727m
いろはコース〜景信山〜直登コース〜国立
2013年5月3日(金)晴れ  

 今日は木部一樹氏が国立で個展をやっているので景信山の帰りに寄ることになっています。
 その為いろはコースを行く事にします。
 木部一樹氏ともしばらくお会いしてないので楽しみにしています。
 木部さんとは仕事のつながりもあるのですがHPのつながりもあります。
 私のHPの鳥のメールは木部さんから頂いたものです。



   「交  通」  JR市川駅8:04発→お茶の水(乗換)8:26着 8:28発(中央特快)→高尾駅9:26着 8:32発(小仏行バス)→小仏バス停
   「コース」  小仏バス停発10:09→分岐10:29→水場10:53→景信山11:42→
              景信山13:16発→小仏バス停分岐13:34→直登登山口14:01→小仏バス停14:13

   「Menber」 Aidaさん・Koikeさんと私の3人

7:10 モッコウバラ白 近所のお宅に咲いていて見事です
10:09 小仏バス停を出発します
10:23 桐
10:24 藤
10:24 登山道
10:29 小仏峠といろはコースの分岐です
10:31 登山道
10:32 ウラシマソウ(浦島草)まだ健在でした
【ウラシマソウ】サトイモ科テンナンショウ属の宿根性の 多年草
肉穂花序の先端の付属体は釣り糸状に長く伸長し、これが和名の起源(浦島太郎が持っている
釣り竿の釣り糸に見立てたのでついた名
10:37 ツボスミレ(ニョイスミレとも呼ばれる)スミレ科の多年草
10:38 ホウチャクソウ(宝鐸草)ユリ科
宝鐸(お寺の堂の四隅の軒に下げた鈴)に似ている筒形の花
10:38 登山道
10:39 キランソウ(金瘡小草)シソ科キランソウ属の多年草
根生葉が地面に張り付くように広がるのでジゴクノカマノフタともいう
この登山道にあちこち群生しているのは初めてです
10:41 クワガタソウ(鍬形草)ゴマノハグサ科クワガタソウ属の多年草
果実を 挟む二股の萼が兜の飾りの鍬形に似ているから
10:46 登山道
10:50 登山道
10:53 水場
10:58 登山道 水場のすぐ上の登山道
11:10 ナツトウダイ(夏灯台)トウダイグサ科の多年草
草の形が、油火をともす室内照明器具に似ているのでついた名
11:14 タチツボスミレ まだ美しい姿をしています
11:17 登山道
10:27 登山道
10:38 新緑 上を見上げれば新緑が美しい
11:25 登山道
11:30 盗掘 多分ここにはエイザンスミレが咲いていたのでしょう
イノシシではなく人が盗掘した後だと思います
せっかく楽しみに登って来る人がいてこの場所でしか
見られない花なのに悲しいことですね。残念です。
11:31 登山道
11:32 アカネスミレ(茜菫)スミレ科スミレ属 (多年草)
11:32 タチツボスミレ
11:34 分岐 小仏峠からの合流地点です
11:34 何スミレなのでしょうか?
11:35 エイザンスミレ(叡山菫) スミレ科
11:42 景信山に到着しました 大勢の人で賑わっています
12:54 ニオイタチツボスミレ(匂立坪菫)スミレ科 スミレ属の多年草
13:12 飛行船かと思っていたのですが飛行機でしょうか?
13:16 景信山
13:16 まだまだ春が残っています
13:16 景信山を小下沢方面に下ります
13:22 登山道
13:23 登山道
13:24 登山道
13:32 登山道 急な下り坂です
13:33 登山道
13:34 分岐 小仏バス停方面に下ります
いつもは小下沢方面に直進するのですが今日は
木部さんの個展があるのでのんびりしている時間がありません
13:34 登山道
13:36 登山道
13:38 登山道
13:40 登山道
13:42 登山道
13:43 ツクバネウツギ(衝羽根空木)スイカズラ科の落葉低木
果実の先端に、5枚の萼片が残り、羽根突きの羽根に 見えるため
この登山道には沢山ありました
13:46 ツクバネウツギ
13:45 ガマズミ スイカズラ科の落葉低木
13:47 登山道
13:50 ヤマツツジが姿を現しました
13:51 登山道
13:55 登山道
13:58 登山道
14:00 登山道
14:00 登山道 そろそろ出口に近いようです
14:01 登山口 ここは我々が直登コースと呼んでいます
14:02 登山口 バス停から来ると1番最初の登山口です
14:02 ここから車道歩きがバス停まで続きます
14:07 タチフウロ(立風露)?かと思ったのですが
葉の形が違うような気がします
14:08 イチリンソウ
14:13 小仏バス停
ここからバスで高尾駅に行って国立まで行きます。
木部一樹さんがやっている個展に行きます。
アクリル画を描かれる画家さんですが、いつも案内状を
下さるので楽しみに行きます。
青森出身なので青森の人が来ると青森弁でお話されてます。
今日も高校がどこそこ出身なんていう話をされて盛り上がって
いました。個展に行くと必ず一緒に飲みながらおしゃべり
します。私なんか友人感覚でおしゃべりしてます。
木部さんの絵を見ていると心が和みます。
最近は健康になられて安心なのですが、一緒に山に登り
たいと思って「行こうよ」と言っても無理なようです。
17:50 木部さんの個展にて
17:50 木部さんの作品の一部です

ホームへ   ハイキングのページへ