727m
稲荷山コース〜景信山〜いろはコース

2013年11月2日(土)晴れ曇り
 

 先週・先々週と景信山には行かれなかったので3週間ぶりの景信山に行く事にしました。
 先週は文化祭・先々週は飯盛山に行っていたのです。
 久しぶりに稲荷山から歩こうと思っていました。
 高尾山口に着くと大勢のハイカーさんがいます。ケーブルカーは7分間隔で動いているようです。
 紅葉を楽しみに出かける人も多いのでしょう。でも高尾の紅葉は少し早いかもしれませんね。
 今日は天気はあまり良くなくて時々陽が差してくるという天気でした。
 稲荷山を歩きだすと暑くなってきました。夏のように汗が流れるという事はありませんが途中で
 1枚脱ぐハイカーさんもいました。



   「交  通」  JR市川駅7:48発→お茶の水(乗換)8:11着 8:15発(中央特快)→高尾駅(乗換)9:11着 9:22発(京王線)→高尾山口9:25着
   「コース」  稲荷山登山口9:40発→一丁平11:31→城山・小仏峠分岐11:54小仏峠12:30景信山13:00着 14:08発
               いろは(ヤゴ沢)登山口14:44

   「Menber」 単独

         稲荷山コース登山口を出発して景信山まで3時間20分でした
           (途中ハイカーさんと写真を撮ったり、小仏峠でしばらく地図のお兄さんと談笑したので時間がかかりました)
9:26 高尾山口駅
9:32 ケーブルカー乗場 清滝駅 イベントがあるようです
9:30 冬桜 今年も沢山の花びらがありました
9:30 冬桜
9:40 おみやげ処 やまゆり 以前は並べてあったのですが
こんな売店になっていました
9:40 稲荷山登山口
9:41 登山道
9:43 コウヤボウキ(高野箒)キク科 コウヤボウキ属の落葉小低木
9:46 登山道 稲荷神社により合掌
9:48 登山道 前を行く若い人が厚いので1枚脱ぎました 私も暑い
9:51 登山道
9:53 登山道
9:58 登山道 木の根が張り出している登山道
 稲荷山コースは多いです
9:59 コウヤボウキ 沢山咲いています
10:00 登山道
10:06 登山道
10:08 登山道 飲み物だけ持って登ってる人もいます
10:09 アキノキリンソウ 咲き残っていました
10:13 親子連れも多かったです
10:15 登山道 沢山の人が登っています
10:16 登山道 この坂を登りきれば展望台への分岐です
10:16 分岐には大勢の人 巻道は下の道です
最初はいつも展望台は巻いて行くので今日は行って見ようかなと思っていたのですが
これだけ大勢の人を見るとやはり巻いて行こうという気になってしまいました。
いつものように人の少ない巻道を進みます
10:17 展望がありません
10:19 展望台と巻道の分岐です
10:25 登山道
10:28 登山道 階段になっている登山道です
10:33 登山道
10:36 登山道 これを登るとベンチのある広い所に出ます
10:36 広いベンチに出ました
10:39 登山道 紅葉が綺麗です
10:39 ススキと紅葉が素敵です
10:40 6号路と稲荷山コースの合流地点です
         稲荷山登山口を出発して6号路合流地点までちょうど1時間でした

10:43 ゴンズイ(権萃)ミツバウツギ科 ゴンズイ属
10:48 登山道
10:52 キジョラン(鬼女蘭)の実 ガガイモ科のつる性の多年草
10:53 キジョランの花
この辺りはキジョランの葉があるので実がないかと注意して歩いてました。
ありました。実が!!そばに花が咲いていました。
蕾はときどき見るのですが咲いている花を見るのは初めてでした。
10:56 案内図
10:56 三叉路の分岐 階段を登れば高尾山頂・右は1号をを経て
薬王院・左はもみじ台、一丁平 私は左へ進みます
10:56 道標 
10:58 キッコウハグマ(亀甲羽熊)キク科モミジハグマ属の多年草
ピンクを帯びた葯がかわいらしい 筒状花が3個集まる頭花
三叉路をもみじ台の方へ少し進むと写真を撮っている男性がいましたので
「何をとっているのですか」と聞くと【キッコウハグマ】との返事が返ってきました。
先ほど目に留めていたのですが人が大勢だったので写真を撮らないでここまで来ました。
ここで私もカメラに収めます。見せて頂くと綺麗に撮っていらっしゃるのでカメラは?と聞くと
同じカメラでした。ホワイトバランスを蛍光灯にして撮っていらっしゃるという事でした。
今後私も注意して撮ろうと思います。
一緒に歩いていたのですがなかなかいらっしゃらないので遅くなるので先へ進みました。
11:07 キッコウハグマ(亀甲羽熊) 開き切ってるので葯の色が薄いです
11:09 奥高尾分岐 もみじ台は巻いて行きます
11:10 もみじ台を巻く登山道です
11:18 分岐 左へ進むと大垂水です
11:19 ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸)ナス科ナス属の多年生植物
11:20 登山道 紅葉はまだまだです
11:25 ツリフネソウ(釣船草)まだ咲き残っていました
11:25 登山道
11:29 登山道
11:31 一丁平 相変わらず多くのハイカーさんが休んでいます
11:32 一丁平の紅葉
11:33 一丁平を出発します 水分補給しました
11:34 センブリ 一丁平を出発してすぐ足元に咲いていました
11:35 一丁平の紅葉
11:37 登山道 階段を登ります
11:41 登山道
11:43 登山道
11:46 分岐 城山と小仏峠への分岐です 小仏峠へ進みます
先ほどのキッコウハグマの写真を撮っていた方が城山の下に【ハバヤマボクチ】があると
言っていたので行ってみようかと思ったのですが場所もわからないし、時間も押しているので
行かないで小仏峠へと進むことにしました。
11:47 登山道
11:52 登山道 城山の下の登山道 草が刈られていました
11:54 分岐 城山・小仏峠・日影林道の分岐
 顔見知りの方が木を切っていました
11:55 登山道
11:57 景信山 いつもの場所から景信山を望む
12:00 合流地点 右は城山から下った分岐 私は左から来ました
12:01 登山道
12:04 巻道分岐 右の巻道へ進みます
小仏峠に着くと地図を販売しているお兄さんがいました。
久しぶりにお会いするので「椅子に座って待ってて」という事でしばらく待っておしゃべりしました。
高尾の改訂版の地図を買い求めました。しばらくすると【西丹沢】の地図が出来るそうです。
丹沢の地図にはヒル情報なども記入されているようです。
これから寒くなるので大変でしょうが体に気を付けて調査・販売に頑張ってほしいと思います。
また会う事を約束して景信山に行く事にします。
12:30 小仏峠 子供さん連れの人もいます
12:31 登山口 お地蔵様に合掌
12:38 登山道
12:42 登山道
12:42 リュウノウギク(竜脳菊)キク科キク属の多年草
12:51 登山道より
12:51 紅葉 杉の林の中に多分、桜の紅葉でしょう
12:56 分岐
12:57 エイザンスミレ(叡山菫)今 会えるなんて嬉しいですね
12:59 オヤマボクチ(雄山火口)キク科ヤマボクチ属の多年草
13:00 景信山に到着しました
13:44 景信山の紅葉
景信山に到着して茶屋に着くと土曜日の常連さんたちがいました。
今日は【ニューフェイス】のお目見えです。
猿の【カエデ】ちゃんです。男の子です。まだ小さくて可愛いですね。
今日はナッツの子供の【さくら】【トラ】そして【リー】とニューフェイスの【カエデ】
来ていました。【ナッツ】は足も良くなったので来たようですが脱走したのだそうです。
【カエデ】は私達が呼んでもお尻を向けて答えてくれませんが茶屋のHiroちゃんにはとても懐いていて
甘えた声を出します。いつの日か懐いてくれるでしょうか?
立ち上がってHiroちゃんを探しているしぐさが可愛いです。
猿のカエデちゃんです
みかんを美味しそうに皮をむいて食べています


Hiroちゃんがそばに来ると嬉しそうなのです
そばに【リー】がいるのですがHiroちゃんはちゃんと
リーにも「お前の事は忘れてないよ」と声を掛けていました。
人間と同じで美味しい所から食べて皮も食べるそうです。
立ち上がってHiroちゃんの方を見ているのです
猿のカエデちゃんです
13:44 景信山はこの時間になると急に人が少なくなります
14:08 景信山を出発します
14:08 景信山直下の登山道
14:13 分岐 直進して右に行くと小仏峠です
14:13 登山道
14:14 ツルリンドウ(蔓竜胆)リンドウ科の多年草のつる植物
14:14 登山道


14:31 登山道
登山道にも水が流れ出しています
14:30 水場 今日は水量が多いです
14:32 登山道
14:33 登山道
14:34 登山道
14:35 登山道
14:37 登山道 沢沿いに歩きます
14:39 キバナアキギリ まだ咲き残っていました
14:39 登山道
14:44 登山口 今日は登山道の工事をしていました 山の神様に合掌
14:58 小仏バス停 ちょうど2台目のバスが入ってきました
17:57 高尾駅のそばのあさかわを出ました
小仏バス停からバスに揺られて高尾駅に着くと【景信山】で会ったSaiさんが高尾のバス停にいて
お仲間と別れた所のようでした。
私は一人で【あさかわ】に行こうとしていたらSaiさんも久しぶりに行くという事で一緒に行き
おしゃべりしました。いつも私のホームページを見て下さっているので今年の夏の山行記録で
槍ケ岳から大キレット・北穂高岳へ行った件で「 よく短い期間にあそこまでけるようになったね」と
言って下さいました。きっと出会えた人達のお蔭で思ってもみなかった高山の山々へ行けたのだと思います。
【出会い】はとても大事なことです。本当に有難いことだと思っています。
今日も【あさかわ】で時々会う方に計画書を【あさかわ】に置いておけば一緒に行くよと言って下さいました。
本当に嬉しいことだと思います。

ホームへ   ハイキングのページへ