727m
小下沢コース〜景信山〜いろはコース
2013年4月10日(日)曇り  

 この処雨が降ったり強風だったりしたので山は行けませんでした。
 この前は日影を歩いたので今日は小下沢を歩こうという連絡が入りました。
 メンバーは二人という事です。バス乗り場に行くと大勢のハイカーで一列では収まらず2列になっています。
 バスは1台運行という事でこれではとても乗れないと判断してご婦人が一人いたのでタクシーで相乗りして
 行く事にしました。
 我々は大下の手前のガードをくぐったところで降り、そのご婦人は小仏まで乗って行かれました。
 のんびりと小下沢へ向かいます



   「交  通」  JR市川駅7:02発→お茶の水(乗換)7:24着 7:25発(中央特快)→高尾駅8:18着 9:52発(小仏行)
   「コース」  高尾駅タクシー→大下手前のガード下車→小下沢梅林9:33→ザリクボ10:39→
              滝分岐11:20→景信山12:55着 14:18発→登山口15:29→小仏バス停15:53→日影→高尾駅17:30

   「Menber」 Aidaさんと私の2人
景信山から春山を眺めます。今一番美しい季節です。

歩くには今一番良い時期です。山は美しく花は沢山の種類が咲いて私達を楽しませてくれます。
小下沢でもミドリニリンソウがあるという情報があり、探しながら歩く事にしました。
昨年も探したのですが見つからず、本日は案外すんなり見つける事が出来ました。
今回は情報だけで人に教えてもらわないで、自分たちの目で探せたので嬉しさもつのります。
これから小下沢に向かいます。
スミレが沢山咲いているのですが相変わらず何スミレだかわかりませんので
わからないものは「スミレ」とさせていただきます。
9:33 小下沢梅林の梅は終わり春の息吹を感じます
9:33 梅林から周りの山を眺めるとやはり美しく春化粧をしています
9:36 カキドオシ
9:37 シロヤブケマン ケシ科 キケマン属  白藪華鬘 
9:46 タカオスミレ 葉はあれども花がついてないのが多いです
9:50 登山道
9:54 ケマルバスミレ ピンク色をして可愛いです
9:55 ケマルバスミレの群生 この登山道は沢山咲いています
9:56 ケマルバスミレがあちこちで群生しています
9:59 アカフタチツボスミレ
葉脈に沿って赤紫色の斑が入っています


10:03 ヤマルリソウ

沢山群生していました
ピンク色をしたもの、白い物などいろいろあります
10:01 ラショウモンカズラ 咲き初めでした
10:03 オタマジャクシ 先日は卵でしたがオタマジャクシに
なって元気に泳いでいました
10:04 ウラシマソウ(サトイモ科)
花軸の先が糸状に長く伸びた様子を
浦島太郎の釣糸に見立てた物です
10:08 フタバアオイ(ウマノスズクサ科)
10:11 登山道 新緑がとても綺麗です
10:11 木に苔がついているのですがとても綺麗です
10:12 ミヤマキケマン(ケシ科)
10:18 ヤマルリソウ ピンクと紫で可愛いです
10:18 ヒトリシズカ(センリョウ科)
10:23 ニリンソウ(キンポウゲ科)
10:28 エイザンスミレ ピンク色がとても綺麗です
この登山道はエイザンスミレもとても多くて、今年は花びらが大きく素晴らしい
のが多いです。全部、写真に撮ってあげたいくらいです。
10:29 ゲートを通ります
10:29 エイザンスミレ 沢山の花がついていて美しいです
10:32 アカフタチツボスミレでしょうか?
 斑が入っていますが花びらが濃い紫です
10:41 橋を渡ります
10:46 登山道
10:56 イロハモミジ(カエデ科)
10:58 登山道
10:59 登山道
11:14 登山道 新緑が美しいです
11:15 ヤマネコノメソウ(ユキノシタ科)
11:16 登山道 先日の雨で登山道は水が流れています
11:16 ヤマエンゴサク(ケシ科)


11:22 ハナネコノメ 蕊はなくなり真っ白です

11:21 滝 滝は水量が多くなっています
滝コースはほとんど花がないので小下沢コースを行けばスミレなど沢山咲いて
いるだろうからという事で小下沢を登ることにしました。
11:25 ツルネコノメソウ ユキノシタ科 ネコノメソウ属
11:28 登山道
11:29 登山道
11:32 登山道
11:33 オウギカズラ(シソ科)
11:35 ツルカノコソウ(オミナエシ科)
11:39 登山道
11:42 ムラサキケマン(ケシ科)まだ咲き初めでした
11:50 登山道 新緑が美しい
11:52 春山を眺めます
何度こうして立ち止まり美しい春山を眺めたでしょう
11:56 登山道
11:57 ミヤマキケマン 群生していますので綺麗です
登山道の途中で立ち止まっては「綺麗ねぇ」と春色に彩られた山々を眺めながら
歩けることは素晴らしいことです。もうすぐ濃い緑色に変わってしまいます。
11:58 春山
12:00 アオキ こんな可愛い花が咲くとは今まで知りませんでした
12:02 登山道 タチツボスミレが登山道わきに咲いています
12:04 登山道
12:05 春山 桜が咲き新緑が素晴らしい風景です
12:05 岩が出てたり根っこが出て狭くなっているので注意して進みます
12:06 ジュウニヒトエ これから咲きます
12:07 エイザンスミレ 今年は沢山美しいエイザンが咲いています
12:08 登山道 すれ違うには細い道ですので譲り合って
12:13 登山道 この辺りはナガバノスミレサイシンが多いです
12:13 ナガバノスミレサイシン ピンク色をしています
麓では終わっているのですがこの辺りはまだ綺麗です
12:14 登山道 新緑が待ってます
12:15 ナガバノスミレサイシン
12:19 登山道 両脇には黄色いヤマブキが咲いて綺麗です
12:20 登山道 もうすぐ東尾根との分岐です
12:21 カンアオイ もう一株あったように記憶しているのですが
見当たりませんでした 新しい葉が沢山出てきていました
12:22 ヤマブキ 黄色い色が何ともいいですね
12:23 登山道 東尾根の分岐を右に登って行きます
12:23 エイザンスミレ 白っぽいエイザンですが沢山ついています
12:26 スミレ 可愛いのですが名前がわかりません
12:28 モミジイチゴ 
登山道の両側にはモミジイチゴがずっと続いています
オレンジ色の実になると美味しいので採って食べながら歩きます
12:28 登山道 新緑がとても美しい登山道です
登山道の両側にはモミジイチゴの白い花が続いています
12:28 登山道
12:32 ミヤマシキミ
12:33 小仏バス停への分岐です
右手の方にヤマザクラが咲いて綺麗です
12:33 ヤマザクラ 美しいですねぇ
12:39 登山道 かなり急な上り坂を登ってきました
12:39 急坂を登りきるとこの登山道が待っています
12:43 スミレ とても綺麗なスミレさんです
12:48 登山道 トイレの建物が見えてきました
12:49 センボンヤリ
12:55 景信山に到着しました 当然茶屋は閉まっています
タクシーを降りてザリクボまで1時間10分ほどかかりました。
何しろ花があると写真に撮るのですから時間がかかります。
何組かのハイカーさんが追い越していきましたが、歩き方を見ると花には興味はないんだなと
言う方ばかりでした。
ザリクボの橋を渡るところから景信山まで2時間14分でした。
花や春山があまりに美しいので時間がかかります
ミドリニリンソウなどは携帯で写真撮るのを忘れたのでわざわざ携帯写真を撮るので花の場所まで
戻ったりしていたので時間がかかりました。
13:05 ヒメスミレ なのでしょうか?
小さな菫で色が濃いのです
13:07 景信山に咲くヤマザクラです
13:07 桜
13:07 桜
景信山からの春山です
春山 この時期にしか見る事が出来ない景色です
この美しい春山も一週間もすれば緑濃い山の景色に変わってしまう事でしょう。
テーブル席で昼食にしようかと言ってる時に登って来た方がいらっしゃいます。
しばらくぶりにお会いするSaさんとお友達のYaさんです。平日に偶然お会いするなんて驚きました。
昨年の夏は健脚な方で穂高を一週間くらい縦走されたそうです。
一緒にお昼を食べて一緒に下ることにしました。
この桜がいつまで咲いていてくれるでしょうか?
21日(日)に餅つきがあるのですが桜吹雪の下で餅つきが出来るでしょうか?
私はちょっとつくしを採りに出かけますが今年は少なかったですが一食分くらいにはなるでしょうか?
14:16 これから下山します
14:18 景信山 今週末また来ます
14:18 これから下山です
14:20 スミレ
14:21 エイザンスミレ
14:25 イカリソウ
14:25 登山道
14:28 春山 正面は小仏城山です 少し下ると景色も変化します
昨年はジュウニヒトエが群生しているところがあったので行ってみることにします。
今年は見当たりません。まだ早いのでしょうか?
小仏峠に下るか、いろはを下るかという事で、いろはの方が花が沢山あるので今日は
いろはコースを下ることにしました
14:29 美しい景色だねぇと春山に見入っています
14:29 春山風景
14:38 クロモジの花
14:40 いろはコースへ下ります
14:41 タチツボスミレが群生して綺麗です
14:41 真っ白なタチツボスミレです 清楚で美しいですね
14:42 タチツボスミレの群生です 美しいです
14:48 エイザンスミレ ピンクのエイザンです
14:49 エイザンスミレ 一際ピンクが濃いエイザンスミレです
14:55 エイザンスミレ このエイザンも可愛いです
ヤブレガサのオールキャストが揃っていました。
破れた傘をすぼめたような姿が面白いです。まさにヤブレガサです。
14:51 ヤブレガサ 芽吹き
まさにヤブレガサという感じです
大分開いています
開ききった葉です
14:56 登山道
15:03 登山道
15:06 登山道
15:08 水場 今日は水が多いです
15:09 水場直下の登山道
15:29 いろはコースの登山口です
春山 林道から眺めた春山です
15:38 ツボスミレ とても小さい菫です
15:43 クサノオ
15:45 シャガ 麓ではシャガが咲き始めました
15:50 サンカヨウ 遠くてわかりづらいですが
サンカヨウだと思います でもこんなところに咲くかな?
15:53 小仏バス停のトイレが出来上がりました とても綺麗です
時間に余裕があるという事で日陰の花を案内することにしました。
小仏バス停からのバスは出たばかりで日影まで歩く事にしました。
途中民家に咲いている花や林道わきの土手に咲いている花を見ながら歩きます。
16:03 ツルオドリコソウ(蔓踊子草)シソ科ラミアストルム属の多年草
 原産地はヨーロッパの東部から西アジアにかけてである
 日本では園芸用として渡来したものが野生化している
 草丈は20cm〜40cmくらいである
 葉は卵形ないし円形で、向かい合って生える(対生)
 葉には細かい毛が生え、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある
 葉には斑が入るものもある
 開花時期は3月から5月
 花径1cmから2cmの黄色い唇形の花をつける
 民家の庭先に咲いていました
16:06 セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)の白花 白は珍しいようです
私も白い花は初めて見ました
16:06 セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)
16:17 ナツトウダイ(トウダイグサ科)
16:17 ナツトウダイ 花が終わり実がついていました
16:20 トキワイカリソウ 民家に咲いていました
16:20 ミヤマエンレイソウ
16:23 バイモ(貝母)別名:アミガサユリ(綱笠百合)、
16:30 深山ハコベ 花も葉もとても大きかったです
タカオスミレ
マルバコンロンソウ
ミドリニリンソウ
ミドリニリンソウ
ミドリニリンソウ
17:31 あさかわ
        本日の収穫
景信山で採ったツクシです
帰宅して夜「ハカマ」を取りました
食卓に上ったツクシです
 小さい頃から田舎育ちの私は春になるとツクシを
 採りに行きました。
 採って帰り「ハカマ」を剥くのがあまり好きでは
 ありません。でも剥かなければイガイガで食べられ
 ません。手は黒くなってしまします。
 今日も山から夜帰ってきて新聞紙を広げて
 「ハカマ」を取り今晩一晩水につけてアクをとります。
 醤油、砂糖、だし汁などで煮ます。
 卵とじにして良く食べました。
 景信山のツクシは草丈が長いのでツクシもそこから
 何とか顔を出そうとして足が長くなるのです。
 だから「ハカマ」も少ないので処理が楽です。
 東京の人はツクシは採らないですね。

ホームへ   ハイキングのページへ