景信山727m
餅つき
いろは(ヤゴ沢)コース〜景信山〜小仏峠コース

2014年5月17日(土)晴れ


  以前から17日に餅つきをするので参加するように言われていました。
  あんこが余っていたので私は【あんこ】と【カラムーチョ】を用意することにしました。
  【カラムーチョ】は時間がかかるので前日にすり鉢で細かくしました。 
  あんこは当日の朝火にかけて水少々と砂糖・塩で味を調えます。
  高尾駅の集合時間が10時と遅いのであんこの用意をしてもゆっくり家を出るので助かります。
  高尾駅で10時には全員そろったので12分のバスに乗車しました。
  餅つきの日はいつもいろは(ヤゴ沢)コースで行きます。


   「交  通」  自宅7:40→JR市川駅8:21発→お茶の水8:43着(乗換中央特快高尾行)8:44発→高尾駅9:38着
   「コース」  高尾駅北口10:12発→小仏バス停10:34→登山口 10:57→水場11:19→景信山12:04着
               景信山14:23出発→小仏峠14:46→登山口15:11→小仏バス停15:28 15:40発
    「Menber」 Doiさん・Mabeさん・Teさん親子・Saiさん・Huさん・Ishiさん・Kataさんと友人と私の10人

高尾駅北口に10時集合で全員がそろいました。
Kataさんと友人は先に行って景信山で飲んで待ってると連絡がありました。
Ishiさんを除くほかの方々は初めてお会いすることになります。
バスで終点の小仏バス停まで乗車します。
今日は暑そうですが風も爽やかで気持ちがいいです。
10:34 小仏バス停
10:36 小仏バス停を出発します
10:45 登山道
10:49 桐 先週満開だったキリの花は今日は少し終りかけていました
10:49 ニセアカシア
10:49 ニセアカシア 少しズームしてみました
ニセアカシアとアカシア
明治期に日本に輸入された当初は、このニセアカシアをアカシアと呼んでいたそうです。
後に本来のアカシア(ネムノキ亜科アカシア属)の仲間が日本に輸入されるようになり
区別するためにニセアカシアと呼ぶようになったが今でも混同されることが多いようです。
本来のアカシアの花は放射相称の形状で黄色 ニセアカシアの白い蝶形花とは全く異なるようです
10:53 ジャケツイバラ(蛇結茨)
マメ科ジャケツイバラ亜科のつる性の落葉低木の植物

先週は咲いていなかったのですが今日は咲いていて
嬉しいです。高い所にあるのでどんな花の形をしているのか
わからないので残念です。
高さ1-2 mになるつる植物で、茎と葉軸の裏面に鋭く丈夫な逆刺をもつ
「蛇結茨」であり、枝がもつれ合うさまからヘビ同士が絡み合っている
ように見えることから命名されたようです。
とても鮮やかな黄色い色をしていて遠くからでも良く分かります。
                 小仏バス停からいろは(ヤゴ沢)登山口まで21分でした
10:57 いろは(ヤゴ沢)登山口 左へ行けば小仏峠
私達は直進していろは(ヤゴ沢)へ進みます
10:59 滝の前で3人の若い女性が歌を歌っています
きっとこれから滝に打たれるのでしょう
ずいぶん長くお経ではなく歌を歌っていました
11:01 いろは(ヤゴ沢)コースへ出発します
11:04 ウラシマソウ サトイモ科テンナンショウ属の宿根性の多年草
肉穂花序の先端の付属体は釣り糸状に長く伸長しこれが和名の起源
(浦島太郎が持っている釣り竿の釣り糸に見立てた)
テンナンショウ属の植物は性転換をすることが知られています
11:06 登山道
11:10 クワガタソウ(鍬形草)ゴマノハグサ科
鍬形というのは兜のまびさしの上に二本立っている角のようなものを
指します。実が生ったときの萼がこれに似ているということです
11:13 登山道
11:15 登山道
                 登山口から水場まで18分でした
                 バス停から水場まで43分でした
11:19 水場に到着しました
11:20 水場 水はチョロチョロです この水は飲めます
11:26 水場を出発します この辺りが急登です
11:31 登山道
11:31 マルバスミレ(丸葉菫)
11:39 フタリシズカ(二人静)センリョウ科の多年草
和名は、2本の花序を、能楽「二人静」の静御前とその亡霊の舞姿に
たとえたもの まだ少し早かったです
11:41 ジュウニヒトエ(十二単)

和名は花が重なって咲く様子を古代の女官の装束に見立てた
11:45 ホウチャクソウ(宝鐸草)
寺院建築物の軒先の四隅に吊り下げられた飾りであり、風鐸ともいう
花が垂れ下がって咲く姿がこの宝鐸に似ているのでついた名
11:49 登山道
11:54 分岐 左は小仏峠・右は景信山・直進すると巻き道
私とIshiさんはちょっと寄り道をすることにしました。
ここからは景信山まで5分ほどで着きます。
ワニグチソウ(鰐口草) 花に2個の苞葉がある様子が神社の社殿の
軒下に吊るされる鐘状の「鰐口(わにぐち)」に似ている事から付いた名
ワニグチソウ 下を向いているので撮りにくいです
12:03 大山方面
12:03 蛭が岳方面
                 小仏バス停から景信山まで約1時間28分でした
                 登山口から景信山まで約1時間3分でした
12:04 景信山に着きました
12:05 富士山 雲がかかってきました
景信山に着くと1組餅つきをしている人たちがいました。
常連さんは誰もいません。
Kataさんは11時から飲んでいると言う事です。
天ぷらとビールで乾杯!!
暑かったので冷えたビールが美味しいです。
天ぷらも冷えてもぱりぱりしていておいしいです。
30分ほどして餅つきが始まりました。
先ずMabeさんがこね始めます。これが充分でないと美味しいお餅になりません。
皆で交代につきます
12:16 餅つきまでの間に渇いたのどを潤します
12:16 二つのテーブルに分かれます
12:47 いよいよ餅つきの始まりです
12:49 名人のMabeさんが先ずこねます これが大事です
12:53 餅つき
12:54 餅つき
12:56 餅つき 子供用の杵を借りて僕もつきます
12:59 若い女性もつきます
13:00 餅つき
13:00 餅つき
13:01 餅つき
13:02 餅つき
黄粉と黒ゴマ
あんこと景信山特性のゆずねぎ これが最高
カラムーチョと大根おろし
納豆
13:04 つきあがったのを頂きます
13:05 それぞれの材料にちぎって入れて頂きます
今回10人くらいなので餅は一臼つきましたが、余ってしまいました。
そんな事の為にお土産用のパックをDoiさんが用意してましたので持ち帰りました。
通りすがりの登山客の熟年女性がつかせてと言って餅つきをしていきました。
14:06 ここが景信山山頂です
14:18 全員で記念撮影をして下山します
15:40分のバスに乗りたいのでそろそろ下山します。
登ってきたいろは(ヤゴ沢)を下ろうと言っていたのですが私が小仏峠コースで下ろうと
言う事で小仏峠コースになりました。
実は【ギンラン】を見たかったのですが、昨年咲いていた所に見当たりませんでした。
今年は山へ行く機会がなかったので見たいと思う花に出会えませんでした。
今は【セッコク】が咲いているのではないでしょうか?
14:24 景信山直下の登山道
14:25 ジュウニヒトエ
14:26 登山道
14:27 分岐 左はいろは(ヤゴ沢)今日は直進して小仏峠へ向かいます
14;29 登山道
14:31 展望 かすかにスカイツリーが見えています
14:31 登山道
14:35 登山道
14:39 マルバウツギ 咲き始めました
14:40 登山道
14:42 登山道
14:42 登山道
14:42 登山道
14:45 登山道
                 景信山から小仏峠まで23分でした
14:46 小仏峠登山口に到着しました
14:47 小仏峠に立つお地蔵様 合掌
ここで皆さんには少し待っていただいて私とDoiさんは地図を販売しているMoriyaさんに
ご挨拶に行きます。
私の知り合いの女性が二人通過していったと言う事です。大体の見当は付きました。
この後Moriyaさんは打ち合わせがあるとおっしゃっていました。
4〜5分ほどお話して待っていただいている人たちの所へ戻りました。
14:51 小仏峠 560m
14:53 小仏峠を出発します
14:56 登山道
14:45 ガクウツギも咲き始めました
15:00 登山道
15:05 水場 この水も飲むことが出来ます
15:06 水場を出発します
15:11 登山口 ここでいろは(ヤゴ沢)と合流します
                 景信山から小仏峠経由 登山口まで48分でした
                 景信山からいろは(ヤゴ沢)登山口までと小仏峠経由でもほとんど変わりません
登山口でいろは(ヤゴ沢)登山口と小仏峠登山口と合流するので又桐の花とジャケツイバラと
ニセアカシアの花が見られるので嬉しいです。
15:15 ジャケツイバラ
15:16 景信山に登る最初の登山口です
15:18 桐の花 ズーミングしてみました
15:19 桐と手前はニセアカシアのコラボ
15:19 ニセアカシア
15:19 ヤッホー!! 声をかけたらみんな手を振ってくれました
15:19 少しアップで
15:28 小仏バス停に到着しました ちょうどバスがつきました
快晴でさわやかな一日 餅つきも楽しい一日でした。
先週は高尾駅北口の【あさかわ】は超満員で入店不可能でしたので、今日はバス停から
電話を入れました。
【あさかわ】へ行くとほぼ満席でしたがちゃんと私たちの席は確保してくれていました。
三鷹のスポーツ店のOogaさんの人たちがいましたが、景信山に行ったようです。
全然気が付きませんでした。気が付いていればお餅も余っていたので差し上げたのにと
思ったのですが残念でした。
後でMoritaさんの行っていた女性が二人やってきました。
今日は南高尾を歩いたそうでお花が沢山あったと話してくれました。
南高尾もしばらく行ってないので行ってみたいと思っていますがどうなることやら?

ホームへ   ハイキングのページへ