景信山から小下沢
2007年3月4日(日)晴れ

           今後の為に少し歩いておかなければと思い久しぶりに6号路を歩く
           事にした。工事の為に通行止めになったりしていたこともあり
           暫く6号路を歩いていなかった。ハナネコノメも咲き始めたという
           ニュースも入っていたので楽しみに一人で歩く事にする。
「交 通」JR市川駅7:48→御茶ノ水8:11(乗換)8:15発(中央特快)→
           高尾9:11(乗換)9:21発(京王線)→高尾山口9:23
ハナネコノメ
 (ユキノシタ科)
 渓流の岩の上などに
 群生する小形の多年草。
 花茎は高さ5cmほど。
 葉は小形で長さ5〜8cm
 の卵円形、黒っぽい
 緑色をしている。
 花には花弁がなく
 白色の萼片が花弁状で
 4個ある。おしべの
 葯は真っ赤でそれが
 とても可愛い。
 小さな花なので写真
 を撮るのが難しい。
ユリワサビ(アブラナ科)
 湿気の多い山中に
 生える多年草。
 全体に無毛。
 葉は卵状腎臓形で
 長さ、幅ともに2〜
 5cm。10〜15cmの花茎
 の先に白色の十字花
 を開く。
 ワサビを小形にした
 感じである。
スミレ
 まだ少し早いのか
 6号路ではあまり
 見かけなかった。
 スミレは私には
 あまりにも種類が
 多すぎて何スミレ
 なのかわからない  
    
親子山教室の人たち
 時々親子山教室の
 ホームページに
 お邪魔しているので
 本日高尾山に行く事は
 知っていたが、高尾山口
 に私が着いたら出発した
 後だった。途中で追いつ
 いて流水麺さんと久しぶ
 りにお会いしたので話な
 がら歩く。お嬢さんの
 繭ちゃんも随分大きく
 なられていた。途中で
 お別れして私は景信山
 へと向かう。
ダンコウバイ
 (クスノキ科)
 別名:ウコンバナ
 高さ3〜mになる。
 葉は互生し広卵円形
 で多くは先が3裂する。
 3〜4月、葉より先に
 淡黄色の小花を開く。
 アブラチャンと
 よく似ている。

 景信の広場の所に
 咲いている。
13:46 分岐
 景信に着くとKiさんが
 茶屋の前のテーブルで
 一杯やっている。
 久しぶりにお会いする
 のでご一緒させて頂き
 楽しいひと時を過ごす。
 それにしても今日は暖かい。
 暫く上着も着ないで休んで
 いても全然寒くはない。
 私は予定通り小下沢へ下りる
 ことにして途中分岐まで
 一緒に下りる。又の再会を
 約して分岐から一人になる
 直進すると小下沢へ下りる  
13:58 登山道
 いつもは小下沢から
 登ることが多いけれど
 スミレの花が多い道
 でもあり、沢には
 ハナネコノメの群生
 している場所もある
 ので下山する事にし
 たのである。がスミレ
 はまだ早かったのか
 あまりなかった。
スミレ
梅林
 小下沢から林道を沢沿いに
 歩くと梅林がある。
 この梅も楽しみの一つで
 ある。どの位咲いている
 のか楽しみに下りてきた。
 まだまだもう少し先まで
 楽しむことが出来るようだ
ウスタビガの繭
 ヤママユガ科のウスタビガと
 いうガの一種のまゆです。
 中には蛹(さなぎ)が
 入っていたが、10〜11月頃、
 成虫となって羽化し、
 この時期はもぬけの殻。
 インターネットで調べると
 このガ、成虫は翼長
 (羽を広げた横の長さ)
 10cm前後という大型のガで、
 雄は茶褐色、雌は黄色い色
 幼虫はブナ科
 (ドングリの成る木)やカエデ
 サクラなど落葉広葉樹の葉を
 食べる。などと記されて
 いるが、私は繭ばかりで
 ガは見たことがない。
コチャルメルソウ
 (ユキノシタ科)
 渓流近くの湿り気の
 あるところに生える
 多年草。根生葉は
 長い柄があり卵状
 心臓形。花茎の先に
 つける花は変わって
 いる。和名は小形の
 チャルメルソウの意味
 何時のも場所にないので
 心配したけれどあった。
 とてもカメラに撮り難い
 ので変な格好をして撮って
 いたら「オネエサン、
 こっちの方が撮りや易いよ」
 と教えてくれたので移動する。
 あまり目立たないので気をつ
 けて見ないとわかりにくい。
コチャルメルソウ
15:21 アズマイチゲ
 (キンッポウゲ科)
 草丈15〜20cmになる多年草。
 早春、径3cmほどの白花を
 花茎の先に開く。花びらの
 ように見えるのは全て萼で
 和名は東一花で関東に多く
 一花を開くことによる。
 もう陽が翳り始めていたので
 花もしぼみかけていた。
            予定通り6号路を歩きハナネコノメやユリワサビ、スミレなど
            見ながら歩き、途中流水麺さんにもお会いすることが出来、
            景信でも久しぶりにKiさんにも会うことが出来た。
            そして小下沢に下り梅林を見てコチャルメルソウも見る
            ことが出来た。これから春の花が咲き楽しみである。
            山に登らない友人がいるが、その友人にも山の花を見せて
            あげたいと思うのだが・・・・・

 

ホームへ   ハイキングのページへ