727m
日影沢林道コース〜景信山〜小下沢コース
2013年3月24日(日)曇り  

 高尾駅北口に集まったのはいつものメンバーでした。
 バスは天気予報が雨が降るという事だったせいか、2台運行でしたがすいていました。
 「どこを歩こうか?」という事で花を求めて「日影沢」から行く事にしました。
 日影バス停でバスを降りて先ずは沢に下りて行きます。やはり【ハナネコノメ】がどのように
 変化したか知りたいと思って沢に下りて行きました。沢には数人いただけでした。
 友人のNさんが日影林道の途中から入る登山道を歩きたいという事だったのですが、食事をしていくと言うので
 私達は先にバスに乗りました。日影に着くとメールがあったので沢で花を見てると言う返事をして、しばらく待って
 も来ません。名前を呼んでもどこにもいませんので林道へと向かいました。
 4人の目で目的の花を探しながらのんびりと歩きます。



   「交  通」  JR市川駅7:02発→お茶の水(乗換)7:24着 7:25発(中央特快)→高尾駅8:18着 9:52発(小仏行)
   「コース」  日影バス停→日影沢花観賞9:17着 9:52発→林道分岐11:25→城山分岐12:22→
              小仏峠12:39→景信山13:16着 14:30発→小仏バス停分岐14:42→滝15:33 15:43発→小下沢15:58

   「Menber」 Koikeさん・Joさん・Kiちゃんと私の4人
9:17 ヤマエンゴサク(ケシ科)高さ10〜20cm
9:18 日影沢
9:19 日影沢にはアブラチャンが沢山あります
9:22 ハナネコノメ(ユキノシタ科)白いのは萼片
 赤い蕊(しべ)はほとんどありませんでした
9:24 コチャルメルソウ(ユキノシタ科)
9:28 コチャルメルソウ 花茎は10〜20cm
コチャルメルソウは沢山見られました。
アズマイチゲは陽がさしてこないので下を向いています。
9:28 沢で散策しています
9:29 ナガバノスミレサイシン
9:31 アブラチャン
9:37 ハナネコノメ 少し離れた場所はまだ赤い蕊があります
9:37 ニリンソウ ピンク色して可愛いです
9:46 アズマイチゲ 駐車場付近で開いてました
30分近くたちましたが、友人のNさんは一向に現れません。
名前を呼んでも返事なし。もう先に行ったのだろうという事で私達も前へ進むことにしました。
登山道の沢寄りにはアブラチャンがずっと続いています。
これから目的の花を探しながら進みますので、あっちへふらり、こっちへふらりしながら。
9:42 沢寄りに咲くアブラチャン
9:52 日影沢林道へ進みます
9:57 アオイスミレ 春最も早いスミレ
10:09 アオイスミレ
10:14 タカオスミレ 蕾を持っていますがまだ先のようです
10:14 ミミガタテンナンショウ
10:19 ヤマルリソウ
10:21 以前森の図書館があったのですが火事で焼けてしまいました
 現在はこのように建設中です
10:28 登山道
10:28 分岐 左へ行けば高尾山頂・いろはの森
私達は直進して城山へ向かいます
10:39 登山道 右見て左見て花を探しながら進みます
11:01 登山道
11:08 キブシ(キブシ科)高さ3〜5m
葉の出る前に穂状花序をたらし約4mmの鐘形の華を開く
11:17 フサザクラ 雌雄同株 花には花弁も萼もなく多数の雄しべが
目立つ先日単独で歩いた時は赤い雄しべが沢山あったけれど
今日は少ししかありませんでした
11:24 登山道
11:25 登山道 左へ入る道がありますが山頂直下は藪に
なっているのでかき分けかき分け登ることになります
今日は右へ林道を進みます
11:25 フキノトウ 沢の中にありました
11:28 ゲートの横をすり抜けて進みます
11:29 ナガバノスミレサイシン
10:41 バッコヤナギ (跋扈柳) 姿がネコヤナギ(猫柳)に似た
バッコヤナギ(跋扈柳)というヤナギ(柳)がある
ネットで調べるとこのように出てきました
11:33 ミヤマキケマン(ケシ科)茎は高さ20〜50cm
 2cm程の花を多数つける
11:36 スミレ
11:36 スミレ
11:36 エイザンスミレ 葉は三つに深裂し
さらに2回分かれて鳥足状となる
11:37 スミレ
11:47 登山道
11:52 スミレ
12:03 シュンラン(ラン科)乾燥した所に生える
12:22 分岐 左へ行けば城山・右は小仏峠
12:23 ナガバノスミレサイシン
12:23 登山道
12:25 伐採された気が沢山登山道の両側にありました
12:26 いつもの場所から景信山を望む
12:27 登山道
12:29 城山からの合流地点
12:30 登山道
12:33 登山道
12:34 巻道へと進みます
12:34 巻道の登山道
12:35 巻かなかった道と合流します
12:36 登山道
12:37 小仏峠 地図のお兄さんはいません
今日は別の場所で地図を販売しているのでしょうか?
12:38 温度計は9度です
Joさんが9度と言えば9度なのです
ピタッと言い当てるのはすごいですよ
12:39 小仏峠 今日もお地蔵様に感謝して手を合わせます
日影沢からのらりくらりと酔っぱらいのようにふらふらしながら日影沢林道を登ってきたので
城山・小仏の分岐まで3時間30分かかりました。
その時間が12時29分ですのでお腹がグーグー言ってました。
でも景信山まで行こうという事でガマン、ガマン。
これは良くわかっている山なのでそれでよいと思いますが、他の山ではちゃんと食べないと
ばててしまいますので注意してください。 小仏・城山分岐から小仏峠までは17分でした。
12:40 登山道 小仏峠の登山道入り口を出発します
12:42 登山道
12:44 登山道
12:49 登山道
12:50 登山道
12:52 登山道
12:53 登山道
12:59 登山道
13:01 登山道
13:02 登山道 景信山が見えてきました
13:06 登山道 どちらへ行っても同じ場所に出ます
13:09 分岐 右に行くといろはコースです
13:12 エイザンスミレ
13:14 ニオイタチツボスミレ
13:15 ウグイスカグラ(スイカズラ科)高さ2〜3mの落葉低木
まさかここで見られるとは思ってもいませんでした
13:16 景信山に到着です
小仏峠登山道入り口から景信山まで36分かかりました。
普通30分とみていますので少しかかりすぎました。
犬は【リー】と【ロン】がいました。【ナッツ】と【ゲン】はお留守番です。
でもお父さんとお母さんの顔を見る事が出来ました。
14:13 ミツマタ
14:13 景信山 この時間になると皆さん下山してしまいます
14:30 アセビ 景信山に咲いています
14:31 景信山を小下沢へと下山します 
14:32 登山道
14:33 登山道
14:35 登山道
14:39 登山道
14:41 登山道 木ね野が張り出した急な下り坂
14:42 分岐 右に行くと小仏バス停に行きます 直進します
小仏バス停を過ぎて登山道を進むと【右手にシュンランがあるから注意してね】とアドバイスしていると
女の人たちが写真を撮っています。まだ若いシュンランですがよく気が付いたようです。
早速私も写真に収めます。
次来るときが楽しみです。
14:44 登山道
14:46 シュンラン
14:49 倒れて腐った木に新しい芽が出てると観察
14:50 登山道
14:51 登山道
14:53 東尾根との分岐
先頭を行く人に「そこでちょっと待って」と声を掛けます。
カンアオイが沢山咲いているので見せてあげようと思っての事です。
14:54 カンアオイ 小仏バス停の所にもあるのですが
この場所のカンアオイは見事です
14:56 登山道 今日は滝コースではなく小下沢コースです
14:58 登山道
15:02 登山道
15:03 登山道
15:04 登山道 岩が出ていて登山道が細いので注意が必要です
15:05 登山道 
15:07 エイザンスミレ この登山道にも見られます これからですね
15:07 エイザンスミレ
15:08 登山道
15:08 登山道 木の根が張り出していて危険ですので注意
15:09 登山道
15:10 登山道
15:12 登山道 花でも見つけたのかな?
15:14 スミレ
15:18 ザリクボ15 景信山45とあります 時間のようです
15:18 登山道
15:21 登山道 もうすぐ大きなケヤキの所です
15:31 登山道
15:32 登山道
もうすぐ道標のある所ですが、少し寄り道してもらいます。
ここの【ハナネコノメ】がどのようになっているか確認したかったのです。
15:33 ハナネコノメ 登山道よりのハナネコノメは小さいです
15:36 ツルネコノメソウ(ユキノシタ科)
山地の沢沿いの岩上や水質地に生える多年草
15:36 ハナネコノメ まだまだ楽しめます
15:36 ハナネコノメ この場所の花は茎が長いです
15:43 登山道
15:48 登山道 花はないかな?
15:50 登山道 花を探しながら下ります
15:53 登山道
15:56 ナガバノスミレサイシン
15:57 橋を渡ります
15:58 外人さんの団体がフリスピーをして遊んでました
15:59 登山道/center>
16:06 ヤマルリソウ
16:07 エイザンスミレ
16:15 カエルの卵 先週はオタマジャクシだったのに又
卵がありました。
子供がオタマジャクシだけUPしていたら卵もUP
すれば良いのにと言っていたので写真に撮りましたが
私は気持ちが悪くて本当は嫌なのです。
16:27 登山道
花を探しながら歩いたのですが本日も見つけることはできませんでした。
また次回に挑戦してみます。
そして雨の予報でしたが3月27日(水)に日影沢へ出かけてみました。
先日と少し変わっていたのは、日影沢の入り口(橋のたもと)の桜が美しく咲いていました。
子の桜はソメイヨシノより小さくとても可愛い桜です。
それと蕾だったタカオスミレが一輪咲いていました。
日影沢林道をずっと歩いて探したのですが、見つからず諦めてバスの時間もずいぶん待たなければ
ならないので高尾駅まで歩きました。
野の途中、民家に色々な花が咲いていてこの道は歩くのもそれほど苦にはなりません。
     3月27日(水)雨 日影沢にて
10:07 小さな桜が雨に打たれていました とても可愛い桜です
10:07 桜と後ろは黄色いアブラチャンです
10:09 カントウミヤマカタバミ
10:50 タカオスミレ
11:01 ピンクが可愛いニリンソウ
11:51 タチガシワ(ガガイモ科)茎は直立し高さ30cm程になる。
茎の頂に淡黄紫色の花を多数かためてつける
まだ出たばかりで良くわからないけれど
写真を撮ってる方がいて教えてくれました
12:27 ミツマタ 民家に咲いていてとても綺麗でした
13:01 ムラサキケマン(ケシ科)高さ20〜30cm
13:04 クサノオ(瘡の王)ケシ科
13:06 桜 緑を帯びた美しい桜です
13:11 桜 丸い球のようになった美しい桜でした
13:11 桜
15:20 ボケ 深紅の八重のボケが民家に咲いていました
15:33 オカタツナミ(シソ科)
15:33 トウゴクシソタツナミ
15:33 タツナミソウ

ホームへ   ハイキングのページへ