727m
小下沢〜景信山〜小仏城山〜日影
2013年5月12日(日)晴れ  

 一丁平のホウノ木も気になっていたのですが、今日は小下沢を歩く事にしました。
 途中探鳥会の人達でしょうか。沢山の人が双眼鏡などもって木の上の方を見ていました。
 いつも歩いていると綺麗な声で鳴いている鳥がいるのですが何と言う鳥なのかわかりません。
 鶯はいつも鳴いています。「ちょっとこい、ちょっとこい」と聞こえたり「東京特許許可局」と
 聞こえたりするので楽しいです。姿が見えるともっと楽しいと思います。
 今は「おおるり」がいるようですが一度も見たことがありませんので是非見てみたいです。
 今日は沢山の【キンラン】【ギンラン】【ハンショウズル】を見る事が出来ました。



   「交  通」  JR市川駅7:02発→お茶の水(乗換)7:24着 7:25発(中央特快)→高尾駅8:18着 8:52発(小仏行バス)→大下下車
   「コース」  大下9:20→小下沢広場10:12→景信山11:45 13:29発→小仏峠14:01→
              小仏城山14:30 14:38発→城山分岐14:51着 14:55発→日影・城山分岐15:05→日影バス停16:20

   「Menber」 Aidaさんと私の2人・下山はKoyataさん

9:23 大下でバスを下車 バスと反対方向へ歩きます
9:32 何という花でしょうか?
9:35 藤の花が綺麗です
9:40 フタリシズカ(二人静)センリョウ科の多年草
9:42 登山道
9:46 登山道
9:52 ラショウモンカズラ(羅生門葛)シソ科の多年草
9:54 大勢の人が上の方を見上げていました 探鳥会の人?
9:56 登山道
9:59 ガクウツギ(額空木)ユキノシタ科アジサイ属の落葉低木
10:01 登山道
10:06 ゲートの横を通ります
10:08 ウツギ(空木)ユキノシタ科の落葉低木、(卯の花)とも呼ばれる
10:12 小下沢広場に到着しました
10:13 橋を渡ります
10:16 登山道 橋を渡ってすぐガクウツギが咲いていました
10:17 オウギカズラ(扇葛)シソ科の多年草 高さ8〜20cm
10:18 クワガタソウ(鍬形草)ゴマノハグサ科の多年草
10:20 登山道
10:24 登山道 小石が沢山ありザレ場です
10:26 登山道 オウギカズラが点々と続きます
10:31 登山道
10:38 登山道
10:46 ウリノキ(瓜の木)これから花が咲きます
10:48 登山道 この辺りが結構きついです
10:48 大ケヤキ いつもここで休憩です
10:50 登山道 大ケヤキからしばらく急登が続きます
10:52 ミヤマキケマン まだこんなに群生して綺麗です
10:58 登山道
11:00 登山道 ここから平です
11:03 登山道 細くて木の根が張り出しているので注意が必要です
雨で木が濡れているので木の根の上に乗るとズルッと滑ります
11:04 登山道
11:04 ウツギ まだ咲き始めです
11:07 登山道
11:14 登山道
11:19 小仏バス停・小下沢の分岐です
11:20 登山道
11:25 登山道
11:28 分岐 小下沢から来たので景信山に直進します
11:28 道標 左に行くと小仏バス停・直進すると景信山
11:28 登山道
11:33 登山道
11:38 登山道
11:40 トイレの建物が見えてきました
11:43 木で整備された景信山への最後の登山道
11:45 景信山に到着しました

 大下でバスを下車してから景信山まで2時間22分かかりました。
 途中【ガクウツギ】【ウツギ】【オウギカズラ】や【クワガタソウ】などの花を愛でながら
 また、小鳥の声を聴いたりしながらゆっくりと登ってきました。
 景信山には常連さんのMidoriさんとEnoさんの二人だけでした。
 土曜日雨だったので今日は大勢来ているかと思ったのですが、意外に少なかったです。
 しばらくするとKoyataさんが登ってきて上の茶屋に行きました。
 帰りはこの下の茶屋によて一緒に下山します。
 10ヶ月になるという男の子を連れたご夫婦がいました。
 親子山でお手伝いしていたとこのことを思い出します。
 私も上の茶屋に挨拶に行きお母さん、お父さんとおしゃべりしてきます。

12:22 この時間になるとお客様も大分少なくなります
12:22 茶屋は常連さんが少なく淋しいです
13:26 そろそろ景信山を出発します
13:26 青木さんが見送ってくれています
 Koyataさんが上の茶屋から来られてキンラン・ギンランをまだ見ていないという話になり
 Koyataさんは今日見てきたので案内してくれることになりました。
 小仏峠に下り小仏城山へ行って日影に下ることになりました。
 今年はギンランは蓑山で一株見ただけです。楽しみです。

13:29 景信山を出発します
13:33 分岐 左はいろはコース・今日は直進して小仏峠へ下ります
13:34 ギンラン こんな所にと思うような場所に咲いていました
毎年歩いているのですが今まで気が付きませんでした
13:41 登山道
13:45 登山道
13:46 登山道
13:53 登山道
13:55 登山道
13:57 ホウチャクソウ
13:59 登山道
14:01 小仏峠に到着です 地図のお兄さんもいます
風邪も良くなったようで一安心です
14:06 小仏城山へ向かうので登山道を登ります
14:08 巻道を進みます
14:10 登山道 何か花があったのでしょうか?
14:16 ハナイカダ(花筏)ミズキ科の落葉低木 葉の上に花が咲く
14:19 登山道 小仏城山への登山道です
14:20 小仏城山へ沢山の人が登っています
14:23 登山道 結構急登です
14:27 登山道 ようやく平らになりました
14:29 ニョイスミレ(如意菫)スミレ科の多年草
14:30 小仏城山へ到着しました
14:38 小仏城山
 小仏城山はいつも巻いてばかりでなかなか来ることがありません。
 城山の常連さんであるNagaさんにお会いして、最近店を始めた【ハル】さんを紹介していただきました。
 以前は小仏峠の少し上で店をやっていた方です。名前は景信山の茶屋で常連さんが寄るので聞いていました。
 Nagaさんと「あとで高尾駅のそばの【あさかわ】に寄るので来られたら来てね」と言って別れました。
 Nagaさんとは植林で一日お手伝いをしたことがありそれ以来の知り合いです。
 もう10年位にはなるでしょうか。

14:38 小仏城山を出発します
14:39 登山道
キンラン(金蘭)ラン科キンラン属の多年草 高さ20〜50cm
今は絶滅を危惧される花です
うわぁ、こんなに沢山あると嬉しい奇声をあげてしましました
キンラン
朝Koyataさんが見たときは開いてなかった
そうですが太陽が出てきたので開いたのでしょう
ウマノアシガタ(馬の足形)キンポウゲ科キンポウゲ属の多年草
草丈3〜60cm 和名の由来は根生葉を馬の蹄に見立てたものと言われ
るが、葉の形は実際には似ていないと言うのが衆目の一致するところ
14:51 小仏城山と小仏峠の分岐
14:51 登山道
キンラン 別の場所にもありました
14:54 シャガ 美しい姿をしています
14:55 登山道 分岐を小仏峠方面に進みます
14:57 登山道
15:01 小仏城山の下を進みます
15:05 日影沢林道との合流地点を日影へ向かいます
15:08 若い方がコンパスの使い方のお勉強のようです
15:08 チゴユリ もう終わりのようです
15:11 登山道
15:17 登山道
キンラン ここにもありました 素晴らしいですね
キンラン
キンラン
キンラン
キンラン
15:33 ジュウニヒトエ
15:11 ツリバナ(吊花)ニシキギ科 ニシキギ属の落葉低木
花や実が長い柄に下垂し、下向きに付くための名
赤い果実は良く見るけど花は小さいのでわかりにくいです
15:45 登山道 何か花はないかな?
15:46 ハンショウズル(半鐘蔓)キンポウゲ科のつる性低木
15:50 登山道
15:50 登山道
15:52 ツクバネウツギ
16:01 登山道 新しい靴が合わない様で後ろ向きに歩いてます
16:04 登山道
ギンラン ひっそりと咲いていました
16:13 沢を渡ります
16:16 登山道
カヤラン ラン科 常緑多年草
木の高い所にあって小さいのでなかなか見つけ難いです
今年初めて教えて頂き見る事が出来ました
16:22 日影バス停
日影でバスに乗車して高尾駅に向かいます。
途中地図のお兄さんも乗ってきました。高尾駅で降りると地図のお兄さんも一杯だけ
付き合いますという事で【あさかわ】へ寄ります。
いろいろおしゃべりしていると城山でお会いしたNagaさんが来てくれました。
一緒に皆で楽しいひと時を過ごしました。
今日は沢山の花と出会えたし、久しぶりにNagaさんや地図のお兄さんと一緒に飲む事が出来て嬉しい
一日でした。いつも地図のお兄さんと言いますがMoriyaさんといます。

ホームへ   ハイキングのページへ