から
2012年4月22日(日)曇り〜雨  

 いつもの事でどのコースを歩くのか決めていませんでした。高尾駅に着くと一度だけご一緒した
 ツアーガイドの佐藤さんがいらっしゃって「おはようございます。集合場所はあちらの方です」と
 言われました。今日はツアーに参加してないので違う旨を説明しましたが、たった一度だけ燕岳
 ガイドをして下さっただけなのに良く覚えていてくださいました。
 今の季節は花が多いので日影で降りることにしました。「タカオスミレ」を見て「小下沢コース」を行く
 事にしました。帰りは早めに下って国立で鳥や花の絵を描いている画家の木部さんの個展を見る事に
 なっているので今日は皆バラバラです。



   「交  通」  JR市川駅7:02発→お茶の水(乗換)7:24着 7:25発(中央特快)→高尾駅8:18着
              8:32発(小仏行き)→小仏バス停

   「Menber」 Aidaさん・Koikeさん・Mabeさんと私の4人
9:23 タカオスミレ
9:37 セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)
9:42 小下沢に咲くヤマザクラ
9:44 なんというスミレなのでしょう
9:56 タカオスミレ(まだ蕾です)葉が茶色をしています
10:10 シジミチョウ
小下沢まで歩く間に色々なスミレやヤマルリソウ、タカオスミレ、ニリンソウなど沢山の花が咲いています。
「タカオスミレ」はまだ蕾で開いていませんで、これからが楽しみです。
スミレも「ナガバノスミレサイシン」が多く見られました。また、「エイザンスミレ」も多いところです。
網を持った男性が蝶を採集するようですが、まだ少ないようです。「ウラシマソウ」もありました。
10:15 ウラシマソウ
10:15 ウラシマソウの後ろ姿
10:24 ミヤマキケマン
10:25 マルバスミレ
10:28 カタバミ
10:34 ヒトリシズカ
10:35 シロバナヤマルリソウ
10:38 エイザンスミレ
10:39 エイザンスミレ
10:53 日本山岳会の植樹祭のようです
日本山岳会の方々ですので山登りもやられる方々です。山頂に近いところまで植樹しています。
小下沢の沢には沢山の缶ビールが冷やしてありました。登山道でも沢山の人とすれ違いました。
近い将来は落葉樹の木が沢山見られるようになるかと思います。楽しみですね。
日本山岳会の方々にはご苦労様と言いたいです。
10:54 小下沢の沢を渡ります 缶ビールが冷えてます
11:03 登山道の両側にはニリンソウがお出迎えです
11:09 ヤマエンゴサク
11:15 ハナネコノメ 凛として美しい姿です
11:16 赤いのがなくなったハナネコノメです
11:37 マルバスミレ 大きなケヤキの所に沢山咲いています
12:09 シュンラン
12:10 いつもの小仏バス停への分岐です
先週のシュンランは咲いたかなと気を付けて登ってましたらありました。
でも花弁は見られません。キブシが沢山あるコースです。
12:13 キブシ(ハナカンザシとも言います)
12:19 美しいエイザンスミレがありました
12:28 景信山に到着です 今日は大勢の人です
13:05 13時を過ぎると大分少なくなります 今日は展望はありません
13:46 景信山の桜はまだ蕾が硬いので花を開くのは先のようです
14:11 景信山を下ります
桜は来週の餅つきには咲いてくれるでしょうか?
茶屋で常連さんたちと飲んだりおしゃべりしたりしてひと時を楽しみました。
今日は国立で個展をやっている木部さんに会いに行くので余りゆっくりできません。
常連さんたちは一足早く下って行きました。我々も七曲と言われているところを下ります。
下ってからは反省会はなくそれぞれ別々の行動です。
14:15 エイザンスミレ このコースは多い菫です
14:19 白いエイザンスミレ
14:53 登山口に着き感謝の意を告げます
15:03 小仏バス停への途中にシャガが咲き始めました
15:05 シロバナケマン
15:08 小仏バス停
小仏バス停には沢山の人が並んでいます。天気も良く花が沢山咲いているので人出も
多かったのでしょう。こんなに並んでいるのは珍しいことです。
これからは花と新緑で山もにぎわう事でしょう。

ホームへ   ハイキングのページへ