景信山727m
びわ滝〜富士道〜一丁平〜景信山〜いろは(ヤゴ沢)
自然研究路などの地図にはない裏道「富士道」


2014年6月21日(土)曇り


  今日はのんびり一人旅。
  さて、どこを歩こうか?以前から一度行ってみたいと思っていた地図にない【富士道】を行こうと思います。
  ネットからプリントアウトした写真をもって歩くことにします。
  高尾山まで行くので【びわ滝】から入ることにします。 
  久しぶりの高尾山口に下車して先ず6号路へと進みます。
  「富士道」に入るには、薬王院の客殿の横を抜けていきます。
  薬王院の本堂に上がる階段を上がらずに直進すると客殿に行きますので、その手前を左に入ります。
  薬王院へ行くまでの道ではサッカーの名残のように青いシャツを着た人たちを多く見受けました。
  サッカーも気になりますね。次回は是非勝ってほしいものです。   


   「交  通」  自宅6:40→JR市川駅7:17発→お茶の水7:38着(乗換中央特快高尾行)7:41発→高尾駅8:35着 8:42発(京王線)→高尾山口8:45着
   「コース」  高尾山口8:51発→びわ滝登山口9:25→十一丁目茶屋9:57→富士道登山口10:17→もみじ茶屋下11:08着→一丁平11:46着
               城山分岐12:01→日陰沢分岐12:11→小仏峠 12:28 12:37発→景信山13:09着
               景信山14:13発→水場14:36→いろは(ヤゴ沢)登山口14:50→小仏バス停15:05着
   「Menber」 単独

8:48 京王高尾山口駅
8:51 飲み物だけ購入して高尾山口を出発します
8:54 シャラノキ(娑羅樹)夏ツバキとも言う 民家にて
8:55 清滝駅 ここでトイレ拝借
9:01 ケーブルカーのそばを通ります
9:06 お地蔵様 合掌
9:10 6号路登山口
9:11 登山道
9:11 アカショウマ ユキノシタ科 咲き始めてました
9:14 登山道
9:16 登山道 右に沢を見て歩きます
9:22 分岐 左へ進むと6号路・右へ進むとびわ滝です
ほら貝の音が聞こえてきましたので滝で修行している人がいるのかと思ったのですが
誰もいなくて、ほら貝はお世辞にも上手とは言えません。
ほら貝の練習をしているようでした。
びわ滝へ行く人は結構きついコースなのでさほど多くありません。
9:25 登山口を振り返ってみました 段差の大きい石段です
9:27 登山道
9:28 登山道 傾斜のきつい登山道です
9:28 登山道 岩がごろごろしています
9:30 道標
9:31 登山道 じめじめして蒸し暑いです
9:33 登山道
9:36 登山道 木段になっていますが誰も通りません
9:38 登山道
9:40 登山道
9:43 登山道
9:45 登山道
9:47 ホタルブクロ 曲がり角にひっそりと咲いていました
9:47 登山道
9:51 登山道
9:52 登山道
9:54 道標
9:54 道標 左に行くと2号路 一人の男性が2号路へ行きました
9:54 登山道
9:56 石段 この石段を登りきると十一丁目茶屋の広場です
9:58 十一丁目茶屋
9:57 遠望 曇っています
9:59 さる園
10:00 タコ杉
10:06 分岐 108段の階段を上ると男坂 女坂は右に進みます
10:06 女坂を進みます
10:07 消防自動車が3台通過していきました 何があったのでしょう?
10:11 女坂を進むと茶屋の前に出ます
10:12 参道
10:15 薬王院の境内を通過します
「富士道」に入るには、薬王院の客殿の横を抜けていきます。
薬王院の本堂に上がる階段を上がらずに直進すると客殿に行きますので、その手前を左に入ります。
ネットに書かれているのを参考に写真と照合しながら進みます。
進んでいくとありました。入り口が見つかってホッとしました。
                 富士道へ
10:17 富士道入り口です 本堂下の階段から客殿方向を見たところ
客殿入り口の門が見えています
10:17 客殿の門の手前に左に入る小径があるのでそこを入ります
10:18 客殿の横を抜ける通路になっています
10:18 渡り廊下の下を通過します ネットにこんな写真がありました
10:19 まっすぐ進みます
10:19 通路を進みます
10:20 突き当りになるので左に進みます 
10:20 左に進みます 右に行くと弁財天
10:21 分岐 右に進みます ここはコピーした写真と照合します
10:22 登山道 何か見ている人が二人見えますが何かあるのでしょうか?
10:23 ギンリョウソウ(銀竜草)
ムヨウラン(無葉蘭)通り葉がなく葉緑体を持たない腐生植物
今年は花の時期に山は行かなかったので【ギンリョウソウ】【ムヨウラン】も今年初めての花です。
【ムヨウラン】は遠くの上の方に咲いているので教えて頂かなければわかりませんでした。
望遠で撮らなければならないので三脚があればベストです。なければ杖を利用するように言われましたが
ザックからわざわざ取り出すのも面倒なので其の儘撮りました。
何となくそのまま花を教わりながら歩くことになりましたが、良くご存じでどこに何が咲くと言う事が
わかっている方のようで遠くにあっても「あそこにあるよ」と言われるのですが、どこどこ?と言う感じです。
10:28 登山道
トチバニンジン(栃葉人参)ウコギ科の 多年草
ヤマタツナミソウ 一輪だけ残っていましたが望遠でもこの大きさです
10:38 道標 女性とはここでお別れしました
ウメガサソウ(梅笠草)ツツジ科 ウメガサソウ属
10:38 道標
イチヤクソウ(一薬草)ツツジ科イチヤクソウ属の常緑の 多年草
イチヤクソウ 望遠でやっと撮れたと言う感じです
サイハイラン 普通のではなく赤いサイハイランですがもう終わりでした
ヨウラクラン
ハンショウズル 花が終わりこのような姿になりました 次は綿毛になります
ウメガサソウ
クモキリソウ ラン科 クモキリソウ属の多年草
カナウツギ(金空木)バラ科コゴメウツギ属の落葉 低木
ヤマホタルブクロ
橋は綺麗になっていました
11:03 道標
11:03 左の登山道へ もみじ台・一丁平方面へ進みます
11:08 もみじ台の下 これより奥高尾
11:08 登山道
クモキリソウ
クモキリソウ もう少しズーミングしてみました
11:15 ナルコユリ
11:25 登山道
一丁平に到着してお弁当にしようと言う事になりました。
私は景信山に来るときはお弁当は持たないできます。
いろいろ教えて頂いたのでお名前を聞いたら【トン吉】さんと教えて下さいました。
ご親切に感謝いたします。ありがとうございました。メールを聞いておけばよかったと悔やまれます。
失礼かなと思って聞きませんでした。今度お目にかかることがあったら教えて頂きましょう。
ここから先は一人で景信山を目指します。
11:46 一丁平に到着です
11:49 一丁平を出発します
                 一丁平から景信山へ
11:49 ヤマボウシ とても綺麗でした
11:50 ピンク色のヤマボウシ きれいですねぇ!!
白いヤマボウシ
ピンク色のヤマボウシ
11:51 ホウノキ 花が終わっていました
11:52 登山道
11:53 登山道 左の階段へ進みます
11:57 登山道
11:58 木段が綺麗にできていました
11:59 木道の後、砂利が敷き詰められていました
12:01 小仏城山と景信山への分岐 砂利の道は続いていますが
城山まで続いているのでしょうか?
12:05 登山道
12:06 オオバギボウシ(ユリ科)
12:11 日陰沢林道・小仏城山・小仏峠への分岐
この分岐に近い所で呼ぶ声がします。
5月23日にジャケツイバラを見に案内していただいたNagaさんでした。
これから城山へ行くと言う事で少し話をして私は小仏峠を目指します。
12:11 登山道
121:12 登山道
12:14 ウリノキ 大きな葉に隠れるように小さな花でクルンとして可愛い
12:20 城山との分岐 右の階段を上ると城山
12:20 登山道 すべりそうなとざんどうです
12:24 分岐 右に巻き道を進みます
12:27 登山道
12:28 小仏峠 地図を販売しているMoriyaさんご夫妻
                 一丁平から小仏峠まで42分でした
12:35 小仏峠で地図販売の所を出発します
12:37 お地蔵様 合掌
12:37 小仏峠登山口
12:38 登山道
12:42 登山道
12:46 登山道
12:50 登山道
12:56 登山道
13:03 登山道
13:04 分岐 直進は景信山 右に進むといろは(ヤゴ沢)へ下ります
13:04 オカトラノオ(サクラソウ科) 咲き始めました
13:04 ホタルブクロ(キキョウ科)
13:05 登山道 ここからがきついです
13:05 登山道
                 一丁平から景信山まで1時間23分でした
                 小仏登山口から景信山まで32分でした
13:09 景信山に到着しました
13:09 景信山
景信山には土曜日の常連さんがいました。
お客さんはテーブル席も少ないし常連さんも4人だけでした。
私はいつものように上の茶屋にご挨拶。クモキリソウがあるかと思って探したのですが
やはり姿がありませんでした。盗られたのでしょうか?
今日案内して下さったトン吉さんは愉快犯だろうと言ってましたが、別の男性は盗掘して
売るのが目的ではないかと言っておられました。
ここへ行けば今年も見られると楽しみに行ってなかったらガッカリです。
13:36 茶屋で出してくれるおつまみと常連さんからのサクランボです
14:00 景信山山頂 727m
14:03 ウツボグサ(シソ科)
14:03 ガクアジサイ
14:11 温度計 21度ちょっとで涼しいです
14:12 2時を過ぎると寂しくなります
14:12 ナッツ リーは離れた所にいます
14:13 景信山を出発します
下山は6号路を下りたかったのですが、ビールを飲むと登りがきついので今日はやめることにしました。
6号路に今、満開の花が咲いているようなのです。6号路は通行止めになっているかもしれません。
6号路は土曜日・日曜日は一方通行になっていることがあります。
いろは(ヤゴ沢)を下ろうと思います。
14:17 登山道
14:17 分岐 直進すれば小仏峠・左はいろは(ヤゴ沢)へ下ります
14:18 登山道
14:19 ここにもホタルブクロが咲いています
14:20 登山道
14:21 クサイチゴ 食べると甘ったるいだけです
14:24 登山道 この辺りで雨がポツポツ降ってきました
14:27 登山道 まだ雨具は必要なさそうです
14:35 登山道
14:36 水場 今日は沢山水が出ています
14:37 登山道 水場直下の登山道
14:41 登山道
14:42 ミゾホオズキ(ゴマノハグサ科)山地の水辺に生える多年草
14:44 登山道
14:46 登山道 アジサイが咲き登山道脇にはドクダミが咲いています
14:49 登山道
14:50 いろは(ヤゴ沢)登山口 感謝を込めて合掌
14:55 マタタビ まだ花が咲いていました
                 景信山から小仏バス停まで1時間52分でした
14:55 景信山への第1番目の登山口 
15:05 小仏バス停に到着しました
バスには地図のMoriyaさんご夫妻・土曜日の常連さんが乗っていました
今日は以前から歩いてみたいと思っていた【富士道】を歩くことが出来てとても良かったです。
ブログを見ると花の多い登山道と言う気がしてました。
また、途中で【トン吉】さんにお会いできて沢山の花を教えて頂くことが出来ました。
とても良くご存じなのでブログでもやってらっしゃるのかと思って聞いてみたのですが、やって
ないと言う事でした。誰かのブログには名前が出てくるだろうと言う事で、帰って調べたら
ブログにお名前が出ていました。
千葉の山にはランを求めてずいぶん登られたと言う事でした。
毎日どこかしら歩いていらっしゃると言う事でした。
又いつの日かお会いできて一緒に歩き花を教えて頂けたら嬉しく思います。

ホームへ   ハイキングのページへ