727m
日影〜景信山〜いろは
2013年5月18日(土)晴れ  

 天気予報が日曜日は雨と言う予報だったので18日の土曜日に行く事にしました。
 途中から日曜日も晴れと変わりましたが、決めたので土曜日になりました。
 キンラン・ギンランをもう一度見ようという事で日影から登ることにしました。
 大体この辺だったよねと言いながら探します。
 キンラン・ギンランはもちろんありましたが、この登山道は【ツリバナ】が沢山見られました。
 今、ウツギの花が真っ盛りという感じで【ガクウツギ】【コゴメウツギ】【マルバウツギ】が
 咲いています。又、先日教えて頂いた【ワニグチソウ】【ジャケツイバラ】【ニセアカシヤ】が
 見られます。



   「交  通」  JR市川駅7:02発→お茶の水(乗換)7:24着 7:25発(中央特快)→高尾駅8:18着 8:52発(小仏行バス)→日影下車
   「コース」  日影9:24→沢9:38→城山・景信山分岐11:18→小仏峠11:17→景信山12:39 14:19発→いろは登山口15:00
   「Menber」 Aidaさん・Koikeさんと私の3人

カヤラン
9:25 日影沢
9:28 沢を渡ります
9:29 いきなりの急登になります
ギンラン
9:32 登山道
9:34 登山道
9:38 登山道
9:46 登山道
9:47 コゴメウツギ(小米空木)風に揺れてピントが合いません
 コゴメウツギはほかのウツギに比べて軽視されがちですが、良く見るととても可愛い花
 なのです。バラ科コゴメウツギ属 (落葉低木)
 花弁、萼片ともに白色で5枚、写真の長い方が花弁。雄しべは10本
 和名の由来は、花序のようすが米が砕けた小米に見立てたことによる
10:05 ツリバナ(吊花)ニシキギ科の落葉低木
直径 6,7mmの小さな可愛い花です
10:13 登山道
10:17 フタリシズカ(二人静)センリョウ科の多年草
10:20 ハンショウズル(半鐘蔓)つる性低木
10:24 マルバウツギ(丸葉空木)ユキノシタ科の落葉低木
別名, ツクシウツギ
10:26 登山道
10:32 ミドリヒョウモン
10:43 登山道
キンラン
キンラン
10:46 フタリシズカ 沢山ありますがこれもフタリシズカです
10:49 登山道
11:01 登山道 この坂を登りきれば平坦になります
11:03 登山道 東京農工大同窓会記念樹の木が倒れかけています
11:08 ツリバナ(吊花)一つだけ色が違っています
11:15 登山道


ギンラン
キンラン
11:16 登山道
11:18 分岐 小仏城山と小仏峠の分岐です
ワニグチソウ(鰐口草)ユリ科アマドコロ属の多年草 草丈20〜40cm
苞葉(蕾を包んでいた葉)2個に花が ほとんど2個(1個もあり)
11:23 登山道
 【ワニグチソウ】を見たいと思ていたのですが、今までどこにあるかわかりませんでした。
 Kanさんと一緒に歩いて場所を教えて頂き今年初めて見る事が出来ました。
 まだ蕾のようなので花が開くころ見たいと思います。
11:25 登山道
11:27 いつもの場所から景信山を見ます 沢山の人です
11:27 登山道 滑りやすい登山道です
11:30 道標 小仏城山への分岐です
11:30 登山道 普通は左を進みます
11:31 登山道
 いつもは直進しますが、Aidaさんが2度ほど右に行って迷ってしまったという事です。
 今日は右に行ってみようかという事になり冒険して見る事にしました。
11:33 登山道 左のいつもの道と並行して進んでいます
11:35 まだ踏み跡はしっかりついています
11:37 登山道 いつもの登山道に出ました
11:47 小仏峠に到着です・地図のお兄さんもいらっしゃいます
今日はご夫婦でいらしたという事でピクニック気分だとか。
ワインを少しご馳走になりました。次回会う話などして別れました。
スキーに行って鼻の頭を赤くしてました。ブログは登山詳細図世話人の日記 です。
11:55 ツボスミレ
11:57 小仏峠
11:58 小仏峠登山口
12:01 登山道
12:03 登山道
12:10 登山道
12:10 ツクバネウツギ まっ白で綺麗でした
12:13 登山道
 若い男女が色々な格好をして登って行きました。
 男の子がセーラー服を着たり白装束に頭に白い三角の物をつけたりしています。
 今日の登山道はもの凄い人で下って来る人たちの行列が続いています。
 明日は雨と言う予報だったので今日はすごい人なのでしょう。

12:25 仮装行列でしょうか?高校生位の人達が面白い恰好です
12:28 景信山直下の登山道
ワニグチソウ
ここもまだ蕾でした 華が開くのが楽しみです
12:37 登山道 男の子がチャイナドレスです
12:39 景信山に到着しました
14:15 茶屋は常連さんがいませんでした
14:15 リー
14:16 ロン
14:19 景信山を下山します
14:20 登山道
14:22 登山道
14:23 分岐 いろはと小仏峠の分岐です いろはへ下ります
14:24 登山道
14:25 ミドリヒョウモン
14:28 登山道
14:30 伐採されて明るくなりました 作業の音が聞こえています
14:30 登山道
14:33 登山道
14:36 登山道
14:39 登山道
14:43 すぐ先は水場です
14:44 水場 今日は水が多いようです
14:46 クワガタソウ この登山道は沢山咲いています
14:47 登山道
キランソウ(金瘡小草)シソ科キランソウ属の多年草
別名のジゴクノカマノフタ
蓋をするようにぴったりへばりついて咲くのでついた名
14:53 登山道
15:00 いろはの登山口
15:03 ニセアカシア 北アメリカ原産のマメ科の落葉高木
15:01 ジャケツイバラ(蛇結茨)藤の花が咲いていた辺りにあります
ジャケツイバラ 高い所にあるので望遠でこれが精一杯です
   5月19日(日)晴れ
昨日景信山へ行きましたが天気予報が変化したため、皆さんに会う事が出来ませんでした。
そこで私は一人で景信山に向かいます。
一人なのでゆっくり家を出て電車に乗ります。一人なのでいろはを行こうか?それとも小仏峠経由で
行こうかと思っていましたが、小仏行のバスに乗るとMidoriさんに会ったのでいろはにしました。
もう一人バスで声を掛けられました。餅つきなどでお会いするKuroさんでした。
のんびりいろはを登ります。
10:20 マタタビの半夏生 半夏生の頃に花を開き、葉が白くなる
から半夏生と呼ばれる
10:35 ミスジチョウ(三筋蝶)
10:39 クワガタソウ
10:53 登山道
10:57 伐採されて明るくなった登山道
11:22 ワニグチソウ
11:32 景信山に到着です
11:32 富士山が見えています
景信山に到着するとEnoさんがいます。Kiちゃん、Joさんもやってきました。
あるっきんぐクラブのMizunoさんご夫婦もやってきました。
今日は犬のリーとロンそしてナッツも来ていました。
久しぶりににぎやかになりました。
13:30 下山します
13:31 登山道
13:40 分岐 いろはと小仏峠への分岐です
13:44 登山道
13:48 マムシグサ
14:11 登山道
14:26 登山口
14:30 猿 数匹いたのですがばらばらと逃げて行きました
小仏バス停に着き時間もある事だし犬の【ゲン】に会って
行こうという話になりました。
【ゲン】はもう老犬なので景信山に登るのは少し無理が
来ているようです。
毎週会っていたのに会えないとやはりさびしいです。
皆で【ゲン】の所へ行きました。ゲン、ゲンと呼びながら
行くと外にいました。
意外と元気そうでホッとしました。ちゃんと覚えていて
くれたようです。
セッコク(石斛)単子葉植物ラン科の植物
セッコク 岩の上や大木に着生する着生植物
高尾駅のそばの【あさかわ】に寄りましたが地図のお兄さんはいらっしゃいませんでした。
二日続けての景信山でしたが、それぞれ違ったことがあり【ゲン】にも会う事が出来て
良かったと思います。
色々な方にお会いしてお顔は知っていても話をしたことのない人が大勢います。
今日も「時々お会いしますね」とお互いに言って話が弾みます。
写真を撮るのを忘れましたがお母さんが【ニセアカシア】の天ぷらをご馳走して下さいました。
ちょうど今の時期、食べたいなと思っていたのです。
ほんのり甘くておいしいのです。あげる前には香りもしています。
花は上の方で採れないのですが、少しだけ取れたので家に持ち帰り子供に試食させました。
美味しいという事でした。

ホームへ   ハイキングのページへ