13:00着
                景信山14:40発→水場15:03→いろは(ヤゴ沢)登山口15:18→小仏バス停15:36着
   「Menber」 単独

9:15 高尾山口を出発 飲み物とおにぎり1個を購入
9:19 清滝駅 身支度をして出発します
9:26 ケーブルカーがお客様を待ってます
9:29 お地蔵様 合掌 手を合わせる人が増えてきました 良いことですね
9:33 ホトトギス 6号路の登山口に咲いていました
9:34 6号路登山口
9:38 登山道 ビニール袋を持って登ってます 清掃の日のようです
9:44 びわ滝分岐 親子の人達が話し中のようです
9:45 びわ滝分岐 下へ行くとびわ滝です
9:54 ムラサキニガナ(紫苦菜)花期は6月〜8月 一部綿毛になってます
山間部の林道脇や林の中に生える多年草 草丈は60cm〜1.3m
10:13 大山橋
10:19 登山道
大山橋の近くに花があると教えて下さったので探したのですがあれから2週間が過ぎました。
あるわけないとは思いながらやはり見つけられませんでした。
来年はぜひ見たいと思います。
ベンチには沢山の人が休憩していました。水分補給だけして出発します。
10:26 登山道 次から次へと登山者さんが続きます
10:31 分岐 直進すると6号路 左折すると稲荷山コースと合流します
10:34 合流地点 稲荷山コースと合流です
10:34 稲荷山からくる人たちです
                     6号路登山口から稲荷山合流地点まで1時間でした
10:35 テイカカズラ 一輪だけ咲き残っていました
名前の由来:一人の女性を愛した藤原定家が彼女の死後も彼女を忘れ
られずこの葛に生まれ変わり彼女の墓に絡みついたという
能の演目「定家」からきていると言う事です
10:37 山百合 大きな蕾です 綺麗な山百合が咲くでしょう
10:39 ハナイカダ 花が終わり黒い実になっていました
10:41 登山道
10:46 キジョラン(ガガイモ科)
10:47 ベンチには大勢の人が休憩しています
10:50 ベンチのそばにアジサイが咲いていました
10:51 分岐 左のもみじ台方面へ進みます
10:51 分岐 階段を上がるとビジターセンター・右は1号路を経て薬王院
10:53 ヌスビトハギ(盗人萩)マメ科 葉は3枚
10:53 ヌスビトハギの葉
10:53 登山道 暑くて汗が流れます
10:54 ホトトギス 花は終わっていました
10:56 もみじ台下 もみじ台は巻いて下の道を進みます
10:56 分岐 階段を登れば高尾山 今工事中のようです
10:56 直進してもみじ台は巻きます
11:01 アカショウマ
11:08 分岐 右の道へ進みます
11:09 登山道
11:13 何の花?シソ科の花です 

11:20 登山道 ついこの間まではいれたのですが植生回復の為
ロープが張られています。

11:22 ウバユリ ウバユリは沢山見かけましたが皆蕾でした。→
11:23 一丁平に到着しました 水分補給して出発します
11:26 一丁平を出発します
                     6号路登山口から一丁平まで1時間47分でした
                 小仏峠へ
10:28 登山道
11:30 登山道
11:31 ヒヨドリバナ まだ蕾でピンクです
11:32 オオバギボウシ
11:33 タカトウダイ(トウダイグサ科)高さ50〜80cm
11:34 登山道 
11:37 綺麗になった登山道
11:38 アジサイ 誰もが綺麗な色ねぇと感心する青いアジサイでした
11:39 途中から砂利を敷き詰めた登山道です
11:41 分岐 左へ進むと小仏城山・右へ進むと景信山です
11:45 葉の状態も良く見てないので?ハギなのかわかりません
11:48 登山道
11:46 ウリノキ 花が終わり実になっていました
11:47 分岐 左上に進むと小仏城山へ・右に直進すると小仏峠へ
11:48 少し上を見上げるとオカトラノオが群生しています
11:48 登山道
11:49 トモエソウ
11:51 ユウガギク でしょうか?
11:51 分岐 左は小仏城山へ・右下は日陰沢林道・直進は小仏峠へ
11:52 ヒヨドリバナ 白い花です
11:52 登山道
11:54 登山道 滑りやすいので注意して歩きます
12:03 右の階段を登れば小仏城山・左から下ってきました
12:04 登山道 滑りますので注意が必要です
12:07 オオバジャノヒゲ
12:09 巻き道の登山道
12:13 小仏峠 地図販売のMoriyaさんと少し休憩して話をしていきます
12:25 小仏峠 台風の時は、湖が出来たようです
                     6号路登山口から小仏峠まで約2時間39分でした
                     一丁平から小仏峠まで約50分でした
                 景信山へ
12:26 小仏峠登山口
12:29 小仏峠登山口を入る
12:31 登山道 尾根に出ると涼しい風が吹いていて気持ちがいいです
12:31 セミの抜け殻 ピンボケでごめんなさい
12:44 登山道 滑りやすい登山道です
12:54 登山道
上の方からしばらく会っていなかったMaeさんが下ってきました。
「久しぶり〜」と言うと「遅いねぇ、Koyataさんはもう1時間も前に来てるよ」と言われました。
今日は【あるっきんぐくらぶ】の人達もいて宴たけなわよと言う事です。
今日はお盆様を迎える日なので家で色々忙しいので早く降りて来たのだそうです。
皆さんに会えるので楽しみにもう少し登りましょう。
12:55 分岐
12:55 ムラサキニガナ ここにも有りました
12:58 曇っているので展望は良くありません
113:00 景信山に到着しました
【あるっきんぐくらぶ】の皆さんは宴たけなわですので仲間に入れて頂きます。
私はフレンドリーと言う扱いになっているので気楽にお話が出来ます。
山の話などしているとあっという間に時間は立ってしまいます。
山の上は低山ですが1枚羽織らなければ寒くなります。
上の茶屋に行ってみましたらお父さんとお母さんは法事があっていませんでした。
今日は天気が良くないので【スズサイコ】があるかと思ったのですが見つけられませんでした。
1時間40分くらい景信山にいて下ることにしましたが、皆さんは底沢に下ると言う事で私は
いろはを下ることにしました。
久しぶりに会う事が出来た人たちでした。
                     小仏登山口から景信山まで約34分でした
                     6号路登山口から景信山まで約3時間26分でした
14:32 チダケサシ
14:40 景信山を後にして下山します
14:44 分岐 直進すれば小仏峠・左はいろは(ヤゴ沢)です
14:44 いろは(ヤゴ沢)への道はここだけ草が伸び放題です
14:45 ホタルブクロ
14:45 オカトラノオ
14:48 登山道
14:58 登山道
15:02 登山道 もうすぐ水場です
15:03 水場 1口2口飲んで下ります
15:04 水場直下の登山道
15:06 登山道
15:10 ミゾホウズキ
15:10 ミゾホウズキ まだ蕾もあるのでこれから楽しめそうです
15:14 登山道 両脇にはまだドクダミの花が咲いていました
15:18 滝で二人の男性が滝に打たれてたれてました
この分岐に近い所で呼ぶ声がします。
5月23日にジャケツイバラを見に案内していただいたNagaさんでした。
これから城山へ行くと言う事で少し話をして私は小仏峠を目指します。
15:19 滝で修業
15:18 登山口に到着しました 合掌
15:20 ネムノキ ズームで撮りました
15:20 ネムノキ 
15:25 一番最初の登山口
15:35 キツネノカミソリの蕾でしょうか?
15:35 タマアジサイ 開くのはまだ先のようです
15:36 小仏バス停
                 景信山から小仏バス亭まで約46分でした
                 バスの中の珍客
15:38 サカハチチョウ ではないかと思います?
私のザックにとまりました
バスに乗ったら窓ガラスに珍客が乗っていました。
この蝶は小仏バス停から高尾駅まで無賃乗車でした。
高尾駅に到着してザックを背負ったらどこかへ行ってしまいました。
春型と夏型がいるようでこの蝶は夏型のようです。
食草はイラクサ科のコアカソ
山登りをしているとどこからともなくやってきて人の汗を吸う姿も見られる
とネットで調べると書かれていました。
日照時間が影響しており、幼虫時代の日中の時間がおよそ
13時間を下回ると春型が発生するようです。
隣に乗った男性が庭にゆずの木があり蝶の幼虫がいるけどゆずの木を丸坊主に
してしまうと話されました。
私の家は庭がないので鉢植えのミカンの木に幼虫がいて丸坊主にされます。
先日黒っぽいサナギになりアゲハ蝶になって元気に飛んでいきました。
青ちゃん観察日記にUPしようと思っています。

今日は2週間山に登ってなかったのでゆっくり歩きました。
下山は誰にも会う事はありませんでした。
山頂では久しぶりに色々な方の合う事が出来て良かったです。
今週末は天気が心配ですが南アルプスへ行ってくる予定ですが、
雨でしたら変更もあります。

ホームへ   ハイキングのページへ