727m
小下沢コース〜景信山〜いろはコース
2013年4月14日(日)晴れ  

 今日は21日(日)の餅つきの最終打ち合わせで景信山に行くというMabeさんからの連絡で
 山頂で会う事にして、私たちは小下沢から【ミドリニリンソウ】を見ながら行く事にしました。
 Hashimotoさんは車で来るという事で小下沢で待ち合わせと聞いていたのですが、何かの手違いで
 1時間半くらいロスをしてしまいました。小下沢から登山道に入ると携帯が使えなくなります。
 連絡方法がないのでAidaさんが小下沢まで戻ることにしました。
 1時間半位して一人で戻ってきました。ザリクボまで行くとそこにいました。
 今日は【日本山岳会による植樹祭】が行われているようでゲートは植林の方と一緒に入れたようです。
 400人位入っておられるという事です。山岳会のNagataさんが冷えたビールをプレゼントして下さい
 ました。



   「交  通」  JR市川駅7:02発→お茶の水(乗換)7:24着 7:25発(中央特快)→高尾駅8:18着 9:52発(小仏行)
   「コース」  高尾駅北口バス9:12発→大下バス停9:20→小下沢梅林9:31→ザリクボ11:20→
              滝分岐11:50→景信山13:18着 15:25発→水場16:06→小仏バス停16:40高尾駅

   「Menber」 Aidaさん・Hashimotoさん・Koikeさんと私の4人

     【ミドリニリンソウ】
ミドリニリンソウ まだ見られました
ミドリニリンソウ
もう終わりに近くなってきたようです。
一緒に行った人たちも言われないと見つけることがなかなか難しいようです。
私達も最初はその場所に連れて行かれてもわかりませんでした。
NagataさんとMiさんは途中で別れました。
9:21 大下バス停 バスを降りて後方に戻ります
9:31 小下沢梅林 少しHashiさんを待ちますが見えないので
ゆっくり先へ進みます
9:32 小下沢梅林より春山を見る
9:37 シロヤブケマン ケシ科 キケマン属  白藪華鬘 
9:44 登山道
9:46 イチリンソウ
9:47 ケマルバスミレ
9:48 ウラシマソウ
ここまで来てHashiさんが来ないし、携帯も通じないので小下沢梅林までAidaさんが
戻ってみることにしました。私たちはオタマジャクシを見たり花を見たりして待つことに
しました。Aidaさんは10時半まで待っても来ないので戻ってきました。
10:01 登山道
10:07 ラショウモンカズラ(シソ科)
10:11 スミレ
10:16 登山道
10:21 ラショウモンカズラ
10:49 新緑が美しい登山道
11:00 登山道
11:01 木
11:01 木に苔がついているのですがとても綺麗です
11:05 ヤマルリソウの登山道
一人のハイカーさんが「今年のヤマルリソウはすごいですね」と言われましたが、本当に
今迄こんなに群生しているヤマルリソウを見たのは初めてではないかと思います。
この辺りには毎年ヤマルリソウが多いのですが今年が上の方まで群生して素晴らしいです。
11:04 ヤマルリソウ
11:05 ヤマルリソウ
11:11 ゲート 車は植林関係の人しか入れません
11:22 植林のNagataさんとHashimotoさんが待っていました
日本山岳会の人たちは400人ほど4組に分かれて植樹しているそうです。
景信山の直下まで植樹しているのですから、山登りも出来ないといけないし
大変なことだと思います。景信山に行く登山道では会いませんでしたので
奥の方へ入っているのだそうです。
11:22 植樹祭ですので小屋が開いて数人の方がいます
11:25 橋を渡ります 途中まで一緒に行きます
11:38 登山道
11:41 登山道
11:41 登山道 石がごろごろしています
11:42 登山道
11:44 アオキの花
11:46 登山道
11:47 ヤマエンゴサク(ケシ科)
11:52 ツルネコノメソウ ユキノシタ科 ネコノメソウ属
11:55 ハナネコノメ
11:57 登山道
11:58 登山道
今日は植林の方が入っているので滝コースではなく小下沢の本道を
登ることにしました。花も沢山あります。
11:59 登山道
12:01 登山道
12:02 オウギカズラ(シソ科)
12:06 登山道
12:08 登山道
12:17 オオケヤキ 休憩場所です
12:17 登山道 オオケヤキの所を出発します
12:20 登山道
12:24 ツルカノコソウ
12:25 登山道
12:25 ヤマザクラ越しに見る風景
12:26 登山道
12:28 登山道
12:29 登山道 黄色いテープは外しています
いつもは黄色いテープで通行止めになっているのですが、植林のために今日は開けています。
ここから東尾根の分岐までは平坦な道が続きます。
12:30 登山道
12:30 登山道
12:30 登山道 岩や木の根っこが出ていて細くなっているので
注意が必要です 岩につかまって通過します
12:31 登山道 今の場所を振り返ってみます
12:32 登山道
12:33 登山道
12:34 登山道
12:35 この辺りはナガバノスミレサイシンが多いです
12:39 エイザンスミレ
12:39 登山道 気持ちの良い登山道です
12:40 登山道 この辺りにタラの芽があったはず
12:19 登山道 両脇には黄色いヤマブキが咲いて綺麗です
12:43 カンアオイ
12:44 東尾根との分岐
12:45 登山道
12:49 ヒナスミレ?
12:49 ヒナスミレ
12:53 アケボノスミレ ピンクの濃い菫
12:56 分岐 小仏バス停への分岐です
12:57 分岐 大勢さんが下りてきました
 小仏バス停へ下って行かれました
12:57 ヤマザクラ
12:59 登山道 急な登りです
13:03 登山道
13:07 登山道
13:08 ニオイタチツボスミレ
13:08 ニオイタチツボスミレ
13:18 景信山に到着しました
13:33 ノエル 甘えん坊で膝の上に乗りたがります


  13:44 元、親子山のHiさんが来てくれました
   2組に分かれて登ったそうです。
   もう一組は小さい子供でSioさんが
   連れて歩いているそうです。
   こうして来てくれると嬉しいです。
14:25 センボンヤリ
14:29 ヒトリシズカ
14:32 景信山に咲く桜
遅かったので景信山の常連さんは帰っていませんでした。
でもJoさん・Kiちゃん・Mabeさんは待っていてくれました。
JoさんとKiちゃんは300回記念でjoさんの焼いたぐい飲みをプレゼントしてくれました。
Hiさん親子は先に帰られましたが、Sioさんを待つことにします。
子供たちはどんなに大きくなったことでしょう。
なかなか来ないので帰ろうかと思っているところへSioさんが来てくれました。
上の茶屋にいるという事で早速行ってみます。
手をつないで歩いたHibikiくん・Takuちゃんは大きくなっていました。
ちゃんと覚えていてくれて嬉しかったです。小さな私を捕まえて「何センチ?」とふざけてきます。
15:16 Sioさんグループ 新しい方もいらっしゃいました。
まっすぐ下るというSioさんグループと一緒にいろはコースを下ることにしました。
犬と遊びたいらしくサダハルと遊んでいました。
下りは私が花の説明をしながら下ることにしました。
14:49 次女がお手伝いに来ていました
15:22 サダハルと一緒に
15:25 景信山からの春山風景
15:29 イカリソウ 景信山直下に咲いています
15:30 ジュウニヒトエ
15:32 登山道
15:33 エイザンスミレ
15:35 タチツボスミレの群生 美しいです
15:39 登山道
15:41 ヤブレガサ
15:47 登山道
15:47 登山道
15:47 登山道
16:06 水場
今日も色々な方にお会いする事が出来て楽しい一日でした。
本、親子山の人たちもこのように山登りを楽しんでいてくれることは素晴らしいことです。
また、いつか元気で山登りを楽しんでいる姿を見たいと思います。
【ミドリニリンソウ】はそろそろ終わりですが、今日も出会えてよかったです。

ホームへ   ハイキングのページへ