727m
稲荷山コース〜景信山〜いろはコース

2013年8月4日(日)曇り
 

 今日は一人旅なので家をゆっくり出ることにして、久しぶりに稲荷山コースを歩いてみようと思います。
 高尾駅から京王線に乗り換えるときMidoriさんに会いました。
 山頂で会おうという事で京王線と高尾駅北口とに分かれました。
 高尾山口には相変わらず大勢の人が待ち合わせをしたりしています。
 私は自販機で飲み物だけを買って出発します。



   「交  通」  JR市川駅7:48発→お茶の水(乗換)8:11着 8:15発(中央特快)→高尾駅9:11着 9:22発(京王線)→9:25着
   「コース」  高尾山口→稲荷山登山口9:37発→稲荷神社9:43→奥高尾分岐10:51→一丁平11:15→見晴らし台11:20→
               城山分岐11:29→小仏分岐11:37→小仏峠11:50→景信山12:31→景信山出発15:09→登山口15:53

   「Menber」 単独

         稲荷山コース登山口を出発して景信山まで約2時間54分でした

9:36 ケーブルカー乗り場 大勢の人がいます
9:37 稲荷山登山口です
9:38 ウバユリ 登山口の階段を上がったところに咲いていました
9:38 登山道 いきなり階段です
9:39 登山道 階段が続きます
9:43 稲荷神社 合掌
蒸し暑くて風がなく暑くて汗が流れます
9:45 登山道
9:46 登山道
9:48 登山道
9:52 登山道 この登山道は根っこが出ているところが随所にあります
9:54 登山道
9:55 登山道
9:57 登山道
10:01 登山道
10:04 登山道
10:08 登山道
10:10 登山道
10:11 登山道 直進すると東屋 東屋を巻いて左に進みます
10:12 巻道からの遠望ですが曇っていて見えません
10:13 登山道
10:14 巻道との合流地点です 上には東屋が見えています
10:14 登山道
10:17 登山道
10:22 登山道 嫌な階段です
10:24 登山道
10:27 登山道 子供さんの手を引いた親子が前を歩いてます
10:33 ガンクビソウ(雁首草)キク科の多年草
タバコを吸うのに使った煙管の先の雁首に花が似ているのでついた名
頭花の中心の黄色い筒状花の集まりの部分を火に見立てています
あちこちで咲き始めています
10:33 登山道
10:34 6号路と稲荷山との合流地点です
10:36 キジョラン(鬼女蘭)ガガイモ科つる性の多年草
冬が近づくと実がはじけて中から綿毛が 飛び出します
この白くて長い綿毛が髪を振り乱した鬼の姿に似ているのでついた名
10:38 登山道 中央の草が高くなり二つの登山道になっています
10:43 登山道 粘土質なので滑りやすいです
10:45 キジョラン この登山道にも咲いています
10:48 登山道
10:48 道標 もみじ台、一丁平、城山方面へ進みます
10:48 ユウガギク(柚香菊)キク科の多年草 薄紫色です
花色は真っ白の ものと、ほんのり薄紫のものとがあります
10:49 タマアジサイの咲く登山道です
10:51 分岐 もみじ台の下です 直進するともみじ台へ行きます
10:51 石段を登ると高尾山へ行かれます
10:52 これより奥高尾とあります こちらへ進みます
水分補給をして出発します
10:53 登山道
10:53 マツカゼソウ(松風草)ミカン科の多年草
和名の由来は、秋風に揺れる花姿からきている
10:56 登山道
11:01 登山道
11:01 ヤマユリ
11:02 分岐 直進します
女の人が上の方にカメラを向けているので何があるのだろうと思い近寄ってみると
【ヤマユリ】が咲いていました。もう大分終わりに近いのですがまだ綺麗です。
親子連れの父親もカメラを出して撮ってました。
今年は【ヤマユリ】が当たり年なのでしょうか?沢山咲いていました。
11:04 登山道 カヤが登山道に出ているので手を切りそうです
11:09 登山道
11:12 登山道
11:15 一丁平 稲荷山登山口から一丁平まで1時間38分でした
11:16 一丁平を出発します
11:17 オオバギボウシ
11:18 登山道
11:20 見晴らし台 展望がないので通過します
11:29 分岐 左へ行けば小仏城山 右は小仏峠 右へ行きます
11:29 登山道
11:33 草丈が伸びて登山道がわかりません
11:33 城山への分岐の所にユウガギクが沢山咲いています
11:35 キンミズヒキ
11:35 登山道 草丈が伸びています
11:36 何蝶?
11:37 分岐 左は小仏城山・右は小仏峠 手前は日影沢林道
11:37 道標
11:38 登山道
11:40 登山道
11:42 小仏城山との合流地点
11:46 巻道 右に行けば巻道
11:48 巻道との合流地点
11:50 小仏峠 今日は地図のお兄さんは西丹沢へ行ってます
11:50 小仏峠 お地蔵様に合掌
11:52 小仏峠の登山口 水分補給だけして出発します
11:54 登山道
11:59 登山道
12:02 登山道
下って来る方に【あざみさん】と声を掛けられました。
景信山にいると思ったのですが居なくてと言われたのですが、今日は出かけるのが遅かったので
遅くなりましたと説明。【親子山】でサポートのお手伝いをしていた時に一緒に歩いていたご夫婦でした。
今でもこうして景信山に来ると気に掛けて下さっている方がいるという事はとても嬉しいことです。
今日は子供さんは学校の行事で来れなかったとのこと。学校へ行くようになるとなかなか一緒には歩けない
ようです。少し淋しいでしょうがご夫婦で歩けるのはとても良いことです。
テント泊の予定があるそうでテントを背負って来ているのだとか。いろいろ山の話などで10分ほど
話したでしょうか。
12:06 登山道
12:19 登山道
途中でJoさんとKiちゃんに会いました。ずいぶん早い下山ですが「みんな待ってるよ」と言う事でした。
12:26 登山道
12:31 景信山に到着です
         小仏峠登山口から景信山まで39分でした

景信山には常連さんが茶屋で賑やかです。
あるっきんぐくらぶのMizuさんご夫婦もいらっしゃるので仲間に入れて頂きました。
【リー】がいなくなったと聞きどうしたのか心配です。早く戻ってくると良いのですが。
Sawaさんもお友達と下のテーブルにいます。
15:01 帰り支度 3時になったので下ろうという事になりました
15:01 茶屋の温度計は23度です 涼しかったです
15:02 ノエル(茶)サダハル(黒)今日は2匹だけです
15:06 茶屋を出発します 店じまいです
15:09 景信山を出発します
15:09 萩の花が咲いています もう秋なのですね
15:09 景信山直下の登山道
15:12 小仏峠(直進)といろは(左)の分岐 いろはへ下ります
15:13 登山道
15:15 登山道 ジグザグに下ります
15:18 登山道
15:25 登山道
15:28 登山道
15:38 登山道 水場を過ぎた所です
15:42 オオガンクビソウ(大雁首草)キク科の多年草
15:45 登山道
15:50 登山道
15:53 登山口に到着です
16:03 キツネノカミソリ
16:05 キツネノカミソリ
小仏バス停に行く途中で確かこの辺りに【キツネノカミソリ】があったはずと思いながら歩いていると
ありました。少し少な目ではありましたが咲いていました。
下山途中で携帯電話が鳴りました。
Hashimotoさんからで「どこですか?」という事でした。「あさかわ」の前にいるけど
寄りますかという事で店内に入れるかどうか見てみるとお客様で一杯なので寄らないで帰ると
いう事でした。そんな訳で私も寄りませんでした。
久しぶりに別の所でKawaさんとHosaさんに偶然お会いしました。

ホームへ   ハイキングのページへ