コース 727m
2012年8月12日(日)曇り  

 いつものように高尾駅に9時集合です。
 今日も高尾駅のバス停で【あるっきんぐくらぶ】のMizuさんご夫婦をお見かけしました。
 バス停と駅とで距離がありましたので挨拶だけしましたが、陣馬行のバスに乗られましたので
 陣馬山から景信山に行くものと思いました。
 バスに乗ってから「どこを歩こうかね」という事で久しぶりに日影から歩くことにしました。
 私は久しぶりですがAidaさんとKoikeさんは歩いたようです。
 日影で下車して進行方向に進みます。橋を渡って日影林道を進みます。



   「交  通」  JR市川駅7:17発→お茶の水(乗換)7:39着 7:41発(中央特快)→高尾駅8:35着
              8:50発(小仏行き)→日影バス停9:07

   「Menber」 Aidaさん・Koikeさんと私の3人
景信山より本日歩いた尾根を見る
右端に見えているのが城山です・城山から左に尾根が続いていますがその尾根を歩いてきました
9:12 日影で降りて橋を渡ると車を止めている所があります
9:14 日影林道を進みます
春には沢山の花が咲くので、特に「ハナネコノメ」を見に来る人で賑わいますが、今は
ひっそりとしています。
日影林道を少し歩くと沢に降りる道があるので沢を渡ります。
9:15 キンミズヒキ(バラ科) 高さ70〜100cmになる多年草
9:15 沢を渡ります
9:16 キツネノカミソリ(ヒガンバナ科)30〜40cmの多年草 有毒植物
9:17 ミズヒキ(タデ科)高さ50〜80cm 紅白の水引を連想
  そろそろキツネノカミソリが見られるはずと注意しているとひっそりと咲いていました。
  まだ蕾がありましたのでまだまだ見られると思います。
9:18 さっそく急な上り坂になります
9:18 登山道
9:21 登山道
9:26 登山道
9:28 結構きつい登りが続きます
9:30 登り坂です
9:37 登山道
9:38 登山道 風がそよともしないので暑いです
9:39 急坂を登ります
9:42 坂道の登山道が続きます
9:48 陣馬キャンプからの道と合流地点を出発します
9:49 滑りそうな急坂を登ります
分岐の所で休憩して水分を取ります。キャンプ場からの登山道と合流地点です。
結構きつい登り坂が続いておりますが、風がありません。木の枝はソヨともしないので汗が流れます。
それでも背中とタオルの襟の所に【シャツクール】を吹き付けているので少しはひやっとするので
助かります。
9:51 障害物が現れました
9:53 ツルリンドウ(リンドウ科)まだ蕾ですのでこれからの花です
9:53 平坦な登山道です
9:56 再び急な上り坂です
9:57 大きな木が倒れている横を通過します
9:59 キバナガンクビソウ(キク科)30〜60cmキセルの雁首を思わせる
10:01 ヒヨドリバナ(キク科)多年草 1〜2m 
10:01 登山道
10:02 木々の間から高尾山が見えています
10:05 ここでSDカードの残量がなくなったので交換します
いつもの景信山だからSDカードは少なくて良いかと考えて交換用のカードは持ってきていませんでした。
久しぶりの日影からの登山道だったので写真は沢山撮ったのでカードの残量がなくなってしまいました。
二人には少し待ってもらって、小さなデジカメを持っていたのでそのカードを使う事にしました。
10:07 笹の葉が茂る登山道を進みます
10:10 時折風の通り道に会うとあぁ、涼しいという事もあります
登り始めて間もなく尾根に出てずっと尾根を歩いているのに風がありません。
でも時々風の通る場所があります。そんな時はホッとします。
10:16 登山道
10:18 スミレの種
10:21 登山道
10:23 鉄塔が見えてきました
10:23 草丈の伸びた登山道を進みます
10:26 カミキリムシ?
10:29 ムラサキニガナの花が可愛いので撮ろうと努力
10:31 花と遊んでいたので二人の姿が見えません
「ムラサキニガナ」はもうすでに終わろうとしています。
少し花が残っていたので何とか撮ろうと頑張っている内に二人の姿が見えなくなってしまいました。
先を急ぎます。
10:33 ここから急な下りになります
10:38 急な下り坂が過ぎると再び急な登りです
10:46 センボンヤリ(キク科)別名ムラサキタンポポとも言う
10:49 城山へ出る登山道
10:54 日影林道から来た舗装道路との合流地点に出ました
10:55 キアゲハが花から花へと舞っています
10:56 城山と景信山に行く分岐です 景信山に向かいます
10:57 ホトトギス
ここからはいつも歩いている登山道です。
でもいつもは小下沢だとかいろはだとか滝コースなど歩くことが多かったのでこの登山道も
久しぶりに歩きます。
10:59 登山道
11:01 いつもの登山道から景信山を見る
11:08 登山道
11:11 分岐 巻道へと進みます 青い屋根は富士見茶屋
富士山が正面に見る事の出来る富士見茶屋ですが、巻いて行きます。
今日は富士山は雲の中です。
11:12 登山道
11:15 小仏峠の今は営業していない茶屋です
11:16 小仏峠 548m
11:17 小仏峠にあるお地蔵様に手を合わせます
11:22 小仏峠で小休止して出発します
11:26 登山道
11:34 ウバユリ(ユリ科)高さ1mの多年草
11:45 登山道
長年歩いている登山道ですが「ウバユリ」に出会ったのは初めてです。
ちょうどウバユリが咲くころにこの登山道を歩いていないという事でしょう。
「ウバユリ」の花は緑白色で花盛りの頃、葉がなくなることが多いので歯なしの姥に
たとえてこの名があるそうです。
11:48 この分岐はいつの間にかロープが張られています
11:50 ユウガギク 今はこのキクが沢山咲いています
11:50 登山道
11:58 ホタルブクロがまだ咲き残っています
12:00 オヤマボクチ(キク科)先週よりずいぶん大きくなりました
12:03 景信山に到着しました
景信山に着くと向こうの方で手を振っている人がいます。
逆光で誰だかよくわかりませんので近くまで行ってみると久しぶりにお会いするNagaさんでした。
hashiさんご夫婦もいました。少し話をしていつもの茶屋に行きます。
いつもの常連さんたちがいます。
犬の「リー」は私が行くとおやつの催促で鼻を鳴らしますが「ゲン」は床の下に入って元気がありません。
まぁ、年ではありますがいつまでも元気でいてほしいと思います。
12:16 ご自分の畑で採れたトマトを青木さんに頂きました
冷やしうどん 冷たくてとても美味しいですよ
お疲れ様でした先ずビールで乾杯。青木さんの差し入れて下さったトマトが冷たくて美味しいです。
しばらくしてから最近始めたという「冷やし蕎麦」を注文したら売り切れでした。
「冷やしうどん」もあるので今日はうどんを頂きます。そば同様冷えていてとても美味しかったです。
皆さんも是非食べてみて下さい。
コオニユリ(ユリ科)
今日はお盆という事もあるのでしょう。人出は少ないです
14:43 景信山を後にします
14:48 江の島がうっすらと見えています
14:48 東京スカイツリーもうっすらと見えます
14:50 下山開始です
14:54 小仏峠といろはの分岐です
14:54 登山道
14:58 登山道 ジグザグに下ります
15:06 登山道 水場が近いです
15:09 今日は2筋水が出ています
15:10 登山道
15:17 キンミズヒキが沢山咲いている登山道です
15:18 橋を渡ります
15:20 もうすぐ登山口です
15:34 キツネノカミソリ 道路わきに咲いています
15:34 車道を歩きます
15:38 今日はバスは一台です
16:13 あさかわに入ります
18:38 あさかわを後にします
18:43 電車の時間です

 中央特快で帰ろうと思います。

 今日は久しぶりに日影から入る登山道を歩くことが
 出来て新鮮な気持ちです。
 風もなく暑くて汗を拭き拭き歩きましたが、景信山の
 山頂は風もあって涼しくホッとします。
 Mizuさんは燕岳から常念岳に行くそうですが、私は
 来週は西穂高に行きます。その後田舎の法事があるので
 田舎に行きます。そのついでに石鎚山と剣山に登って
 こようと思っていますので、しばらく更新が出来なきと
 思います。
 戻りましたら「西穂高岳」と「石鎚山・剣山」の様子を
 UPしたいと思っております。

ホームへ   ハイキングのページへ