727m
日影コース〜景信山〜滝コース
2013年3月10日(日)晴れ  

 この処暖かい日が続いているので少しは花が開いたかと思って「日影」から行く事にしました。
 日影バス停でバスを降りて民家の花を見せて頂くことにしました。
 毎年綺麗な花を咲かせているので見せて頂くのが楽しみです。
 今年はやはり少し早いのか種類は少なかったです。【アズマイチゲ】【フクジュソウ】【セツブンソウ】
 咲いていました。【アズマイチゲ】は朝なので陽が当たってないので下を向いています。
 【セツブンソウ】をまだ見る事が出来たので嬉しかったです。
 そのあと橋を渡り沢へ降ります。【アズマイチゲ】【ハナネコノメ】が咲いていました。
 花を見てから【日影コース】へと歩を進めます。



   「交  通」  JR市川駅7:02発→お茶の水(乗換)7:24着 7:25発(中央特快)→高尾駅8:18着 9:12発(小仏行)
   「コース」  日影バス停→民家花観賞→日影花観賞→登山口9:39発→城山分岐11:22発→小仏峠11:39:11:41発→
              景信山12:23着:14:05発→小仏バス停分岐14:17→滝14:53→小下沢15:10→小下沢梅林15:49

   「Menber」 Aidaさん・Mabeさん・Koikeさんと私の4人
        民家の庭にて
9:18 フクジュソウ(キンポウゲ科)
9:18 セツブンソウ(キンポウゲ科)セツブンソウ属の多年草
花弁に見えるのは萼片 早春に芽を出し節分の頃に花を咲かせる
9:19 セツブンソウ
9:19 アズマイチゲ(キンポウゲ科)
民家で花を見せて頂いた後は橋を渡って沢に向かいます。
【ハナネコノメ】は咲いているでしょうか?
9:25 ハナネコノメ(ユキノシタ科)花弁のように見えるのは萼片
9:25 ハナネコノメ 内側から暗褐色のおしべがのぞく
9:25 ハナネコノメ(花猫の目)
9:37 スミレ
日影沢で【ハナネコノメ】【アズマイチゲ】を見て沢沿いに進みます。
まっすぐ行けば城山に行きますが、我々は沢を渡ります。
9:38 登山道
9:39 沢を渡ります 石から石へ渡ります
9:40 ユリワサビ(アブラナ科) 沢を渡りきったらありました
9:40 登山道 いきなりの急な上り坂です
9:42 登山道
9:45 花粉で山の木々は見えません
登山道から山を見ると少し黄色をおびた色をして山の木々を隠しています。
花粉が風が吹くと舞い上がり広がっていきます。
私もついに花粉症になったようで、鼻水は出るし、くしゃみは出るし、目は痒くなってきました。
目は高尾駅にいたころは痒くて仕方がなかったのですが、山に入ると不思議と痒みは感じません。
きっと排気ガスが山にはないからだと思います。
それにしても今日の花粉はもの凄くてどこを見てもどんよりと花粉が覆っています。
今日は暖かいので風が吹くと涼しいのですが、風に乗って花粉がパーッと舞い上がるので【涼しい】
なんて言っていられません。
9:45 花粉
9:47 花粉
9:46 登山道
9:51 アブラチャンか? ダンコウバイか?
9:51 シュンラン
9:53 登山道
9:58 登山道
10:04 登山道
10:07 花粉のひどさに緊急対策
10:08 登山道
10:11 登山道
10:13 登山道
10:18 登山道
10:19 登山道
10:22 登山道 結構急坂です
10:23 登山道 木が根っこから倒れています
 意外と根が浅いことがわかります
10:25 相変わらずどこを見ても花粉・花粉です
10:28 ダンコウバイかな?
10:37 登山道 笹の登山道です
10:43 登山道
10:47 登山道
10:50 鉄塔 どの位の電流化鉄塔を見ればわかるそうです
10:51 鉄塔の所を出発します
10:52 登山道
10:59 登山道 左前方に城山が見えています
11:02 登山道 いったん下ります
11:06 登山道 東京農工大学同窓会記念林と書かれています
11:18 日影沢林道と合流です
11:19 いったん日影沢林道に出ます
11:20 まだ雪が残っています
11:19 ここは陽当たりが良いのでスミレが咲いています
11:22 分岐 左上に行くと小仏城山・右に行くと景信山
11:22 登山道 小仏峠方面に進みます
11:26 景信山 いつもの場所からズーミングしてみました
11:27 景信山を見る場所です
11:30 大勢の団体さんがすれ違っていきました
11:30 登山道
11:32 登山道
11:32 登山道 登山道がこの前歩いたと来た明らかに違っています
花粉が踏まれて登山道の色が変わっているのです
11:35 分岐 巻道へと進みます
日影沢登山口(沢)から城山・小仏分岐まで1時間42分かかりました。
城山・小仏分岐から小仏峠まで16分ほどでした
11:38 ここからも景信山を見る事が出来ます
11:38 小仏峠 いつもこの場所で地図を
販売しているのですが今日はいません
11:39 小仏峠
11:41 小仏峠で登山者の安全を見守っているお地蔵様
11:41 小仏峠登山口
11:51 登山道
11:59 登山道
12:06 フクジュソウ 先日は見えなかったのですが
暖かくなって姿を現しました
12:06 フクジュソウ 
12:06 フクジュソウ
12:06 フクジュソウ まだ若いです
12:14 分岐 花がないかと探しているようです
12:15 タチツボスミレ
12:17 アカネスミレ? 上の方に咲いていました
小仏登山口から景信山まで42分かかりました。
先日の登山で靴擦れを起こしていて足が痛いのと、のんびり写真を撮ったりしていたので
10分ほど遅くなりました。
12:23 景信山に到着です みんなはもっと早くに着いているの
ですが私はゆっくり写真を撮ったりしてして遅くなりました
山頂直下の登山道で私を呼ぶ声がしました。Hujiです。嬉しいです
13:38 景信山 青木茶屋にて
今日は暖かいのでストーブは焚いていません
13:39 今日はまだ大勢の人がいます
13:40 青木茶屋にて
13:40 青木茶屋
13:41 まだ大勢の人がいます
13:55 団体さんが下山したので閑散としています
13:59 ゲン
13:59 ナッツ 最初は食べ物をあげても食べなくて置いて
おくと人がいなくなってから食べてました
尻尾はいつもお尻の下に巻いてどうなる事かと思って
いたのですが、今ではこうして甘えてきます
14:02 下山します
今日はリー・ゲン・ナッツ・ロンが勢ぞろいでした
どっちに下山しようかという事になり【小下沢】なら少しは花があるかと思って滝コースを
下ることにしました。
14:05 登山道 小下沢方面に下ります
14:09 登山道
14:13 登山道
14:13 急な下り坂です
14:16 分岐 直進すると小下沢・右に下ると小仏バス停です
14:18 カンアオイ(ウマノスズクサ科)
14:20 登山道
14:25 分岐 東尾根の分岐ですが行かれません
14:29 分岐 直進すると小下沢・右折すると滝コースです
14:31 登山道 谷側に滑らないように注意して下ります
14:33 登山道
14:36 登山道
14:37 小さな小石があるので注意して進みます
14:41 トリカブト 10月頃花を見られるでしょうか?
14:41 登山道 イノシシが登山道を荒らしているので注意して
14:48 登山道
14:49 登山道
14:51 登山道 石がごろごろしているので歩きにくいです
14:52 もうすぐ滝が現れます
ここはジグザグに下りて行きます

滝 何段にもなって落ちています
花はまだ何もありませんでした
14:55 小下沢コースとの分岐です
14:56 登山道 ハナネコノメはまだ小さな蕾でした
14:57 ヤマネコノメソウ(ユキノシタ科)
15:00 登山道
15:10 橋を渡ります
15:14 登山道
15:16 ユリワサビ
15:19 登山道
15:49 小下沢梅林
15:51 小下沢梅林
小下沢梅林 先日より咲いてきましたがまだまだです
15:59 スミレ
今日の花粉の凄さには驚きました。山をすっぽり花粉でかくしてしまっていました。
その中を進むのですから体にも相当な量の花粉が着いていた事でしょう。
登山道にも沢山の花粉が溜まって色が変わっていたのには驚きました。
花は咲いてきましたがまだまだという感じでした。
これからが楽しみです。

ホームへ   ハイキングのページへ