景信山727m
稲荷山コース〜景信山〜底沢
2014年1月19日(日)晴れ


 昨夜は市川でも雪が降ったようです。
 自転車のカバーの凹んだ部分に雪が解けずに残っていました。
 出かける時他家の庭を見るとうっすらと雪が積もっていました。
 きっと景信山は美しい雪景色を楽しむ事が出来るだろうと期待して出かけました。
 雪が降っていては【シモバシラの氷華】も見られないだろうから高尾から入ろうか?
 それとも高尾山口から入ろうかと考えながら、新宿から京王線に乗ることにしました。
 以前は京王線で出かけていたのですがJRの特急に乗ると乗換が御茶ノ水だけなので
 ついついJRを使うようになりました。
 土曜日は用があって出かけられなかったので日曜日に出かけることにしました。


   「交  通」  JR市川駅7:37発→お茶の水(乗換)7:58着 8:29発(京王線準特急)→高尾山口9:25着
   「コース」  稲荷山登山口9:38発→6号路合流地点10:43→ もみじ台下 11:00→一丁平11:30着→小仏峠12:13着→
               いろは分岐12:40→景信山12:55
               景信山14:02→小仏峠14:30→底沢登山口15:04→相模湖駅15:52
   「Menber」 単独

         稲荷山登山口から一丁平まで1時間52分でした
9:33 ケーブルカーには沢山の人が乗って行きました
9:38 稲荷山登山口 今日は人が少ないようです
9:39 坂を上ります
9:41 登山道
9:43 稲荷神社 登山口から5分ほどです 合掌
9:45 登山道
9:50 登山道
9:57 登山道 木の根が張り出しています
10:01 登山道
10:04 登山道 平坦な道になりました
10:05 登山道
10:07 登山道
10:09 登山道
10:12 登山道
10:14 登山道
10:15 登山道
10:17 分岐 左下の道を進みます
10:18 巻道の登山道
10:18 遠望
10:19 東京スカイツリー
10:19 巻道を進むと上に見晴らしの東屋が見えます
10:20 東屋を下る道に合流します
10:21 登山道
10:22 登山道
今日も暑いので上着はもちろんシャツも脱いで歩く事にしました。
下に黒い長そでシャツに山で買った半袖のシャツです。
10:29 凸凹の登山道を進みます
10:30 階段を登ります
10:32 登山道
10:35 真っ白な3匹の犬を連れています とても可愛いです
10:40 登山道の両側には雪が残っています
10:41 木の間から真っ白で雄大な富士山を望む事が出来ます
10:43 合流地点 右下前方は6号路からの登山道です
10:46 登山道
         稲荷山登山口から6号路合流地点まで1時間05分でした
10:49 雪の残る登山道
10:52 富士山
10:57 水分補給して一丁平方面に向かいます
10:59 登山道
11:00 もみじ台の下に到着しました
11:00 階段を登ると高尾山です 
私はシモバシラの氷華を期待してもみじ台を巻いた登山道を進みます。
中年のパーテイーのリーダーさんが「シモバシラがあるかもしれないので下の道を行きます」と
私が進む同じ道を行かれました。
もみじ台の下のロープを張ってある場所に2〜3個ほど見る事が出来ました。
11:01 2人歩いている右側下に2〜3個のシモバシラの氷華が
見られました
11:02 雪の残る登山道 登山道上に小さなシモバシラの氷華が
見られました
11:06 シモバシラの氷華
11:09 シモバシラの氷華
11:10 シモバシラの氷華
11:12 分岐 右の階段はもみじ台からの道で私は左下を来ました
11:13 分岐 左は大垂水方面 私は右に進みます
11:13 道標
11:14 登山道
11:15 登山道
11:16 登山道 雪ノ下はカチカチに凍ってます
11:17 登山道 ロープの上の方にシモバシラの氷華が見られます
11:17 シモバシラの氷華
11:18 シモバシラの氷華
11:18 シモバシラの氷華
11:18 シモバシラの氷華
11:23 シモバシラの氷華
11:23 登山道
11:26 登山道
11:26 登山道 もうすぐ一丁平です
         稲荷山登山口から一丁平まで1時間52分でした
11:30 一丁平
11:33 左上に行くと見晴らし台 私は右へ進みます
11:34 登山道
11:36 登山道 私は左下の道を来ました
11:36 登山道 私は右の巻道へ進みます
11:37 登山道
11:53 登山道 これだけ雪があるとシモバシラの氷華を
見つけるのは大変です
11:52 シモバシラの氷華 雪でほとんどわかりません
11:52 シモバシラの氷華
11:53 シモバシラの氷華
いつも沢山あるところで熱心に写真を撮っている方がいるので「雪があるからあるかどうかと
思いながら来たのですが」と声を掛けました。
「3か所くらいあります」と教えて下さいました。
後で景信山で「もう少し行った所に大きいのがあったよ」という事でした。
11:54 登山道 教えて下さった方は左上の城山へ登って行かれました
11:57 城山(左)・日影沢林道・小仏(直進)への分岐です
11:59 登山道
12:01 いつもの場所から景信山を望む
12:04 分岐 右上階段は城山へ 私は左を来ました
12:05 登山道
12:08 分岐 右は巻道ですので当然のように巻道へ進みます
12:09 登山道 巻道の登山道です
12:11 小仏 今日は地図の販売はしていません
12:13 小仏峠 560m タヌキが出迎えてくれます
12:13 小仏峠で登山者の安全を見守るお地蔵様 合掌
12:14 小仏峠登山口
12:15 登山道
12:18 登山道
12:20 登山道
12:25 登山道
12:26 登山道
12:31 登山道
12:40 分岐 いろはと小仏峠からの分岐
小仏峠登山口からここまで26分でした
12:40 北斜面への巻道
いろは(ヤゴ沢)コースと小仏峠コースとの分岐の所を巻道へ進みます。
シモバシラの氷華が見られるかと期待して巻道へ進みます。
登山道の下の方に少しと大分進んだ上の方に見られました。
写真を撮っていると「何かありましたか?」と声がかかりました。
「シモバシラですよ」と言うと「あったあった」と歓声を上げていました。
12:41 シモバシラの氷華 登山道下の方
12:41 シモバシラの氷華 登山道の上の方
12:43 シモバシラの氷華
12:48 シモバシラの氷華
12:48 シモバシラの氷華
12:50 シモバシラの氷華 今にも溶けてしまいそうです
12:50 登山道 陣馬山からの登山道に合流です
12:51 登山道 階段を登らずシモバシラを求めて左の登山道へ進みます
雪景色を楽しみに来たのですが雪が全然なく少々がっかりしています。
茶屋に着くと常連さんたちがストーブを囲んでいます。
先週ご一緒させて頂いた【あるっきんぐくらぶ】のMizunoさんご夫婦もいらしてます。
犬は「さくら」と「トラ」が来ていました。
珍しくお酒の「高尾山」を頂きました。
お顔は存じているのですがお名前がわからなかったお客さんからダイヤモンド富士や
スカイツリーの写真を頂きました。
とても綺麗に撮っていらっしゃいます。
今日お名前は覚えました。
12:55 景信山山頂へ到着です
13:32 茶屋の様子 ストーブの周りに集まって

さくら
トラ
14:02 景信山からの富士山
14:02 景信山直下を下ります
            景信山から底沢への道
14:14 登山道
14:19 登山道
14:26 登山道
14:29 小仏峠 景信山から27分でした
14:30 小仏峠
14:30 甲州古道へと進みます
14:31 道標 底沢バス停まで3.5km 相模湖まで5.5km
14:31 甲州道中 歩きやすい登山道です
14:35 登山道
14:42 登山道
14:47 登山道
14:50 登山道
14:52 登山道
14:57 登山道
15:04 底沢登山口
15:04 底沢登山口
         小仏峠から底沢まで34分でした
         景信山から底沢まで
1時間でした
景信山から相模湖へ下ることになり底沢へと進みます。
底沢への登山道は歩きやすいので初心者の方にとっても楽に歩けます。
ただ底沢からバスがあまりないのでバス停から相模湖まで歩かなければなりません。
15:04 底沢登山口へ下ったところ
15:06 林道へ出ます
15:06 道標
15:16 林道歩き

15:23 底沢バス停
1時間ほど待たなければならないので歩きます
15:24 底沢の時刻表
15:25 相模湖に向かって歩きます
15:36 横断歩道を渡り左に見える坂を上ります
15:39 この坂緩やかに見えますが結構きついのです
15:41 坂を登り切りました
15:46 階段を下ります
15:51 相模湖のかどや食堂に到着です
底沢の登山口から相模湖まで約50分歩きます。
それでも近道を知っているのでこの時間で済みますが、まともに車道を歩くと
1時間以上は歩く事になりと思います。
私達山歩きをする者にとっては車道歩きは苦手です。
久しぶりにかどやさんに顔を出す事が出来て良かったと思いますし、かどやさんで
久しぶりに会えた方もいらっしゃいます。

ホームへ   ハイキングのページへ