727m
稲荷山コース〜景信山〜いろは(ヤゴ沢)コース

2013年11月30日(土)晴れ
 

 本日の天気は快晴。日陰から歩こうか?今朝まで寒いという事で稲荷山を歩く事にしました。
 シモバシラの氷華が見られるかも?と思ったのですが、この処雨が降らないしまだこの暖かさでは
 無理だろうと思いながら歩いてみることにしました。
 高尾山口は相変わらずの人でケーブルカー乗り場には行列が長く続いていました。
 稲荷山コースは家族連れや若い人たちも多く歩いています。



   「交  通」  JR市川駅8:04発→お茶の水(乗換)8:26着 8:28発(中央特快)→高尾駅9:26着 9:33発(京王線)→高尾山口9:36着
   「コース」  稲荷山登山口9:51発→6号路との分岐10:54→城山分岐11:23一丁平11:47見晴し台11:52→日影沢分岐12:13
               小仏峠12:27 12:37発→景信山13:08 14:18発→いろは登山口14:54

   「Menber」 単独


 あおちゃん観察日記をUPしていたのですが越冬するために3匹がサナギになっています。
 サナギになる前は活発に動き回ります。木から落ちたり脱走したり見つけるのに大変なのです。
 一番大きなあおちゃんが10月18日に脱走してあちこち探しまわりましたが、とうとう見つける事が
 出来ませんでした。あきらめきれなかったのですが、これだけ探しても見つからないので諦めざるを
 得ませんでした。
 ところが11月29日の夜電気の周りを飛んでいる蝶がいます。【クロアゲハ】で立派な蝶です。
 エアコンをつけたりして部屋が暖かいのでどこかでサナギになっていたのが季節を間違えて蝶に
 変身したのでしょう。外に出すのも寒いのでどうしたものかと悩んでいるところです。
 他のサナギは玄関に木をそっくり移動しています。
 来年の4月頃には蝶に変身するでしょうか?



クロアゲハ
クロアゲハ
あおちゃん
この青虫がクロアゲハの幼虫です。
体長16〜17cm位の大きな幼虫でした。
数時間目を離したすきにどこかへ脱走してしまいました。
サナギになる前は活発に動き回るので目が離せません。
木から落ちたり木を伝って下に下りてくるので
箸でつまんで葉に戻したり、もう格闘です。
脱走して数時間探し回りました。タンスの裏や隙間に
いるのではないかと懐中電灯で探したのですがどこへ
行ってしまったのかとうとう見つかりません。
どこかで死んでしまったのだろうと諦めておりました。
29日の夕食後に電灯の周りを飛んでいるので驚きました。
玄関で越冬しているサナギは3匹いるし、外から入る
事は考えられません。
きっとあの脱走したあおちゃんだろうという事に
なりました。
季節外れで変身したのであまり元気がありません。
         稲荷山登山口から小仏峠まで2時間36分でした
         稲荷山登山口から景信山まで3時間17分でした

9:51 稲荷山登山口
9:53 登山道
9:57 稲荷神社 合掌 ここで準備運動をする人も多いです
9:57 登山道
9:58 登山道 若いって素晴らしい
10:04 登山道
10:15 登山道
10:19 登山道
10:21 登山道
10:23 登山道
10:24 紅葉
10:25 登山道
10:26 登山道
10:30 登山道分岐 殆どの人が展望台へ向かいます
 私は巻いて左下の登山道を進みます
10:31 遠望 紅葉が綺麗です
10:31 遠望 スカイツリーも見えています
10:32 登山道
10:35 登山道
10:42 階段を登ります
10:44 登山道 この辺りは紅葉が美しい所です
10:48 登山道 親子連れが登って行きます
10:49 登山道
10:53 富士山 くっきりと富士山が木々の間から望めます
10:54 分岐 6号路と稲荷山の合流地点です 6号路へは下れません
稲荷山と6号路の合流地点を素通りしようと歩きだしたのですが、左下の方で
声が聞こえてきました。歩き始めはしたけれど何か花があるのかと思い引き
返すことにしました。「何かありますか?」と声を掛けると【キジョラン】があると
教えて下さいました。毎年見たいと思いながらなかなか良いタイミングがなくて
見ないことが殆どです。教えて下さった方は男性ですが「女性は見たいと言いますね
鬼女と言うくらいですから」と笑ってました。
まだ先かなと思っていたのですが出会えてよかったです。
10:55 キジョラン(鬼女蘭)ガガイモ科 キジョラン属 常緑多年生つる草
冬が近づくと実がはじけて中から綿毛が 飛び出します。
白くて長い綿毛が髪を振り乱した鬼の姿に似ていることからついた名
10:56 白い毛と種 この種が風に乗り飛んで発芽します
10:57 キジョラン
11:05 キジョラン いつも気にしている場所では白い毛は抜け落ちて
中は空っぽでした
11:04 コマユミ(小真弓)ニシキギ 科ニシキギ属ニシキギ品種
(落葉低木)小さいマユミの意
11:18 登山道
【キジョラン】があると教えて下さった男性は【コマユミ】は知ってますか?
知らないと言うとその場所へ案内して下さいました。本当に小さくて写真に撮るのが難しいくらいでした。
人様のブログでは良く見るのですが本物を見るのは初めてでした。
【キジョラン】【コマユミ】に出会えて本当に嬉しかったです。
写真を撮ったりして少し時間をとりました。
11:18 分岐
11:18 分岐に立つ道標 私は一丁平へと歩を進めます
11:18 分岐 左方面へと歩を進めます
11:19 登山道
11:22 分岐 これより奥高尾です 私は右方面に進みます
11:23 登山道 上はもみじ台
11:24 紅葉
11:29 登山道
11:32 分岐
11:32 分岐に立つ道標 一丁平0.6km 城山1.6km
11:33 分岐 左は大垂水方面です 右へ進みます
11:33 分岐に立つ道標
11:33 分岐 階段は登らず右の巻道を進みます
11:34 登山道
11:40 登山道 紅葉が綺麗です
11:42 紅葉
11:42 紅葉
11:46 登山道
11:47 一丁平に到着です 水分補給します
11:49 一丁平を出発します
11:50 登山道
11:52 展望台
途中の登山道で木々の間から美しい富士山が見えていたので展望台へ寄ってみることにしました。
東屋や椅子には休憩をとっている人がいます。
今日は美しい富士山を望む事が出来ました。
11:52 富士山 見事な富士山を望む事が出来ました
11:55 登山道には霜が降りていました
11:57 登山道
11:59 登山道を登ると広場に出ます
11:59 柿の実がなっていました
12:00 登山道
12:05 分岐 左は城山 右へ行けば小仏峠 私は右へ進みます
12:11 登山道 ここでも霜が降りています
12:13 分岐 左は城山 直進は小仏峠 右下は日影沢林道
12:14 登山道
12:17 いつもの場所からこれから行く景信山を望む
12:17 登山道
12:19 登山道
12:24 分岐 展望台で富士山を見たので右の巻道を進みます
12:27 小仏峠で地図を販売しているMoriyaさんご夫婦
12:37 小仏峠登山口 お地蔵様に合掌
12:38 登山道
12:38 登山道
12:41 登山道
12:42 登山道
12:51 登山道
12:54 登山道
12:59 展望
13:03 分岐
13:08 景信山に到着しました
13:57 温度計
茶屋に行くと常連さんは一人もいません。天気がいいのにどうしたことでしょう。
【リー】【ノエル】【サダハル】が来てました。
ジッとしていると寒くなってきました。風がとても冷たいのです。
朝はストーブをつけたそうですが忙しくてストーブどころではなかったようです。
元【親子山】で一緒に登っていたMastuさんとMoe君が来てくれました。
幼稚園の時一緒に歩いていたのに今は5年生になったという事です。
一番後ろから手をつないで歩いていました。先頭を歩く子はあまり覚えていませんが
この様に手をつないで歩いた子供はよく覚えています。
何時までたってもこうして声を掛けてくれることはとても嬉しいことです。
またいつか一緒にある行きたいものです。
         下山 いろはへ下ります
13:08 景信山を後にします
14:10 登山道
14:21 分岐 直進すると小仏峠方面 私は左折します
14:23 分岐 左へ進むと小下沢方面です 私は右折します/center>
14:25 登山道 ジグザグに下ります
14:31 登山道
14:34 エイザンスミレ
14:39 登山道 小石がごろごろしています
14:40 水場 今日は水が少ないようです
14:43 登山道
14:45 登山道
14:46 登山道 最初の橋
14:47 登山道
14:49 登山道 
14:50 ツボスミレ ほんとに小さく気が付きにくいです
14:51 登山道 
14:52 登山道
14:53 登山道 
14:54 いろは登山口
14:55 登山口 左に行けば小仏峠 直進すればいろは(ヤゴ沢) 
いろは登山口に着くと車から降りてこられた方が2人。小仏峠で地図を売ってましたか?
という事でした。小仏峠まで地図を買いに来られたようです。
いろいろ話をしていましたがMoriyaさんご夫妻はまだ下ってきません。
諦めて高尾駅まで送って下さる事になりました。有難いことです。
いつか一緒に登ろうという事で名前の交換をして高尾駅まで乗せて行って下さって駅で
お別れしました。あさかわに行くと混んでいましたがIkeさんがいて久しぶりにご一緒しました。
今日は【キジョラン】【コマユミ】と出会う事が出来た良い一日でした。
でもいろは登山口に着く頃小さな蜂に手袋の上から刺されて1日痛い思いをしました。

ホームへ   ハイキングのページへ